ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


7月7日(木)センター清掃

猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




7月7日、今回が2回目の参加となるWさんと2人で清掃に行ってきました。
ここ数日の暑さは影をひそめ、朝は涼しいくらいでした。
それでもカッパに着替えるとサウナ状態です。

休憩を取りながらの作業でしたが、子犬部屋と選定室を2人で5時間かかりました。
途中、センターの方がご好意でスポーツドリンクを差し入れて下さいました。
自分で持っていたものだけでは足りなかったです。
ありがとうございました。

それでも終わるころには2人ともフラフラでしたから、
先日清掃ボラのTさんがお1人で清掃なさったことには改めて頭が下がりました。
清掃ボラが入らない日に、お1人で清掃されているT先生にもです。

人数にもよりますが、これから清掃に参加される方は軽めの昼食を持参し、
少し長めの休憩をはさんだほうがよいかもしれません。


清掃作業の前に子犬舎の見学をしました。
この日は5頭の子犬たちがとても元気な笑顔を見せてくれました。
この後、子犬室からこちらに回ってくる子がいると聞きましたが、どの子かの確認はしていません。


※来週14日(木)、センターで譲渡会が開催されます。


ちょっと怖いかも・・・と壁に移動しました。
f0078320_1112623.jpg


とても元気な子たちです。
f0078320_11123892.jpg

f0078320_1114447.jpg

この子だけ窓枠の登れません。
f0078320_11142534.jpg


譲渡会ですぐに決まりそうなモコモコちゃんです。
f0078320_11151864.jpg



収容棟です。
引き出しの印のついていない子から紹介します。

最終部屋です。もういないかもしれない子たちです。
f0078320_11171090.jpg


一度ついた印が外されて、この子はすべての部屋を何度も回っています。
12歳はもう救えない命でしょうか。特に弱った様子も見えません。
f0078320_11172778.jpg


4日目の部屋です。 7月11日(月)収容期限です
この子だけ何もついていません。ほかの子は青いひもがついていました。
f0078320_11225918.jpg
 △kt110704-01香取市篠原ロ、セッター黒白大型オス


3日目の部屋です。3頭だけでした。この子たちにも印はありません。
7月11日(月)収容期限です
f0078320_11201758.jpg
 △ks110705-01旭市江ヶ崎、うす茶中型メス
f0078320_11203137.jpg
 △左;in110705-02八街市吉倉、茶黒白中型メス
右;in110705-03印西市萩原、白中型オス赤色の首輪



2日目の部屋です。 
7月14日(木)収容期限です
たくさんいましたが、この2頭だけが何もついていません。
f0078320_11243229.jpg
 △左;sa110706-01大網白里町池田、茶中型メス
右;sa110706-02大網白里町池田、白茶中型オス
同じ場所で捕獲されています、母子もしくは兄妹でしょうか。



印がついていた子たちですが、青や緑のひもの子たちもたくさんいました。
4日目の部屋です。
2頭ともお乳が目立っていました。子どもたちはどうなったのでしょう。
f0078320_11264868.jpg

f0078320_11274479.jpg
 △とても人懐こいビーグルのメスは、譲渡先・預かり先募集中だそうです。
f0078320_11294936.jpg
 △青い紐のこの子も、譲渡先・預かり先募集中だと思います(おそらくメス)。


2日目の部屋です。
f0078320_11303465.jpg

f0078320_113112100.jpg
 △ちょっとポインター似のこの子(大きめ中型オス)も、譲渡先・預かり先募集中とのことです。
f0078320_11312560.jpg
 △▽赤い紐を着けた子たちは、ちばわんで検疫依頼した子です。
6/30に検疫をお願いした子5頭がここにいたのですが、とても残念なことに、この日の朝、うち1頭が亡くなってしまったと連絡を受けてしまいました。

ひものついていない白い子はとても優しそうで、この黒い子も茶色の子も慕っているようでした。
f0078320_11324023.jpg

これがセンターでなければ、とても微笑ましいシーンです。


1日目の部屋です。
f0078320_11321645.jpg
 △左側の赤い紐の子はちばわんで検疫中、来週引き出し予定です。
実は、この子と同時に検疫依頼した子=元気だった白黒の男の子も、大変残念なことに今週あたまに亡くなってしまいました。

検疫半ばで亡くなってしまったどちらの子も、初めての預かり・いぬ親をご希望して下さったご家族が、無事検疫を乗り切って出てくる日を指折り数えて待ってくれていたのです。
この子たちを見捨てた前の飼い主が、せめて、せめて過去にワクチンを打ってくれていたら・・・本当に悔しいです。
第二の犬生を歩むチャンスを掴んだのに叶わなかった2頭の冥福を、心から祈ることしかできません




譲渡室です。
f0078320_11353274.jpg
 △一般譲渡が決まっている秋田犬オス
f0078320_11354546.jpg
 △預かり希望の声をかけていただきましたので、ちばわんで引き受けました。
来週引き出します。
f0078320_1136621.jpg
 △収容期限内のミニピン、期限切れ後譲渡される予定。
f0078320_1136239.jpg
 △来週の譲渡会に参加する元気な兄弟子犬パルボのダックスがいました。写真は撮っていません。 ←回復したようです。


ここに入るのはとても辛いです。いつもミューミュー子猫の声が響きます。
昨日も数えきれいなくらいの子猫がいました。

そしてトイレの砂の中で息絶えた子がいました。
f0078320_1139935.jpg

この子は1日前のセンターレポートでは確かに立って歩いていました。
この中の何匹が生き延びられるのでしょう。
あまりにも小さい命です。
f0078320_11413084.jpg
f0078320_11414546.jpg

f0078320_1142171.jpg



鑑定室です。
f0078320_11503267.jpg
 △収容されたばかりのチワワ、7/8に飼い主さんがお迎えに来たようです。
f0078320_11504645.jpg
 △▽負傷のトイプードルとアメコカは、ちばわんで引き受けることにしました。
f0078320_1151226.jpg
f0078320_11511289.jpg
f0078320_1151238.jpg
f0078320_11513262.jpg

この中にも収容犬情報で期限を決められた子がいます。

子犬室です。
f0078320_11435119.jpg

f0078320_1144717.jpg

f0078320_1144312.jpg
f0078320_1145554.jpg
f0078320_11451572.jpg
f0078320_11452445.jpg
f0078320_1145335.jpg


清掃中はみんないいウンチで安心していたのですが、
この子は清掃後の見学では血便でぐったりしていました。
数時間でこんなことになるのでしょうか。
この子のケージには新聞紙がかけられました。何も見えなくなってしまいます。
f0078320_11481078.jpg

どうか良くなってください。元気な顔を再び見せてください。

最後に選定室です。

年老いた秋田犬のオスです。目は白濁し、ほとんど見えていないそうです。
とてもおとなしく目やにを拭いてあげるときもじっとされるがままでした。
足腰はしっかりしていました。
f0078320_11592670.jpg
f0078320_11542930.jpg

f0078320_11545093.jpg

f0078320_11552100.jpg
f0078320_1155197.jpg


この子も清掃中のウンチはコロコロしたものと少し軟便状態でした。
でも、その後の見学のときは水のような下痢便を流していました。
座るところもないくらいだったのですが、もう清掃してあげることはできません。
f0078320_11553615.jpg

上から新しい新聞紙を厚めに敷いてあげましたが、座ることができたでしょうか。
ただ、食欲はあったので、早く適切な治療を受けることができたら回復すると思うのです。
検疫明けまで1週間、がんばってください。

亡くなった子猫、血便でぐったりしていた子、下痢がひどい子についてはT先生にお伝えしました。

このような状態が毎日毎日続いています。
いつか終わりが来るのでしょうか。
きっと来る。そう信じて清掃に向かいます。

ここに集められる犬や猫がいなくなる一番の近道は避妊去勢です。
育てられないなら、ゴミのように捨ててしまうのなら、生ませないでください。
人は命に対してもっと責任をもつべきです。

そして迷子にしないことです。
迷子にしたらすぐに探すこと。
そしてその前に自分では話せない子たちのために身元がわかるもの、連絡先を付けてください。
何度でも言いますが、決して外れないマイクロチップが、今は一番安心です。
かわいい子たちを守るために、是非挿入してください。


レポートは以上になります。


               *    *    *
 

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *

気になる子、預かれそうな子がいましたら
 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。

安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。

また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
ご理解とご協力よろしくお願いいたします。

by centre_report | 2011-07-08 12:31 | 愛護センターレポート
<< 7月8日 センターレポート 7月6日センターレポート >>