ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


10月13日(木)愛護センター・レポート その1

清掃要員Tさんのセンターレポートです。
加筆しています。




10月13日(木)清掃のため愛護センターを訪問しました。
メンバーは、ベテランのYさんと初参加のKさん、そして私を合わせた3名でした。

最初に動物慰霊碑を訪れました。
f0078320_2315444.jpg

清掃の前に子犬舎に行きました。
本日の譲渡会を待つ元気な子犬ちゃん達がいました。
f0078320_233226.jpg
 △まだ小さな男の子
f0078320_2332555.jpg
 △10kg弱に成長した男の子。とてもおとなしく、飼い易いのではないかと職員さんがおっしゃっていました。
f0078320_233358.jpg
 △女の子。ちょっと短足です。
以上3頭、本日の譲渡会で縁がありませんでしたので、いぬ親さん・預かりさんを募集します。

★問合せ先★


korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

▽下の画像の2頭は、今日の譲渡会で譲渡先が決まりました。
どちらも人懐っこく活発な子です。
f0078320_2331492.jpg


清掃ですが、1ヶ月前と比べ気温も下がり、汗はかくものの格段に作業がしやすくなっています。所要時間は3人で3時間半でした。

清掃の後、センターを見学しました。
14時半頃、引き出しのメンバーと合流しました。


収容されているワンちゃん、ネコちゃん達です(14時30分時点での状況です)。

●最終部屋
明日(10/14-金)の朝に処分される予定のワンちゃん達です。
13頭収容されていて、どの子もリボンがついていません。

ラブラドールRのオス。お腹が膨れています。
f0078320_2318467.jpg
 △本日引き出しました。

この子はリボンがついているように見えますが、引き出しがキャンセルになったそうです。
f0078320_23203161.jpg
 △後で別の部屋に移されていました。

こちらを見てニコニコ笑ってくれています。
f0078320_2321147.jpg

この子も整った顔立ちです。
f0078320_2321308.jpg

清掃中に飼い主によってキョウダイと一緒に2頭で持ち込まれた子です。
f0078320_2323289.jpg

精悍な顔をしています。
f0078320_23264080.jpg

この子はお尻に大きな腫瘍があり、歩くのも座るのも辛そうでした。
f0078320_23243113.jpg

最終部屋の半分くらい子は、ドア側の壁の死角にいて、上手く写真が撮れませんでした。カメラを向けたら嫌がって、隠れてしまいました。
f0078320_23262770.jpg


そして、最終部屋の横の通路には、病気と思われる子がいました。既に息をしていないようです。嘔吐とひどい下痢だったようです。
f0078320_2329118.jpg



●4日目の部屋
収容2頭でリボンがついているのは1頭です。

この子は、リボンがありません。ずっとうずくまっていました。
f0078320_2330367.jpg
 △kt111007-01香取市磯山、茶中型オス

この秋田犬にはリボンがあります。覗き込んだら、ムクッと起き上がって寄ってきました。
f0078320_23311593.jpg
 △来週ちばわん引き出し予定です。


●3日目の部屋
5頭収容でリボンは2頭についています。

この子にはリボンがありません。よく寝ていました。
f0078320_23341910.jpg
 △kt111011-01香取市府馬、黒白中型メス

厳しい表情をしています。リボンがありません。
f0078320_23351584.jpg
 △sa111011-01山武市埴谷、茶黒中型メス、赤色の柄付きの首輪・青色の切れたリード

かわいい寝顔です。飼い主が迎えに来てくれた夢を見ているのでしょうか?
ここがセンターでなけれれば、癒される光景なのですが。
f0078320_2337976.jpg
 △yo111011-02匝瑳市吉崎、白中型オス青色の首輪

リボンがありますが、表情が淋しそうです。無事検疫を抜けることを祈りたいです。
f0078320_23375178.jpg
 △ちばわんで検疫依頼しました。

この子は清掃中に引き出し検討の方がいらっしゃったのですが・・・。鼻鳴きして一生懸命アピール
していました。
f0078320_234118100.jpg
 △譲渡希望の方に気に入られ、譲渡が決まったそうです。


●2日目の部屋
4頭収容されていて、3頭にリボンがありました。

この子にだけリボンがありません。立派な体格のワンちゃんです。
f0078320_23421721.jpg

この子にはリボンがあります。よく動いていました。
f0078320_0385952.jpg

体は大きいのですが、まだ子犬です。黒いワンちゃんとずっとじゃれていました。
f0078320_23464759.jpg

この子は後ろ足で立ち上がることができます。まだ若いようです。
f0078320_2348316.jpg



●1日目
収容4頭で2頭にリボンが確認できました。

この子にはリボンがありません。
f0078320_2349084.jpg

ドア側の壁の死角にずっと横たわっていて、全く動きませんでした。
リボンがあるかは不明です。
f0078320_23502734.jpg

リボンがありますが、ひどい皮膚病です。早くお医者さんに診せてあげたいです。
f0078320_23512724.jpg

▽この子は本日検疫が明けてちばわんで引き出しました。
f0078320_2352414.jpg



●譲渡室
ワンちゃんは8頭です。

選定室から移動したミニュチュアダックス。清掃メンバーのYさんによれば、収容直後は怯えて口が出ていたそうですが、今では全くの別犬になっています。ものすごく人懐こくって甘えん坊です。
f0078320_23524830.jpg

▽この子は、本日ちばわんで引き出しました。人間大好きで、ものすごくかわいい顔をしています。
f0078320_23563491.jpg

f0078320_23565468.jpg

画像がキレイに撮れずすみません。▽この子も本日ちばわんが引き出しました。
f0078320_2357770.jpg

f0078320_23583640.jpg

f0078320_23582097.jpg

f0078320_23585897.jpg

このテリアMIXは譲渡希望者が現れ、新しい家族のもとへ旅立っていきました。
f0078320_0023.jpg


譲渡対象の子猫は3匹です。
f0078320_002956.jpg



●鑑定室
6頭収容されていました。

とても人懐っこく、尻尾フリフリで寄ってきました。
f0078320_014946.jpg

パグのようです。具合が悪いのか、ずっとうつむいて動きませんでした。
f0078320_032577.jpg

この子も具合が悪いようで、時々大きなうめき声を上げていました。
f0078320_04579.jpg

ミニピンですが、運動量の多い犬種に狭いケージが気の毒に見えました。
f0078320_051064.jpg

f0078320_053099.jpg

小型のトイプードルのようです。よく見ると足が脱毛しています。
f0078320_062878.jpg
 △譲渡先が決まっているそうです。


ここからは、本日清掃を行なった部屋です。

●子犬室   (預かり先募集はしていません。)
8頭収容されていましたが、清掃終了後、午後になってから1頭が亡くなっていました。

絵に描いたような子犬です。とても小さくてぬいぐるみのようでした。下痢をしていたのでやや心配です。
f0078320_093680.jpg

手前の白い子は、清掃開始時はぐったりしていましたが回復したようです。2頭はキョウダイでしょうか? よく似た顔をしています。
f0078320_011860.jpg

この子も上の2頭とキョウダイのようです。
f0078320_0114095.jpg

こちらも別のキョウダイのようです。
f0078320_0122187.jpg

テリア系の子犬。唄を歌うそうです。
f0078320_013272.jpg



●選定室
4頭いました。

最初はビビリでしたが、話かけているうちに打ち解けてくれました。尻尾を振ってよってくるようになりました。
清掃終了後、一般の方に譲渡されていきました。
f0078320_0134764.jpg

このワンちゃんも行き先が決まっているようです。控えめに甘えてくるところに、何とも言えないかわいさを感じました。
f0078320_0165635.jpg

この子は2ヶ月くらいの子犬です。ひどい皮膚病です。
怯えまくっていましたが、清掃メンバーのKさんに抱かれたら安心した表情をしていました。
清掃が終了し、プールに戻したのですが、Kさんの腕にしがみついて離れようとしません。
生まれて間もないうちにセンターに持ち込まれ、独りで病気と戦いながら、じっと我慢しているのでしょう。誰かのぬくもりに包まれていたいのは当然です。
f0078320_0223170.jpg


長くいるミニピンくんも元気でした。

また、下肢に腫瘍があったパピヨン(9/16のセンターレポートの画像です)
f0078320_0425891.jpg

10/10(月)にY副代表から、腫瘍の様子に関して私にヒアリングがあったので、その後引き出されていたと思っていたのですが、残念なことに連休中に亡くなっていたそうです。
幸せ行きの切符をあともう少しで手にすることができたのですが・・・。無念だったと思います。
センターでこの子に会って、気にされていた方も少なくないと思います。私もずいぶん凹みました。


清掃終了後に3頭のワンちゃんがセンターに収容されてきました。
いずれも捕獲とのことで、1日目の部屋に入りました。
f0078320_0241185.jpg
f0078320_0243053.jpg

f0078320_0284920.jpg



15時過ぎからちばわんが引き出しを行ないました。
本日は成犬5頭を引き出しました。
以下、引き出したワンちゃんの一部です。

久しぶりの草の上、気持ちよくってすぐにオシッコ出ちゃった。
f0078320_0303952.jpg

我慢できなくて大きい方も・・・
f0078320_0311441.jpg

大部屋から出してもらっちゃった。思わず流し目。。
f0078320_032440.jpg

そして・・・
f0078320_0323822.jpg

オイラもついにセンターから出られたよ。でも、クレートに入るの嫌がって大暴れしたけどね。

---------------------------------
話が前後しますが、清掃開始前に、センターにイギリスからのお客様がいらしゃいました。
f0078320_0571861.jpg

ご本人から少しだけ話を伺うことができたのですが、彼はウェールズのジャーナリストで、日本のペット問題に着目し、取材のため来日されたそうです。
愛護センターの実態をイギリスの方々にお伝えするとおっしゃていました。

彼が、収容棟の見学を終えた直後に、年配の女性が2頭のワンちゃんを連れてセンターにやってきました。ワンちゃん達は、己の運命を悟っていたようで、必死に抵抗していましたが、最終部屋に連れて行かれました。

また、彼が午前中に会ったと思われる、幼い子犬。
f0078320_192293.jpg

清掃終了時には、回虫の混じったすさまじい血便で下半身を濡らして息絶えていました。まともに見るにはあまりにも無残な光景です。

もし、彼がもう少しの間、センターにいてこれらの光景をすべて見ていたら、日本という国に対してどのような感情を抱いたでしょうか?

かつてガンジーは
「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」
と語りました。

日本は先進国の仲間入りをし、確かに豊かな国になりましたが、これでは、ペットに対する意識・行動がイギリスに比べ遅れていると言われてもしょうがありませんね(もちろん、ペット先進国の方々と同様の意識をお持ちの方もたくさんいらっしゃいますが)。

この国の全ての飼い主さんが、ペットに対して命の尊厳を認め、パートナーとして終生共に生きてゆく意識を持つよう、私自身も努力していかねばならないと感じました。

レポートは以上です。

***********************


ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。


気になる子、預かれそうな子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。


安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。

また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2011-10-14 01:50 | 愛護センターレポート
<< 10月13日(木) センター・... 10月7日 センターレポート >>