ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


センター清掃レポート

猫の手さんのレポートです。



3月31日、震災後初めて清掃のためにセンターを訪れました。

センターは今変わろうとしています。
いちばんうれしかったのは、成犬用の検疫室ができたことです。
私たちの更衣室も用意してくれました。
そして、T先生はじめ職員の方が、犬たちの感染症を防ぐための清掃手順を考えてくれました。

今まではケージの汚れをまず水で流し、次に洗剤をつけて洗い、それをまた水で流してビルコンを噴霧し、消毒殺菌というのが基本的な流れでした。
この方法では細心の注意を払っても、汚水が飛び散ったり流れたりして、上下左右のケージへ侵入するのを完全に防ぐことは困難でした。原子炉を冷却するために撒いた水によって、周囲が放射能で汚染されたのと似ています。
昨日は変わってから初めての参加でしたから、T先生がついて指導してくれました。
大きく変わった点は水の使用を極力抑えるようにしたことです。

今回、ご指導いただいた手順は
①新聞紙などの敷物と汚物を取り除きます。
②ケージ全体にビルコンを噴霧して5分ほどおきます。こびりついたウンチもふやけて取りやすくなります。
③この間、食器を洗って消毒しますが、ほかのケージの食器と取り違えないように1つのケージごとに行います。万が一わからなくなったときは、新しいものと取り替えてもらい
ます。
④スクイージーでビルコン液をきりながら1箇所に集め、新聞紙で吸い取ります。
⑤たらいなどの容器にビルコン液を用意し、新聞紙(4分の1くらいにきっておく)を浸して軽く絞り、ケージ全体を拭きます。
⑥ケージが乾いたら、新聞紙を厚め(3~4セット)に敷いて、新しいフードと水を用意して犬たちを戻します。

以上が今までの検疫室(ステンレスケージの部屋)に当る子の検疫室の基本的な清掃手順です。
新たに譲渡用成犬の検疫室も設けられました。今までステンレスケージのあった部屋です。こちらも基本的には同じです。

今までは清掃するのは1室だけでしたが、これからは2室になります。
今回は初めてということもあり、4人全員でお話を聞きながら行いましたが、経験者が2人以上参加の場合は2部屋に分かれて清掃したほうが効率的です。
ちなみに昨日は4人で10時半くらいから始め、長靴の洗浄も行いましたが、3時くらいまでかかりました。
意見を交換しながら試行錯誤を重ね、まだ変わっていくこともあると思いますが、昨日の流れをご報告します。



昨日(3月31日)のセンターの犬たちです。
昨日確かに生きていた最終部屋の子たちはもういません。
f0078320_22461511.jpg


前日、収容犬情報、センターレポートを見ていたのですが、そこには載っていない子もいました。
f0078320_22471711.jpg



そして見学中に連れられてきた2頭の子が、私たちの目の前で最終の部屋に入れられました。
何もできない自分が情けなくて、苦しくて、ちゃんと見ることができませんでした。
f0078320_22524289.jpg



部屋に入れられ、怯えている子をやさしく迎えた大きな白い犬。
f0078320_22443919.jpg


この子は私たち人間のことも許してくれているような穏やかな目をしていました。
f0078320_23231674.jpg


f0078320_22532989.jpg

f0078320_2324778.jpg

ごめんね。ごめんね。助けてあげられなくてほんとうにごめんね。


4日目の部屋にはあどけなさが残る小さな子が1頭。
f0078320_2248555.jpg


3日目の部屋には5頭。
f0078320_22493294.jpg

f0078320_22501251.jpg

f0078320_225139.jpg

f0078320_22512846.jpg


2日目の部屋には3頭。
f0078320_2254431.jpg

f0078320_22551255.jpg

f0078320_23221635.jpg


1日目の部屋には2頭。
f0078320_2256137.jpg

f0078320_2256361.jpg


ひものついていない子はこのままだと期限の日を迎えてしまいます。
みんな生きていたいのに。迎えに来てほしいのに。
気になる子はいませんか? 


この子たちと反対側の部屋には、まだ希望があります。病気に負けないでほしい。
入り口すぐの部屋の子たち。
あまりにも小さい子猫。まだまだ離乳が済んでいないように見えました。カリカリは食べていると先生はおっしゃっていましたが・・・。
この子猫のたちの母猫を呼ぶ鳴き声は外にまで響いていました。
f0078320_22572168.jpg

f0078320_2257401.jpg


遊びたがっているちょっと大きめの子猫もまだいました。
f0078320_2258396.jpg



長くいる親子です。昨日は子どもを守って、激しくほえていました。
f0078320_22584323.jpg



元気に駆け回っていた子。
f0078320_2259774.jpg

f0078320_22595728.jpg


ほかの子たちはじっとうずくまっていました。
f0078320_2302878.jpg

f0078320_2305075.jpg

f0078320_2311216.jpg


みんながんばるんだよと声をかけることしかできません。

でもこの子にはなんて声をかけたらいいのでしょう。ボロボロになってもまだがんばっています。
f0078320_2314215.jpg

ここに来るまでどこでどんな生活をしていたの? 
体にまとわりついているのは洋服だったの? あまりにもひどすぎます。


元気がないということで隔離されていた子たち。元気になったようです。
先生ももう大丈夫だと思うとおっしゃっていました。
f0078320_2325254.jpg

f0078320_2322642.jpg

戻しても戻しても出てきちゃうそうです。


下のケージはダックス。上の子はちょっとわかりませんでした。
f0078320_233258.jpg


子犬・小型犬の検疫室には全部で12頭。
きょうだいの1頭が亡くなったというモコモコちゃんたちは元気でした。
f0078320_2335831.jpg


黒テリアミックスの3きょうだいはちょっと大きめです。とっても元気。
f0078320_2343637.jpg


きょうだいらしいけど、全然似ていません。こちらも元気。
f0078320_235878.jpg


いちばん元気だった子犬モコモコちゃん。
f0078320_2354578.jpg


いちばんおとなしかった子犬ちゃん。広いケージに移してもらったら元気になりました。
f0078320_2361155.jpg


どっしり重たい大きいポメラニアン。
f0078320_2363218.jpg


こちらもどっしりペキニーズ。
f0078320_2365242.jpg



譲渡用の成犬検疫室には子犬が6頭と成犬が5頭いました。
f0078320_2381061.jpg

やっとヨチヨチ歩きができるようになった子たちです。

f0078320_239430.jpg

とっても元気な3きょうだいでした。

f0078320_239583.jpg

このダックスはスタンダードに近い大きさです。

f0078320_23103854.jpg

f0078320_2311106.jpg

f0078320_23113712.jpg

f0078320_23115928.jpg

みんな出たくて、人恋しくてできるだけ首伸ばしています。
お掃除中もとってもおとなしく、みんなとってもいい子ばかりでした。
すぐにでも家庭犬として問題なく生活できると思います。
たぶん、少し前まではこの子たちにも家族がいて、みんなで笑いあった日があったはずです。

もうすぐ、今度こそ、キミたちの最期のときまで一緒にいてくれる家族を探そう。
だから、キミたちへのお願いはひとつだけ。元気にここを出てください。


子犬舎は生後4~5か月の大きめで長くいる子ばかり。
f0078320_23131953.jpg

f0078320_23133868.jpg

f0078320_23135842.jpg

f0078320_23141784.jpg

みんなとっても元気でした。
キミたちにもピッタリの家族があるはず。
早く見つけてあげたいです。


迷子になった犬たちはそのうち戻ってくると思わないでください。
どうか探してください。
警察、保健所に問い合わせてください。
連絡のとれる、住所のわかる迷子札をつけてください。
絶対になくなさないマイクロチップを入れてください。
不妊手術をしてこれ以上不幸な子を増やさないでください。
by centre_report | 2011-04-01 23:30 | 愛護センターレポート
<< 4月1日センター・レポート 3月30日(水曜日)センターレポート >>