ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月12日(火)センター訪問その2

引き続き、猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



『その1』に引続き、12日訪問レポートです。
子犬舎のコたちからお伝えします。
収容棟に入る前に撮影しています。

明日14日(木)の譲渡会に出るコたちです。

▼長くいるコです。先月と比べてあまり大きくなっていなませんから、これ以上は大きくならないのかもしれません。10キロ以下に見える女のコです。
f0078320_1554428.jpg

f0078320_15542851.jpg


▼こちらも長くいる姉妹です。このコたちはすっかりきれいになりました。カメラを向けると、いつも定位置で同じように固まってしまいます。
f0078320_15571678.jpg
 ※追記;6/14センター譲渡会で、この2頭はもらわれたとのことです。

▼2頭とも譲渡会に出るシーズーです。そっくりですが、違うコです。
f0078320_1558124.jpg
f0078320_1558209.jpg


▼性別はわかりません。兄弟と聞きました。
f0078320_15591119.jpg

f0078320_15595040.jpg


▼6頭兄弟のうちの女のコグループ3頭です。
f0078320_1603117.jpg


▼こちらは男のコグループ3頭です。
f0078320_1613983.jpg


▼黒いコと茶色のコ2頭が姉妹だそうです。白いコは男のコです。
f0078320_1623866.jpg

f0078320_163344.jpg


かわいい盛りです。良いご縁がつながりますように。


収容棟です。
子犬部屋の撮影を抜かしてしまいました。
帰り際、パルボワクチンの接種をしている様子を外から撮りました。みんな元気に子犬舎のほうに移動できますように。
f0078320_16102675.jpg

f0078320_16163925.jpg


譲渡室です。明日の譲渡会に参加するコたちです。
▼このスピッツも相当長くいます。私たちが入ると右へ左と激しく動き回ります。確かによく吠えていますが、私たちが部屋から出ると静かになります。出たいがための訴えだと思います。
f0078320_16143244.jpg
f0078320_16132850.jpg


▼PON(ポーリッシュ・ローランド・シープドッグ)です。
f0078320_16203455.jpg


▼キャバリアです。
f0078320_16215181.jpg


▼おとなしいポインターです。
f0078320_16223267.jpg


▼鑑定室にも譲渡会に出るおとなしそうなミニチュアダックスが2頭いました。
f0078320_3474139.jpg
f0078320_3475143.jpg


選定室です。この日ここから3頭引き出しましたので、残りは3頭でした。みんな元気でした。
▼自分も出たかったのでしょう。2頭が少し吠えていました。
f0078320_162732.jpg
f0078320_16272387.jpg

▼まだ若そうなこのコはほかのコがほえてもおとなしく様子を見ていました。
f0078320_1627469.jpg


▼収容室ステンレスケージで検疫明けを待っているコたちです。もう少し頑張ってください。
無事に検疫があけますように。
f0078320_16303066.jpg
f0078320_1631057.jpg
f0078320_16312783.jpg
f0078320_16315237.jpg


▼4日目の部屋には1頭だけいました。
f0078320_1640957.jpg
 △性格が良いので譲渡にまわされるそうです。

犬は以上です。
みんな病気に負けずに預かり家庭、譲渡希望者さんの元への再スタートを切ってください。
ここを出ることが叶わなかったコたちの分まで、幸せになってください。


鑑定室には負傷猫が3頭いました。
▼鳴きもせず動きもせず丸くなっていました。このコは14日が期限です。
f0078320_1634062.jpg
f0078320_16341828.jpg


▼まだ3ヶ月に満たないのではと思われる子猫です。
f0078320_16355562.jpg
f0078320_16361511.jpg


▼このこコのデータは何もありませんでした。
f0078320_16371085.jpg


▼5月に訪れたときもこの部屋にいました。ボロボロでしたが、元気に成長しているようです。譲渡会に参加すると聞いています。
f0078320_16453918.jpg


▼4月に出産した親子猫もデモ犬と一緒にセンターの玄関ホールでかわいらしさをふりましていました。親子で譲渡会に参加します。
f0078320_16475590.jpg
f0078320_16481766.jpg
f0078320_1648294.jpg
f0078320_164910100.jpg


▼真っ白で尾の短いとてもきれいなコです。前回の譲渡会ではご縁がつながらなかったようです。
f0078320_1650661.jpg



最後に、この日引き出したコです。今回は成犬3頭と生まれたばかりの赤ちゃん3頭です。

▼元気な女のコです。お散歩ではうれしくてはしゃいでいました。
f0078320_16514279.jpg


▼怖くて歩けませんでした。抱っこで外まで出ましたが、やっぱり歩けませんでした。
f0078320_16541592.jpg


▼検疫中に出産してしまいました。お母さんだけお散歩に出そうとしましたが、赤ちゃんが心配なのか外に出ようとしませんでした。
f0078320_16562923.jpg

f0078320_16572422.jpg

f0078320_1657382.jpg

まだ若いけれど、優しいお母さんの顔をしています。人にも信頼を寄せてくれています。これから預かりさんの元でゆっくり子育てしてください。

6月12日のレポートは以上です。

数字を見ると減ってきているとはいえ、12日朝も処分機は稼動しました。いくつもの命が人間の都合で消えていきました。こんなことはいつか終わりにしなくてはいけません。
問題は山積みですが、できることから始めなくては先に進むことができません。
●避妊・去勢をきちんとして、育てられない命を増やさないでください。
●迷子札・鑑札・マイクロチップなどで、迷子になったときにすぐに連絡が取れるようにしてください。
●センターの収容期間は5日間です。いなくなったらすぐに最寄の愛護センター(保健所)、警察に連絡して探してください。
飼い主さんを待っているコたちがいつもいつもたくさんいます。

この記事を見ての問い合わせはセンターではなくちばわんにお願いします。
限られた時間の中でのボランティア活動です。「あのコはどうなりましたか」のような安否の問い合わせは控えてください。その間にも、命をつなげる問い合わせが入るかもしれませんので、ご理解ください。
by centre_report | 2012-06-13 17:20 | 愛護センターレポート
<< 6月19日(火)センターレポー... 6月12日(火)センター訪問その1 >>