ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4/10センターレポート パート2

ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。



4/10レポート、パート1からの続きです。
全て譲渡される子たちで、収容期限はありません。


【子犬舎】

今週12日(木)センターで開催される譲渡会に参加予定の子犬達です。
f0078320_062161.jpg


白い子の方は
3/22に収容された母子3頭のうちの1頭の子犬です。
母犬は、この日に引き出しました。
子供たちも幸せになれるよう祈っています。
f0078320_063799.jpg
f0078320_065172.jpg




【子犬室】

母子3頭のうちもう1頭の子犬は、少し元気がないようだということで、まだ観察中とのことです。
譲渡用の子犬舎へ無事移動できますように。
f0078320_0283924.jpg


f0078320_0324053.jpg
f0078320_032526.jpg

そっくりな白い子犬達。全て兄弟でしょうか。
皆元気にしていました。
f0078320_0333335.jpg





【選定室】


ケージNO3
大人しい柴犬のオス。歯は綺麗でしたのでまだ若いと思います。
抱き上げても怒るようなそぶりは全く見せませんでした。
来週ちばわん引き出し予定。 
f0078320_0412852.jpg

f0078320_0443492.jpg

f0078320_0415215.jpg
f0078320_0424298.jpg



ケージNO6
垂れ耳でユニークな模様がとても愛らしい子です。
オス。10キロ位。
歯の状態からまだとても若いと思われます。
人馴れも問題なく、ケージの隙間から手を出して「ボクもボクも」とアピールするほどでした。
来週ちばわん引き出し予定、 
預かり先を募集しています。

f0078320_052246.jpg

f0078320_0504881.jpg
f0078320_050591.jpg

f0078320_0533418.jpg



ケージNO7
こちらも垂れ耳、とても人懐っこい若いメス。
1歳未満と思われますので、今よりは少し大きくなるかもしれません。
現在は8キロぐらいです。
来週ちばわん引き出し予定、 預かり先を募集しています。
元気いっぱい!とても甘えん坊で、「アタチを撫でて~」と手を出してアピールします。
オトナの歯でしたがまだ伸びきって歯いないので、生後8ヵ月程度だと思います。

f0078320_056087.jpg
f0078320_0562357.jpg
f0078320_056349.jpg



センターでの譲渡会参加予定だそうです。 おとなしいメス、10キロぐらい。
f0078320_163198.jpg

大人しいヨーキー、オス。同じく譲渡会参加予定だそうです。
f0078320_165557.jpg



この日は、成犬7頭を引き出しました。
以下、本日引き出した子達です。
運搬を担当してくださったメンバーの皆さん、大変お疲れ様でした。
各預かり家庭でまずは体調を整え、いずれ犬親会などに参加するようになります。
その時はどうぞ応援をお願いいたします。
f0078320_1334288.jpg
f0078320_1334867.jpg
f0078320_1373364.jpg

f0078320_1483761.jpg

f0078320_1514373.jpg

f0078320_1524477.jpg
f0078320_1533011.jpg

↓白黒の猫も引き出したのですが
もともとの負傷が酷かったようで体調がとても悪く、冷たくなりかけた体をメンバーがカイロやタオルで温めたのですが
残念ながらセンターを出発する前に亡くなってしまいました。
f0078320_2111029.jpg


検疫中に命を落とす子も少なくありません。
先週のレポートに登場した、この男の子。
f0078320_1905057.jpg
 まだ乳歯の生えたこの子を助けたいと先週検疫をお願いしたのですが、恐ろしい感染症を発症して週明け月曜日の朝に亡くなってしまったそうです。

収容頭数がまだまだ多過ぎるこのセンターで、パルボウイルスを撲滅する道のりはやはりまだ険しいようです。



センター側も1頭でも多く救えるようにできうる限りのことをしてくださっています。

私たち一般の飼育者がもっともっと意識を変え
伝えていかなければ現状は変えられません。


不幸の連鎖がいつか途切れる日が来ることを切に願います。


レポートは以上です。


 * * * * *

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、
センターではなく、まずは必ずちばわんにお願いします。

※個々で直接センターへお電話されてしまうと
譲渡担当外の職員さんたちまでが電話対応に追われてしまうことになり
他の業務へ差し障りが出ることが懸念されるためです。


また、安否確認のみのご連絡はご遠慮くださいますようお願いいたします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
電話での個別対応はできかねますので了承下さい。

特定の子に関してのお問い合わせは、写真を添付の上、ご連絡いただけると助かります。


『いぬ親希望アンケート・フォーム』


ちばわんでの預かりボランティアを新規でご希望される場合は
こちら をご参照下さい。
※小型犬の新規預かりボランティア希望は受け付けておりません。

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
いずれも、飼育環境確認等の審査をさせていただきます。


ちばわんは、センターに譲渡登録をしているボランティアのひとつです。

収容頭数が最も多く、かつ引き出されることが少ない
雑種中型犬以上
を主に引き出しています。

ちばわん以外にも、30以上の個人および団体さんがボランティア登録されており、
ちばわんと同様に犬猫を引き出しされています。

それぞれのボランティアさんが、できることを確実に行いながら、
殺処分削減に向かって努力を続けています。
by centre_report | 2012-04-11 01:05 | 愛護センターレポート
<< 4/10センターレポート パート3 4/10センターレポート パート1 >>