ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


11月24日(木)センター・レポート その2

るぅ子さんのレポートです。
加筆・修正しています。



11月24日(木)、検疫明けの犬たちの引き出しのため、メンバー6名、愛護センターに集合しました。
朝からお掃除ボランティアに入っていた多数のメンバーが引き出し作業等のお手伝いに参加してくれたので、古新聞紙の運び入れ、クレートの組み立てや引き出し後の犬たちの世話等、手際良く作業が進みました。

犬の引き出しは、譲渡室から順次始めます。
成犬はどうしても外に出たときに排泄することが多いため、トイレの後始末なども済ませてから其々のクレートに入れます。
抑留棟から引き出したのちクレートに入れるまで、いつもは途中で靴を履き替えて何度も往復しなければなりませんでしたが、
この日は外で待機している人たちと協力して行なえたので、大変スムースにはかどりました。
この日のように引き出し頭数の多い時などは特に、引き出しお手伝いの頭数が多いだけでとても助かります。


抑留棟の1~3日目の部屋に設置されたステンレスケージは清潔感があり、収容犬たちの鳴き声も聞こえず、とても静かでした。

3日目の部屋
f0078320_23416.jpg

28日(月)収容期限
f0078320_23255822.jpg

個別に書かれたホワイトボードが其々のケージの上に乗っていました。
f0078320_2361710.jpg
 △上の写真の子のものです。

f0078320_2371397.jpg

f0078320_2329749.jpg
 △上の写真の子のものです。


2日目の部屋
f0078320_23401429.jpg

12月1日(木)収容期限
f0078320_2191032.jpg

黒ラブでしょうか。
f0078320_238096.jpg

f0078320_2383246.jpg
 △上の写真の子のものです。


1日目の部屋
f0078320_1363965.jpg

12月1日(木)収容期限
f0078320_1365352.jpg


4日目の部屋
2頭とも検疫中です
f0078320_239549.jpg

f0078320_23562394.jpg



最終部屋 はじめは6頭いました。
成犬2頭の間に小さな犬が寄り添っていました。
f0078320_2357316.jpg

この成犬2頭は「噛む」という話を伺いましたが、見ている限りではとてもおとなしく、小さな犬が成犬に顔をピッタリとうずめて、まるで親子のように寄り添っていました。
前日までケージの中に居た子たちは、収容期限が来て最終部屋へと移され、処分前日の日を迎えてしまいました。

見学中に、他抑留所で期限が切れた犬たち移送されてきて、次々と最終部屋に入れられました。
f0078320_092611.jpg

f0078320_03284.jpg

f0078320_2332667.jpg

いきなり知らない所へ入れられて、動揺して窓を覗いていましたが、助けてあげることはできませんでした。
f0078320_033526.jpg

3頭とも穏やかでとても良い子に見えました。白っぽい子は甘えて来てくれましたが、この短い時間だけでは難しいと思います。
f0078320_02604.jpg

扉の裏できちんとお座りしているこの子の姿が、余計悲しすぎて目に焼き付いてしまいました。
せめて、移送されて来たこの子たちにも、レポート公開で行き場探しの時間が少しでもあったならば・・助けてあげることができたかもしれません。
f0078320_0262612.jpg

その場に居合わせたメンバー2名が預かりを申し出てくれて、最終部屋から2頭の子を検疫にかけていただきました。
f0078320_2111263.jpg

f0078320_2114414.jpg

抑留部屋にもステンレスケージが設置されたことは、画期的なことだと思いました。
これから捕獲された子たちは、飼い主さんのお迎えがあるまで、あるいは収容期間中はケージの中で静かに過ごすことができ、衛生面や精神面も改善されたように思います。
弱い子がゴハンを食べられないということも起こりません。

一方で、もしも飼い主さんのお迎えがなく収容期限が切れた場合に引き受けるかどうかを判断するために、性格やサイズ、犬との関わり方などについては、一目では解りづらくなったかも知れません。
1頭1頭について、じっくり向き合い観察する時間の余裕も、紹介する私たちに必要になります。
せっかく個別管理で清潔な環境を保つことができている状況において、間違っても私たちが感染媒体となってはならないのですから、その都度手袋を取り換えたりという配慮も必要です。


*  *  *

動物愛護センターでは、県内の方対象に一般譲渡を行っています。


ちばわんでは中型犬以上の預かりボランティアを常時募集しております。


気になる子、預かれそうな子がいましたら

korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。

安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください

また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、
何卒ご了承下さい。

新規の預かりをご希望下さる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』

『猫の預かりアンケートフォーム』

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2011-11-25 22:22 | 愛護センターレポート
<< 11/28センター清掃に行って... 11月24日(木)センター・レ... >>