ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月26日(火)センターレポート

はっちママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



検疫明けの犬達をお迎えに、愛護センターに行ってきました。
まずは期限の迫っている子達から レポートします。


譲渡希望・預かり希望がありましたら
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
までお問い合わせ下さい。


収容期限 6月28日の子達から。


▼ ks120620-03

穏やかな性格の様でした。
10kg前後、歯が真っ白で、一才未満ではないかと思われました。
f0078320_21305481.jpg


f0078320_21315221.jpg


f0078320_21322197.jpg


f0078320_2132515.jpg
 △ケージ内では人を見て尻尾を振り、「出たい、出たい!」と鳴いていましたが、
出してあげると全く鳴かず、本当に静かに甘えて来ました。




▼ ks 120620-02

まだ乳歯の子犬で、5kg前後。怖がりではありますが これからの人間の接し方で
恐怖心を克服していってもらいたいと思います。

f0078320_21435644.jpg
f0078320_21442174.jpg
f0078320_21445126.jpg
f0078320_21451235.jpg
 △やや警戒心があるものの、触られることに抵抗もしないので、すぐに馴れそうな子です。センターの譲渡用とはならないようです。



▼ ks 120620-01

歯は白くて綺麗でした。10kg前後、1歳位ではと思われます。
人には馴れていないようで 特にロープには抵抗感を表しました。

f0078320_21514526.jpg

f0078320_21523071.jpg

f0078320_21531014.jpg
 △とても可愛らしいお顔でちんまり座っていましたが、
ロープをかけることに抵抗されケージから出してみることができませんでした。




▼ yo 120620-01

人間が大好きなようで ケージから出ると尻尾をフリフリでした。
歯は白く、痩せていて11kg前後と思われました。 
お尻や耳のあたりに皮膚疾患があるのか赤みがありました。

f0078320_215972.jpg
 

f0078320_21594766.jpg

f0078320_22023100.jpg

f0078320_2205513.jpg

f0078320_2213030.jpg
 △人馴れ全く問題なしの若い子です。



▼ sa 120620-01

かなり怖がりの様です。ロープはかかりましたが 出てくるのは難しい様でした。

f0078320_226212.jpg


f0078320_227892.jpg

f0078320_227586.jpg




▼ sa 120622-01 白、MIX, メス

おとなしい性格でした。少し歯石がありました。3-4歳位。
お乳が張っていました。

f0078320_22225979.jpg


f0078320_2224629.jpg
f0078320_22242768.jpg

f0078320_22252868.jpg

f0078320_23315491.jpg
 △人馴れ抜群で、身体中どこを触っても全く嫌がりません。
おそらくつい最近まで授乳していたのだと思われますが、
子供たちとも離れ離れになってしまったようです。



28日期限の子についての譲渡希望・預かり希望がありましたら、28日午後4時までに
7月2日期限の子については、7月2日午後4時までに
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)
までお問い合わせ下さい。




ここからは 7月02日 期限の子達です。


▼ 鑑定室(負傷した犬猫が収容される事の多い部屋)にいた 黒白色、MIX、オス。

あまり人馴れはしていない様です。 後両足怪我をしているのか
動こうとはしませんでした。 目の周りが少し白かったです。


f0078320_22154655.jpg
 △6月22日市原市平田にて捕獲。
小ぶりの子で、5-6kgに見えました。




▼ in 1206025-01 黒白 柴、オス。

少し怖がりの様です。歯石も少し見られました。10kg位。
f0078320_22351483.jpg
f0078320_22354799.jpg
f0078320_2236818.jpg
 △少しシャイな性格のようですが、触られることに抵抗はしませんでした。



▼ sa 120625-01 黒白、MIX, メス。


左後ろ足に傷がありました。人馴れはOKです。歯石あり、6kg位。
下腹部にかなり硬い”しこり”が有りました。 
この子には太すぎる古くなった首輪が 見ていて辛くなりました。


f0078320_22415585.jpg

f0078320_22425842.jpg

f0078320_2243414.jpg
f0078320_2244761.jpg

f0078320_22445830.jpg
 △小さくて可愛いおばあちゃんです。
尻尾も振ってくれました。




▼ 我々がいる間に運ばれてきた 負傷犬です。MIX、白、オス。
鑑定室に入りました。

ラブラドールMIXの様なお顔でしたが腫れていました。白色。下半身は汚水に浸かって
いたようになってました。

f0078320_2332577.jpg


f0078320_22593621.jpg
f0078320_22595714.jpg




▼ NO.4の部屋

二頭。
f0078320_23354978.jpg

f0078320_23362091.jpg
 △先週も、この2頭がいました。
譲渡用として残されているのだと思います。




▼ NO.5の部屋

15時すぎの時点で空でした。
f0078320_23371546.jpg

f0078320_23382045.jpg
 △昨日期限だったたくさんの子たちが、今日はもう居ませんでした。



今日は季節柄なのか 
血をたっぷり吸ってパンパンに膨らんだマダニを
身体のあちらこちらに着けた子が、複数いました。
野良としての生活が少しの間あっただけでも、
居た場所によってはこのようになってしてしまいます。


愛犬の健康を守るのも 飼い主の大切な役目です。 

予防薬、駆除剤を適切に投与してあげて下さい。

そして、最後まで 愛情を持って 育てて下さい。



この日 引き出した子達については パート2にて報告します。
by centre_report | 2012-06-26 23:16 | 愛護センターレポート
<< 6月26日(火)センターレポー... 6月19日(火)センターレポー... >>