ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


21日センター訪問その4

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



大変遅くなりましたが、21日にシャンプーした子犬舎の子犬たち、および抑留棟棟で検疫中の子たちの様子です。

子犬舎には全部で11頭の子がいました。翌日の譲渡会で幸せをつかんだ子は何頭いたのでしょうか。
把握していませんので、全員を紹介します。

▽この2頭はずいぶん以前からここにいます。シャンプーも3回目です。
↓女の子です。
f0078320_14183450.jpg
f0078320_14185049.jpg

↓男の子です。
2/1に4きょうだいで定点収集に出されてセンターへやって来ました。
センターに2ヵ月近くもいることになります。

常に動き回っていて、まともな写真が撮れませんでした。
f0078320_1419510.jpg

歯もすっかり生え変わっていますので、生後6ヶ月くらいでしょうか。
人馴れも問題なく、とてもきれいな子たちです。
先にここを出たきょうだいたちのように、家族の元で安心して暮らせるようにしてあげたいです。


▽2頭きょうだいと聞いていますが、性格は違います。3ヶ月くらいでしょうか。性別は未確認です。
↓懐っこく寄ってきます。シャンプーもおとなしくさせてくれました。
f0078320_1423380.jpg

↓とてもかわいいお顔がお見せできなくて残念です。気の毒になるほどの怖がりです。ゆっくり近づき時間をかけてなでなでし、抱っこまではできたのですが、外に出たとたんにパニックに。必死の抵抗で口が出てしまいました。シャンプーはあまりにもかわいそうなのでやめました。
この子のペースにあわせて寄り添っていけば、時間はかかっても心を開いてくれると信じています。
f0078320_1423421.jpg



▽2頭きょうだいと聞きましたが、似ていません。やはり3ヵ月くらいと思われます。
↓とても大人しくされるがままです。フワフワですが抱き上げると悲しいくらいに軽いです。脱毛も少しだけ見られました。
f0078320_14273973.jpg

↓子犬そのものといった感じで、かまってほしくてじゃれついてきます。とてもかわいい子です。
f0078320_14284549.jpg



▽そっくりきょうだいです。区別がつかないくらいでした。
f0078320_14311529.jpg

↓よく動く右の子は撮れませんでした。
f0078320_14305682.jpg



▽3頭一緒にいましたが、下の2頭だけがきょうだいです。
↓和犬気質が強いかな~と思われるしっかり者の女の子です。つぶらな瞳がかわいいです。
f0078320_14384462.jpg

↓この2頭は明らかにきょうだいと思われます。テリアミックスです。
f0078320_14402930.jpg
f0078320_1440417.jpg

みんな幸せをつかんでください。
ここに移動できず命を落とした子犬たちの分まで元気に生き抜いてください。


収容棟の子犬室です。
▽先週の、子犬を含む15頭もの大量持ち込みは、まだ記憶に新しいと思います。
そのうちの4頭の子犬だけがここにいました。
↓とてもかゆいのでしょう。自分で咬んでいました。継続した適切な治療を受けさせてあげたいです。あと1週間なんとしても頑張ってください。
f0078320_14453558.jpg

↓上の子たちよりは少し状態がいいように見えましたが、咬み壊している部分も見えます。
f0078320_14464198.jpg

この子たちと一緒に持ち込まれたほかの犬たちは、もうどこにもいません。
病気の治療もせず、育てられないのに新たに産ませたのは人間です。
そのあげくにセンターへの持ち込み。
ここに持ち込んだらどうなるのかわかって持ち込んだ元飼い主は、何も罰せられないのです。
おかしいです。命です。
こんなシーンをいったい何度見てきたでしょう。いつまで続くのでしょうか。

ほかの子犬たちは元気でした。
f0078320_14503948.jpg
f0078320_14505383.jpg
f0078320_14511010.jpg
f0078320_1451274.jpg

みんな元気に検疫を乗り越えてください。


譲渡室です。とても静かでした。
f0078320_14524931.jpg
f0078320_145373.jpg
f0078320_14532330.jpg
f0078320_14533657.jpg



選定室です。引き出し作業の直後だったため3頭だけでした。
みんなとても落ち着いて静かでした。
f0078320_14543798.jpg
f0078320_1455654.jpg
f0078320_14551788.jpg

もう少しです。病気にならないようにがんばってください。

鑑定室、猫部屋には収容がありませんでした。


この日最終部屋から検疫にかけられた子です。
↓性格のよさがひと目でわかるような男の子です。ずーっと尻尾ブンブンで寄り添ってきます。抱っこもさせてくれました。15キロ前後でしょうか。
f0078320_14564892.jpg

f0078320_14582510.jpg

↓8キロくらいの小さめのおとなしいビーグル。女の子です。
f0078320_14595059.jpg


そしてその2のレポートで怯えていた小さなテリアミックスも、翌日検疫にかけられました。
f0078320_1512579.jpg

生きることが叶わなかったほかの子たちの分まで幸せになってください。
みんな2週間頑張ってください。

21日のレポートは以上です。



     *     *     *     *     *

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、
センターではなく、まずは必ずちばわんにお願いします。
※個々で直接センターへお電話されてしまうと、譲渡担当外の職員さんたちまでが電話対応に追われてしまうことになり、他の業務へ差し障りが出ることが懸念されるためです。

また、安否確認のみのご連絡はご遠慮くださいますようお願いいたします。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。


特定の子に関してのお問い合わせは、必ず写真を添付の上、ご連絡いただけると助かります。

『いぬ親希望アンケート・フォーム』

ちばわんでの預かりボランティアを新規でご希望される場合は、 こちらをご参照下さい。

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
いずれも、飼育環境確認等の審査をさせていただきます。


ちばわんは、センターに譲渡登録をしているボランティアのひとつです。

収容頭数が最も多く、かつ引き出されることが少ない
雑種中型犬以上
を主に引き出しています。

ちばわん以外にも、30以上の個人および団体さんがボランティア登録されており、
ちばわんと同様に犬猫を引き出しされています。

それぞれのボランティアさんが、できることを確実に行いながら、
殺処分削減に向かって努力を続けています。

by centre_report | 2012-03-24 15:14 | 愛護センターレポート
<< 3月27日(火) センターレポート 3月22日(木)愛護センター・... >>