ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月23日(木)センター・レポート その2

るぅ子さんのレポートです。
加筆・修正しています。



23日(木)検疫の明けた犬の引き出しのため、メンバー5人で訪れました。
当日仕事を早退して駆けつけたメンバーもいて、遅い時刻からの引き出し&その他作業でした。
前日からの熱帯夜に続き、本日も真夏日、収容棟に入るための白衣を着るだけで汗だくになります。
この日も午前中から清掃ボランティアが入っていましたが、全身雨合羽で行う作業はさぞや過酷なものだったことでしょう。
そして何よりも収容犬猫たちにとって苛酷な季節になってきたことを実感しました。

今回も当然、時間の迫っている子たちから載せたいと思いますが、残念ながら本日23日最終部屋に残った子たちは、翌早朝に命の終わりを迎えてしまいました。
今日迄待っても飼い主は現れませんでした。


最終部屋 18頭(15時時点)
f0078320_1751130.jpg

窓からのぞくと、飼い主が迎えにきたのでは?と一斉にこちらを向いてくれました。
とても全てを救い出せることのできない頭数の子たちが入っていました。
f0078320_178882.jpg

収容部屋の奥で作業をする方からも、
「この部屋にも性格のいい子がたくさん入っているよ!」
と聞かされました。
ちばわんで毎回引き出してもらっても次から次に運ばれて来るので、引受先がなくてはすぐに満杯になってしまうし、とにかく収容数が多いのでどうにもならないと嘆いていました。
又、収容頭数があまりに多いこの施設では、季節を問わず感染症になる子はいて、検疫をかけても期間を待たずに亡くなる犬も多いそうです。
確かに建物も老朽化していて、ここに運ばれ収容された子全てを救い出すことは不可能だと思いました。
(でも、人間を信じる何の罪もないこの子たちを殺処分せざるを得ないのでしょうか?)


4日目の収容部屋 5頭
f0078320_17272398.jpg

赤い紐のついた子1頭だけはちばわんで検疫中の子ですが、違う色の紐の子はこのまま引受先がないと殺処分になってしまいます。(27日収容期限)
どなたかこの子たちを救える方(預かれる方)はいませんか!!


3日目の収容部屋 8頭
ここには今日引き出し予定の4頭と、21日の捕獲収容犬4頭が入っていました。
6月27日(月)収容期限です。
f0078320_17384764.jpg

f0078320_1812452.jpg
 △kt110621-01香取市笹川い、白茶中型15kgぐらいのメス赤色の首輪。
つい最近まで授乳をしていたかのようなおっぱいでした。
同じ日同じ場所で捕獲収容された子犬のお母さんなのかも知れません。
人馴れしていて、こちらに向かって盛んに尻尾を振ってくれました。


f0078320_17463485.jpg
 △この4頭はこの日引き出しました。


2日目の収容部屋 4頭  
22日の捕獲収容犬は1頭のみです(同日捕獲収容の小型犬のほうは、すでに個室に隔離されていました)。
f0078320_17482954.jpg
ひものついていない子は、黒と白の模様の子と茶色の子です(赤い首輪がとても似合っていました。)
△真中;in001622-01富里市十倉、茶中型オス赤色の首輪。
収容犬情報の写真でさえ、尻尾を振っているのがわかります。
飼い主さんが早く迎えに来てくれることを祈るばかりです。



1日目の収容部屋 2頭
f0078320_1861481.jpg
 △奥のダックスMIXの子はこのあと引き出しました。夕刻、この日の捕獲収容犬である秋田犬が、目の前で1日目の部屋に入れられました。
f0078320_1894429.jpg
 △▽sa110623-01九十九里町小関、黒白大型秋田犬オス茶色の首輪

f0078320_18101212.jpg
 △マイクロチップは入っていませんでした。

又、別の移送車が建物に着きました。
今度は、他の抑留所から期限が切れた犬たちを移送するトラックです。
f0078320_18231563.jpg

2頭の子がいきなり目の前で最終部屋に入れられました
f0078320_18166100.jpg

もう言葉を発することもできませんでした。とても綺麗な子のようでした。
f0078320_18164918.jpg

負傷犬が別室にはいりました。頭に大きなけがをしています。
f0078320_18471955.jpg

又、別の秋田犬が移送されて来ました。
f0078320_2161536.jpg

f0078320_1851986.jpg
 △こちらは予め検疫をお願いしてありましたので、すぐに個室に収容されました。


地域によって収容される犬の処遇の違いにあらためて、他県との温度差を感じました。

センターの職員さん達は収容された犬たちにとても細かい配慮をして下さっていますが、ちばわんのボランティア仲間だけでは、とても追いつかない頭数にあらためて憤りを感じました。

せめて一部だけでもと、最終部屋から検疫をかけてもらいました。
f0078320_18441214.jpg

f0078320_18574573.jpg

収容犬の作業をする方が、
「この子とこの子、あとその子とあの子、あっちの子もいい子だよ!!」
と一生懸命説明してくれました。
このまま処分させるのは本当に辛いことだと思います。
f0078320_18582522.jpg

f0078320_2112140.jpg

f0078320_21122485.jpg

f0078320_1982636.jpg

実はもう頭数が限度を超えていましたが、「この子警戒するけど凄くいい子だよ!」と更に勧めてくれ、何度も何度も頭を撫でてくれました。

結局、最終部屋からは10頭を出しました。
検疫依頼した子たちは全て10kg以下で、人馴れも問題なさそうな子たちです。
預かり先を募集いたします。


問合せ先;korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


本日は、成犬12頭を引き出しました。一部の子たちです。
f0078320_1916331.jpg
f0078320_19174260.jpg
f0078320_19182246.jpg

f0078320_1919138.jpg
f0078320_19202118.jpg

これは、この子たちが今迄飼い主につけてもらっていた首輪の一部です。
f0078320_19224033.jpg

f0078320_19264731.jpg

本日、負傷猫も1匹引き出しました。
 


 *    *    *
 

ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】
殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


               *    *    *

気になる子、預かれそうな子がいましたら
korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)までお問い合わせください。 
安否確認のみのお問い合わせは申し訳ありませんがご遠慮ください。


また、お名前のないお問い合わせメールには対応できませんので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  

お申し込みの際は、ご家族でよくご相談の上でお願い致します。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。

なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。
by centre_report | 2011-06-24 20:05 | 愛護センターレポート
<< 6月24日(金)センター・レポート 6月23日(木)センター・レポ... >>