ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2月28日センター訪問レポート その2

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



昨日に引き続き、センターに収容されているコたちを紹介します。

まず、昨日検疫にかけられたコたちです。
ちばわん以外のボランティアさんたち、引き出しの手を上げってくださり本当にありがとうございます。

▽静かに待っていたポインターにもお声がかかりました。おめでとう。
ちょっと狭いけれど、もう少しです。頑張ってください。
f0078320_15235614.jpg


▽小さめの女のコにもリボンが結ばれました。元気にここを出てください。
f0078320_15264474.jpg


▽大きなシェパードです。最終部屋にいましたが、まるでリボンの意味することがわかったかのように、リボンを付けたら落ち着いたようです。
f0078320_15283662.jpg


こうして救われる子がいる一方で、私たちが退庁したのち、6頭の子が新たに収容されています。あわせて収容犬情報をご覧ください。
※ラブは返還予定、チワワ2頭はすでに譲渡用として分けられています。
お問い合わせはご遠慮下さい。




子犬舎の子から紹介します。先週の譲渡会でお声がかからなかったコたちです。
5頭いましたが、歯が生え変わっている子がほとんどです。
ほとんどが女のコだったと思います。

▽ビビリちゃんというより控えめなコという表現がピッタリです。元気です。
f0078320_15333083.jpg

▽先週は体調がすぐれないということで隔離されていたコです。すっかり元気になっていました。
f0078320_15334936.jpg

▽以下上のコの兄弟2頭です
4きょうだいのうち女の子1頭だけ譲渡会でご縁があったそうです)。
f0078320_15364317.jpg
f0078320_15365430.jpg


22日のレポートで、皮膚の状態が良くなくかさぶたができて脱毛していた子犬は、個人ボラさんが引き出してくれました。
ありがとうございました。


清掃した子犬室です。5頭いました。
でも22日にここにいた5頭の子犬ではありません。そのコたちがどうなったのか、確認できていません。

ですから、写真のコは新たに収容された子犬たちです。
フードも完食し、とてもいいウンチでした。病気に負けずに子犬舎に移動してください。
f0078320_15383977.jpg
f0078320_15385187.jpg
f0078320_1539263.jpg

子犬が大好きな国民なのに、どうしてこんなに簡単に幼い命が捨てられるのでしょう。
親犬も子犬も無抵抗のまま、人間によって力ずくで切り離されます。
育てられない命なら産ませないでください。
情けなくて、悔しいです。この怒りをどこにぶつけたらいいのでしょう。


譲渡室です。
トリミングボラさんが小型犬のシャンプー・トリミング中だったので、ここにいたのは3頭でした。
f0078320_16119100.jpg
 △ちばわんで引き出し

▽下の2頭も行き先が決まっています。
f0078320_1613689.jpg

▽ガリガリのポインターです。ここを出るまで頑張ってフードを食べて力をつけてください。
f0078320_1631327.jpg
f0078320_1632655.jpg



鑑定室です。
その1で紹介した負傷の子のほかは、シェパードと猫さん(負傷?)がいました。
f0078320_16123330.jpg
 △譲渡先が決まっています。

猫さんは新聞紙に顔をつっこんでしまいお顔が見えません。この状態で外傷は見当たりませんでした。
f0078320_16141368.jpg



清掃した選定室です。5頭いました。
▽きれいなシェルティーです。このコだけフードを残していました。不自然に口をパクパクするのも気になりました。口の中を見ると、歯の原型が見えないほど歯石がこびりついていました。そのため食べにくかったのだと思います。T先生に伝えたところ、来週会いに来る人がいるとのことでした。
f0078320_16191131.jpg
f0078320_16192686.jpg


▽困った表情がなんともかわいい食いしん坊さんです。
f0078320_16201917.jpg


▽22日は最終部屋にいたコです。相変わらず遊んでほしくて、体に似合わない小鳥のような声で甘え鳴きしていました。
f0078320_16213425.jpg


▽いつもお耳をぺったんで緊張が見られたコです。昨日は控えめながらしっぽもふってくれましたし、立ち耳も見せてくれました。
f0078320_16232030.jpg


▽長い棒をとても怖がり、棒を持っていると威嚇する素振りを見せます。こちらに来た当初は見られなかった行動ということですので、この環境がこのコに相当のストレスを与えているのだと思います。
f0078320_16255222.jpg



ステンレスケージで検疫中のコたちです。
f0078320_1627053.jpg
f0078320_1627307.jpg
f0078320_16274960.jpg
f0078320_1628142.jpg
f0078320_16283223.jpg

小さめで真っ黒のコがいたのですが、写真がうまく撮れませんでした。ごめんなさい。

みんなのことを首を長くして待っていてくれる人がいます。
リードを持ってお散歩してくれます。最後まで見守ってくれます。
だから必ず元気にここを出てください。


この日も鑑定室以外、収容猫さんはいませんでした。

レポートは以上です。



どの子にも生きるチャンスを見つけてあげたいのですが、雑種、特に10kg以上の男のコの預かりボランティアさんが不足しています。

ちばわんでは随時預かりボランティアさんを募集しています。


                   *    *    *

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規で預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


※大変申し訳ありませんが、小型犬のみの新規預かり希望および、子猫のみの預かり希望は受け付けておりません。



もしも、気になる子(譲渡を希望する子、預かることができる子)がいましたら、写真を添付の上、ご連絡くださると助かります。

新規の預かりをご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

 『犬の預かりアンケートフォーム』
  
 『いぬ親希望アンケート・フォーム』

 『猫の預かりアンケートフォーム』 
  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
簡単な飼育環境確認などの審査をさせていただきます。


どうぞ宜しくお願いします。
by centre_report | 2012-02-29 16:58 | 愛護センターレポート
<< 2月29日 センター訪問レポー... 2月28日センター訪問レポート... >>