ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4月7日(木)センター・レポート その2

運搬のため同行したへろみさんもたくさんの写真を撮ってくれましたので、レポートその2をUPします。



抑留部屋

1日目の部屋 2頭
f0078320_821762.jpg
 △来週検疫明け、ちばわんで引き出し予定です。
f0078320_8215771.jpg
 △明日、一般譲渡希望者さんが迎えに来てくれるそうです。


2日目の部屋 7頭
f0078320_822354.jpg

f0078320_8232642.jpg
 △kt110406-02東庄町宮ノ台で捕獲された茶中型メス青色の首輪
f0078320_8234386.jpg
f0078320_8235654.jpg
 左の白茶ブチの子は、本日検疫明けで引き出しました。
f0078320_824125.jpg
 △sa110406-01大網白里町九十根で捕獲された黒灰白中型オス青色の首輪
f0078320_8242995.jpg
 △in110406-01印西市笠神で捕獲、黒白中型メス
f0078320_8245742.jpg



3日目の部屋 5頭
f0078320_8251975.jpg
 △in110405-01富里市根木名で捕獲された黒ブチ(まだら)中型メス
ここから出して欲しい!とときおり訴えていました。
f0078320_82625.jpg
 セッター? 
f0078320_8264512.jpg
 △おそらくsa110405-01山武市植草で捕獲された茶中型オス、茶色の首輪
奥と手前はちばわんで引き受けた子です。


4日目の部屋 3頭
f0078320_8273210.jpg
 △ちばわんで検疫お願いした子犬、元気でした。
f0078320_8275496.jpg
 △yo110404-01匝瑳市野手で捕獲された茶黒中型オス、ベージュ色の首輪
この部屋ではこの子だけ赤い紐が着いていませんでした。
f0078320_828854.jpg
 △右側ボーダーコリー風の子は、譲渡先が決まっているそうです。
3頭でとても仲良くじゃれ合っていて、しばし場所を忘れていたいと思うような微笑ましい光景でした。



5日目 最終部屋です。
おそらく明日朝には処分が行われ、この子たちはもういなくなるはずです。
f0078320_8284626.jpg
f0078320_829679.jpg
 △尻尾をぶんぶん振っている様子がよくわかります。垂れ耳のガッチリした体型、短足ではありませんが、胴はバセット風に逞しいです。
痩せてもいないので、持ち込みの子でしょうか。
f0078320_829279.jpg
 △この子は収容犬情報にあった4月1日捕獲の青色首輪の男の子。
若そうで性質にも問題なさそうな子なのに、助けてあげることができませんでした。
f0078320_8295222.jpg
 △この子も男の子、やや警戒心の強い子でしたが、助けてあげられませんでした。
f0078320_830975.jpg
 △そしてこの子は3月31日捕獲収容犬、すでに体調を崩していました。
f0078320_8294077.jpg
 △何とこんなに小さな子犬が1頭だけ最終部屋の隅っこにいました。
これは・・・・・・たまらず部屋から出していただき、検疫をお願いしました。
子犬1頭だけならば何とかできると思ったからです。 ※男の子です。


でも、この子だけではありませんでした。
このあと、他抑留所等からの移送トラックが到着し、すでに収容期限を迎えた子たちが何頭も運ばれて来て、次々と最終部屋に入れられました。
写真は、レポートその1のほうに掲載しています。

※メイマミ&アイママさんのレポートから
f0078320_1673447.jpg

最終部屋に入れられたあと、奥の壁にぴたっとへばりついて固まる小ぶりの子たち。
まだ幼い子たちに違いありません。

・・・どんな子も、まだ生きられる健康体を持ちながら致死処分にされてしまうのは、本当に辛いことです。
もっと幼い、生後2ヵ月までに捕獲収容された子犬たちには、自動的にチャンスが与えられますが、幼くしてここまで一生懸命生きて来たというのに、オトナにもなれないままここで命を断たれてしまうという、こんな理不尽を許すのは本当に耐え難いことです。

そして、今、ここで手を伸ばせば、自分たちにはそれを止められるとわかっているのに・・・


・・・当然、手を伸ばさずにはいられませんでした。

1頭ずつ、時間をかけて部屋から出していただいた子たちは、思ったとおり、全員1歳にもならない子たちでした。
すっかりオトナの歯に生え替わった1歳弱の子、まだ乳歯の子犬もいました。

結局、この日検疫をお願いしたのは全部で7頭になりました。
チャンスを与えられたからには、全員、頑張って乗り切って欲しいと思います。

無事に2週間が過ぎれば、即座に引き出さなければなりません。

4ヵ月~1歳弱の子犬預かり先を大募集します!


問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


そして、子犬を迎えたいと思っていらっしゃる方は、コロコロの幼い子犬だけが選択肢ではないことを、どうか知って下さい。
数ヵ月経って身体が大きくなっていても、まだまだ幼い子犬です。
むしろ、性格が少しずつ出てきている分、余計に愛しいと感じられるかも知れません。



選定室
f0078320_831280.jpg
 △本日検疫明けで引き出しました。
f0078320_8312788.jpg
 △行き先の決まっていなかった黒柴を引き受け、本日引き出しました。
f0078320_8315420.jpg
 △間もなく検疫明け、来週のセンター開催譲渡会に出るのではないでしょうか。
f0078320_832934.jpg
 △持ち込み5歳オスのスタンダード・ダックス、12~3kgありそうです。行き先が決まっていないそうです。
f0078320_8323053.jpg
 △本日検疫明け、引き出しました。
f0078320_8325511.jpg
 △来週が検疫明けです。もうしばらく頑張るんだよ。
f0078320_8331360.jpg
 △この日収容された子犬、このあと他団体さんにより引き出されました。

仔犬室
f0078320_833533.jpg
f0078320_834122.jpg
f0078320_834284.jpg
f0078320_8344580.jpg


鑑定室
f0078320_8352511.jpg
 △行き先未定とのことだったので引き受けることにしました。でも、体調が悪いそうです。
f0078320_8354096.jpg
 △この子もまだ乳歯の子犬、長毛の可愛い男の子です。
f0078320_8355980.jpg
f0078320_836972.jpg


引き出した子たち
f0078320_8364758.jpg
f0078320_837883.jpg
f0078320_837228.jpg
f0078320_8374588.jpg
f0078320_83812.jpg
f0078320_8381295.jpg
f0078320_8383982.jpg


本日は、子犬舎から1頭、抑留棟から7頭を引き出しました。



ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  



お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-04-08 08:41 | 愛護センターレポート
<< 4月13日センター訪問レポート 4月7日(木)センター・レポー... >>