ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


1月25日センター訪問レポート その2

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。



1月25日、譲渡会に参加する子犬舎の子たちのシャンプーに行ってきました。

引き出しの際のう~さんのレポートと重複しないようにレポートします。

子犬舎(奥)には生後4~5ヶ月の大き目の子犬が4頭いました。抱き上げるとずっしりと重たく7~8キロくらいありそうでした。
f0078320_1161329.jpg

f0078320_1164491.jpg
f0078320_117829.jpg

歯が生え変わっている子もいました。みんな女の子です。
とても活発で、仕切りを乗り越えて2つの部屋を行き来していました。
f0078320_1271885.jpg

f0078320_1273892.jpg



手前の子犬舎にはビビリな3キョウダイが身を寄せ合っていました。
茶色の子が女の子です。生後3ヶ月くらいと思われます。
ビビリですが攻撃的なところはなく、シャンプーはおとなしくさせてくれました。
f0078320_1174448.jpg



25日に子犬室から移動になった5キョウダイで、男の子が2頭、女の子が3頭です。
人懐こくて子犬らしい子犬たちです。
f0078320_1182559.jpg

f0078320_119050.jpg
f0078320_1192453.jpg

▲男の子チーム

f0078320_1202073.jpg

f0078320_1204683.jpg
f0078320_121136.jpg
f0078320_1212199.jpg

▲女の子チーム
26日の譲渡会でよい出会いがあったことを切に願います。
※1/26譲渡会では、以上12頭の中から2頭の子犬が新しい飼い主さんにもらわれて行ったそうです。

成長した子犬の譲渡希望および一時預かりをして下さる方を募集します。
担当:吉田

korotarouhs★nifty.com  (★を@に変換して下さい)



シャンプー終了後、収容棟を見学しました。

譲渡室には8頭いました。

この子は、一般の譲渡希望があったためにこのスペースで2週間をここで過ごし無事検疫は明けたのですが、途中でキャンセルされたそうです。

また新たに希望してくれる人が現れない限り、このままここで(いつまでいられるかはわかりませんが)過ごすことになります。
後ろ脚が悪いそうで、ガリガリにやせています。


吠えることもなくじっとこちらを見ていました。
f0078320_1284218.jpg

きっと、最初は、

「殺処分される子を1頭でも救いたい」

という気持ちで希望を出されたのだと思うのですが、
どんな理由にしろ、途中で「やめます」と言われてしまったら・・・・・

この子は2度も見捨てられたのと同じことになってしまいます。
命です。



ラブとゴールデンのミックスのようにも見えますが、とても優しい目をした子です。
落ち着いていました。譲渡会に参加するということでしたが、決まったでしょうか。
f0078320_1305682.jpg



ミニチュアダックスも譲渡会に参加したはずです。とても小さい子でした。
歯もきれいでしたからまだ若いと思います。
f0078320_1315295.jpg



以下の子たちは譲渡先が決まっているそうです。
f0078320_1322385.jpg

f0078320_1324697.jpg
f0078320_133584.jpg

f0078320_1335182.jpg

もう1頭白い子がいたのですが、決まっているしお尻しか見せてくれなかたので写真は撮っていません。


鑑定室です。
この子のケージの上に置かれたボードには咬傷犬と書かれていました。
でも、近づくとしっぽフリフリでご機嫌で寄ってきて、とても咬傷犬には見えません。注意しながらお鼻の上をなでても歯を見ても嫌がることもなくしっぽを振り続けていました。
f0078320_1345819.jpg


詳細は不明です。とても怖そうにケージの隅っこにはりついていました。唸ったり吠えたり威嚇することもなく、ただただ自分が置かれた状況に戸惑っているようでした。
f0078320_1353991.jpg
 △※1/26譲渡されました。


子犬室です。
この2頭はキョウダイですが、成長に差があります。あまりにも差があるのでフードを少し与えてみました。
f0078320_1362616.jpg

f0078320_1364881.jpg

下の写真の大きい子が独り占めして小さい子はほとんど食べられないようでした。
手から食べさせると、そこにも大きい子が割り込んできて奪おうとします。先生にお話しましたが、寒さもあるので分けたほうがいいのか判断に迷いますとおっしゃっていました。
皮膚がこんなふうでなければ、柴犬ふうのかわいい子たちです。

△皮膚の状態を除いてとても元気のある子犬たち(オスとメス)だそうで、
来週検疫明けを迎えます。
一時預かりして下さる方を募集します。
問合せ先;吉田

korotarouhs★nifty.com  (★を@に変換して下さい)


こちらのキョウダイは手足の先しっぽの先が脱毛しています。一緒にシャンプーをしたベテランボラさんによると疥癬の特徴が出ているということでした。適切な治療が必要です。
f0078320_1381517.jpg

f0078320_1374967.jpg
 △※1/26他ボランティア団体さんにより引き出されたそうです。

選定室では、千葉県動物愛護ボランティアに登録されている方がおひとりで清掃してくださっていました。
じゃまになるので写真は撮っていません。

検疫中の子の一部です。
f0078320_1432751.jpg
f0078320_1435426.jpg

f0078320_1441399.jpg
f0078320_1445461.jpg
f0078320_1451442.jpg
f0078320_1452422.jpg

f0078320_1462879.jpg

f0078320_1465272.jpg
f0078320_1471755.jpg

みんな元気にここを出てください。
そして本当の幸せをつかんでください。

ここに収容される子の多くは首輪をつけています。
迷子になったとしても首輪だけではこの子たちの家族も住まいもわかりません。
そしてほとんどの子はヒトリで家に帰ることができません。
「そのうち帰ってくる」ことはまずないと思ってください。
いつか迎えに来てくれることを信じ、一度でもかわいがってくれた人への信頼を失っていない子たちのために、鑑札、迷子札、そしてより確かなマイクロチップの挿入および登録を是非お願いします。

 * * * * * * * *

当レポートの内容に関しては、センターではなくちばわん までご連絡をお願い致します。
担当:吉田

korotarouhs★nifty.com  (★を@に変換して下さい)
ちばわんでは、引き出されることが少ない中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

新規の預かりをご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』http://animal-note.cool.ne.jp/kibou_azukari.htm
『猫の預かりアンケートフォーム』http://animal-note.cool.ne.jp/kibou_azukari_neko.htm
お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
簡単な飼育環境確認などの審査をさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
ご理解いただけると幸いです。

by centre_report | 2012-01-27 02:04 | 愛護センターレポート
<< 1月30日 センターレポート 1月25日 訪問レポート >>