ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2月22日センター訪問レポート その3(追記しました)

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



23日の譲渡会に参加する子犬たちをシャンプーするために訪問しました。
どの子にも良いご縁がつながるようにと切に願います。

無念にもここで命を終えた子達のために、いつもきれいな花が手向けられています。
f0078320_1284022.jpg



子犬たちのシャンプー作業を終えた後、収容棟を見学しました。

本日23日期限の子達にどうかお声がかかりますように。
本当にいい子達ばかりです。
2月22日のセンターレポートその1、その2をご覧ください。


まず27日が期限の子達を紹介します。

この子たちに残された日は今日を含めて5日間です。あっという間です。
何も語らずじっと見詰め返してくる瞳は、今まで共に暮らした人を必死に求めているように見えます。


▽柴よりはちょっと大き目(11-2kg)の柴ミックスです。明るく人懐こい子です。
f0078320_11465058.jpg
 △▽ks120220-01銚子市上野 雑 茶 オス 中 青色の首輪赤色のリード付き
f0078320_11471335.jpg


▽最近にしては大きめのゴールデンです。落ち着いた物静かな印象を持ちました。
f0078320_11492741.jpg
 △▽※ゴールデンはちばわんで引き受けることになりました。
すでに多数のお問い合わせをいただいておりこれ以上は対応困難なため、新たなお問い合わせをお受けできません。
処分されることはありませんので何卒ご了承下さい。

f0078320_1149472.jpg


▽モコモコした動く縫いぐるみという表現がピッタリの子です。ケージから出すと、遊びたくてたまらないというようにじゃれ付いてきます。
f0078320_1153147.jpg
 △▽ks120220-02旭市萬力 雑 茶長毛 オス 中体重10kgぐらい 
生後8-10ヵ月
f0078320_11512231.jpg


▽子犬のようです。少し怯えているように見えましたが、この状況では当たり前だと思います。
f0078320_11543764.jpg
 △▽ks120221-02旭市イ 雑 茶白 オス 中体重6kgぐらい 布製首輪 
生後6ヵ月ぐらい
f0078320_11545916.jpg


▽パグミックスのような愛嬌のあるお顔です。歯は真っ白で、パグにしては足が長く小脇に抱えられるくらいの大きさです。
f0078320_11564773.jpg

f0078320_11571035.jpg

f0078320_11591026.jpg


▽このところ必ず複数頭いるガンドッグです。この子も終始落ち着いていました。
f0078320_11594346.jpg


▽鑑定室にいたシェパードです。出たくてたまらないのでしょう。大きな体で甘えてきました。
※譲渡先が決まっているそうです。
f0078320_1263261.jpg
 
▽同じ監察室にひっそりといました。おそらく譲渡会に出るのだと思います。
f0078320_1281174.jpg


以下の子は27日が期限ですが、譲渡の希望があるようです。
本当によかった。良いご縁でありますように。
f0078320_1224434.jpg
f0078320_123110.jpg


f0078320_123296.jpg
f0078320_1234574.jpg


収容期限は切れているパピヨンですが、譲渡会用です。
f0078320_1245917.jpg


続いて、この日シャンプーをした子犬舎の子達です。みんな元気いっぱいでした。
一生を共にする家族とご縁がつながりますようにと、心から祈っています。

▽人懐こく寄って来るかわいい女の子です。
f0078320_12125926.jpg
f0078320_12131873.jpg


▽この子も女の子で、人が近づくと窓に寄ってきます。人馴れは問題ない子です。
f0078320_12202154.jpg

f0078320_12204722.jpg


▽ちょっと大き目の4兄弟です。1頭は体調が心配ということで隔離されていましたが、見たところは問題なさそうに元気にしていました。
水色の首輪の子だけが男の子でほかは女の子です。
4頭のうち1頭が、23日譲渡会でもらわれて行ったそうです。
f0078320_12151025.jpg

f0078320_1217676.jpg
f0078320_12172516.jpg
f0078320_12174736.jpg

▽隔離されていた女の子です。
f0078320_121823.jpg

f0078320_12221878.jpg



検疫を終え、この日子犬室から移動してきた子達です。

▽女の子です。この子は皮膚が心配です。固いかさぶたになっているところがハゲています。小豆大から大きいものでは10円玉くらいまでかなりの数です。かゆがってはいないようですが、早急に治療をしてあげたいです。
f0078320_12224537.jpg

f0078320_1225413.jpg


▽上の子と似ていますが、兄弟ではないとのことです。この子も女の子です。
f0078320_12263133.jpg


▽シャンプー後でもわかりますね。真っ白でモコモコした縫いぐるみのような子です。手足は大きくまだ乳歯でしたから大きくなるかもしれません。
f0078320_12285141.jpg
 △23日譲渡会でもらわれて行ったそうです。

そして長くいたビビリちゃん兄弟。この日ちばわんにより引き出されました。
優しい預かりさんのもとで幸せを見つけてくださいね。
f0078320_1231658.jpg
f0078320_12312435.jpg
f0078320_12314321.jpg



子犬室です。
県動物愛護ボラさんが清掃中でしたが、写真を撮らせていただきました。
いつもありがとうございます。

▽確認はしていませんが、兄弟ではないと思います。茶色の子がとても小さく、1頭では寒くてかわいそうと、T先生が配慮してくださったのだと思います。
f0078320_12331356.jpg


▽こちらは3兄弟です。上の写真の黒い子もこの子たちの兄弟と思われます。未確認です。
f0078320_12355820.jpg
f0078320_1236977.jpg
f0078320_12362160.jpg



追記
その1でも紹介されていますが、24日、処分機が稼動しないかもしれないという期待を込めて本日23日が期限の子たちを紹介します。

▽ステンレスケージでじっとお迎えを待っています。すでに瞳にあきらめが見える子もいてとても不憫です。
この子たちの飼い主さんは早く迎えに来てください。自分の力でここを出ることはできません。家に帰ることもできません。もう時間がありません。

f0078320_21254691.jpg

f0078320_21262649.jpg


f0078320_21275438.jpg

f0078320_21271954.jpg


f0078320_21284280.jpg


f0078320_21291694.jpg


▽最終部屋にいた1頭です。人が大好きなようで、写真を撮るために窓を開けるとかわいらしい小鳥のような声で甘え泣きをしていました。
f0078320_21314568.jpg

f0078320_21322127.jpg

この子たちの生が何故ここで断ち切られなくてはいけないのでしょう。どうしても理由が見つけられません。残された時間はわずかです。
預かりができない状況で勝手なお願いだと承知しています。どうぞお願いします。この子たちに生きるチャンスをください。

譲渡室、選定室の子たちはすでにアップされていますのでそちらをご覧ください。


私たちに寄ってきて出たいと訴える子、ケージの奥から見詰めている子、表現は違いますが、どの子もここから出てもっと生きたいと言っています。どの子にも生きるチャンスを見つけてあげたいのですが、特に10kg以上の男の子の預かりボランティアさんが不足しています。

随時預かりボランティアさんを募集しています。

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。

レポートは以上です。

                   *    *    *

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


※大変申し訳ありませんが、小型犬のみの新規預かり希望および、子猫のみの預かり希望は受け付けておりません。


犬を捨てる人間は、それなりの理由を付けますが、それが、この犬達の命を奪うことになる という現実をしっかりと受け止めてほしいと思います。

もしも、気になる子がいましたら、写真を添付の上、預かりに手を挙げてくださると助かります。

新規の預かりをご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

 『犬の預かりアンケートフォーム』
  
 『いぬ親希望アンケート・フォーム』

 『猫の預かりアンケートフォーム』 
  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
簡単な飼育環境確認などの審査をさせていただきます。


どうぞ宜しくお願いします。
by centre_report | 2012-02-23 14:59 | 愛護センターレポート
<< 2月24日 センターレポート 2月22日訪問レポート その2 >>