ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


5月24日(火)清掃ボランティア初参加レポート

初めて「清掃ボランティア」として参加したWさんのレポートです。


センター訪問は、以前の見学時に続く二回目、清掃は初めてです。
最近時間ができたので、ちょっとでも自分に出来ることをと思い、清掃ボラによく訪れているTさんに声をかけて一緒に来させてもらうことにしました。
行きは皆さんを乗せ、雨の中慣れない高速道路を運転したので緊張しました。
でも清掃は慣れているボラさんたちが一緒なので心強かったです。


今日はTさん、Sさん、Iさん、Iさんの姪御さん、私の5人でした。
仔犬舎を見学した後で、ボランティア用更衣室で、全て100円ショップで準備したレインコート上下・ゴム手袋二種・シャワーキャップ・ビニール製の腕カバー・マスクなど感染症汚染防止のための装備で固めて掃除をする部屋へ行きました。


仔犬舎もそうですが、センターの犬のいる部屋は独特の匂いがします。
今日も掃除する部屋に入ったところでうっと来る匂いを感じましたが、ちょっと我慢すれば5分で慣れ感じなくなります。
掃除する検疫室は子犬室と選定室(成犬)の二部屋あるので二人と三人に分かれて、経験者方の指導の元、作業開始です。

気をつけないといけないのは、違うゲージの犬に感染症などをうつさないこと!
なので、一時退避用の消毒済みゲージに移しては空いたケージを掃除し、消毒してから戻すことを繰り返します。
さらに食器も敷いてあった新聞紙と糞尿がこびりついているので洗浄消毒し間違えないよう必ず元のゲージに戻します。
今回私はこれを担当したのですが食器に目印もないのでわからなくなるところでした。
一緒に作業してくださった方がフォローしてくれて助かりました。

掃除した部屋の中では体調がひどく悪い子はいなかったですが、二匹で入っていて片方だけがご飯を独り占めしているケージが二個あり、それぞれ食いしん坊を抱っこしている間にもう一匹に食べさせました。
一匹はお腹がぺったんこになっていたので前回もほとんど食べていなかったようです。

ひどく怖がりの犬もいて最初唸りと空噛みをしていましたが、Tさんが声をかけて最後には撫でることもできるようになっていました。
この件なども先輩ボラさんがセンターの職員の方に報告していました。
掃除だけではなく犬の様子を見てあげることも大事なんだと感心しました。

掃除する前に獣医師の先生から部屋の中でパルボのでた一角は触らないようになどと注意もありました。
センターに来る前の予防が出来ていないことも含め、家庭に飼われている犬とは本当に環境の差があり、2週間の検疫期間を無事過ごしてセンターから出ることが出来ない犬が多くいる現実を目の当たりにしました。


掃除後着替えて見学をしました。
譲渡室には子猫が何十匹もいて、眼やにで目が片方ふさがっている子猫もいました。
f0078320_1027513.jpg
△同日24日猫の手さん撮影
この子たち全部に貰い手がつくのか・・というような数でした。


また今朝処分があったらしい収容部屋はがらんとしていましたが、それでも何匹かはいました。
私たちが掃除する部屋にいるのは処分を免れた犬たちです。
ですので掃除の作業自体は汚物まみれで大変ですが、犬たちの将来には希望があるので作業もしがいがありました。
でも収容部屋の子には命の期限があるのです。その子たちを見ながらぐっとくるものがありました。
また特に最終部屋にいた白い犬の眼差しが、もう何もかも諦めているようで・・・。
f0078320_10274694.jpg
△同日24日猫の手さん撮影
決して若くない犬ですが、どうしてこの子の飼い主は最後をみとってあげないのか・・。
この子に何もしない自分も含め、やりきれない気持ちでいっぱいでした。


帰り、Tさんが預かりさんにお届けに向かうとのことで、成犬の引き出しを二頭し、外に出られて嬉しそうなワンコの様子を見られました。
f0078320_10284918.jpg
△同日24日猫の手さん撮影

また清掃後の収容部屋見学中に迷子の犬を探しにきた飼い主さんを見かけたり(残念ながらセンターにはいないようでした。)、子猫を譲渡してもらっている人を二家族見かけたりと、少しでもいい面も見られてホッとしました。

清掃ボラはいつでも募集中です。
特に仔犬なんてやってもやっても汚すきりのない作業ですので掃除に終わりはありません。
狭い部屋もあるので一部屋二・三人が適正らしいですが、人が少ないときは二部屋をそれぞれするので時間は倍かかるようです。
人手が必要でしょうが、正直、私も今日かかった横浜からの時間と高速&ガソリン代を考えるとそう気軽に行けるものでもありません。(それでも今日は同乗三人で割ったので負担は少なかったのです。)

最後になりましたが、大変なことはほとんどやってもらい、あまりお役に立てなかった私と一緒に作業してくださったTさん初め皆さまにお詫びとお礼を申し上げます。
また御一緒する機会がありましたらよろしくお願い申し上げます。


清掃ボランティアについてのお問い合わせは、こちらをご覧ください。
by centre_report | 2011-05-26 10:13 | 愛護センターレポート
<< 5月26日センターレポート 5月24日センターレポート >>