ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


3月24日(木)センター清掃&見学レポート

ひーままさんのレポートです。
加筆・修正しています。




先日の震災以来、予定していた清掃ボランティア活動も道中の安全やガソリン問題などのため中止を余儀なくされていましたが、ようやく本日より再開することができました。



哀しい運命を辿った犬猫たちを悼むセンターの慰霊碑です。
後から到着した清掃ボラさんがお線香を持ってきてくれました。
a0164292_15312452.jpg

まず清掃作業の前に、慰霊碑の脇にある仔犬舎を見学しました。
二棟ある仔犬舎にはメス4匹、オスが3匹いました。子犬はみな元気いっぱいでした!
a0164292_1531392.jpg
茶色メス3匹は3/3からいる子達。
a0164292_15315254.jpg
楽々と壁に乗っています・・・仔犬ですが、こんなに身軽な子達ですので、譲渡されたおうちは脱走対策を万全にしてほしいと思いました。

a0164292_15322220.jpg
オス二匹は3/4から。ビーグル風の可愛い子も元気に吠えていました。
a0164292_15323769.jpg
白い子は足が短いのでコーギーMIXかダックスMIXじゃないかと思いました。頭が大きくアンバランスですが、可愛い子です。
2匹でオスの仔犬らしく威圧しあいながら、でも仲よさそうにしていました。

a0164292_15325167.jpg
隣の棟にいる2匹。茶色メスは3/8から。ソックスが可愛い子。元気に吠えてました。
a0164292_16125869.jpg
白いオスは2/22からいる子のようです。一生懸命、柵越しにアピールしていました。


仔犬舎見学後、5名で検疫室の清掃作業をしました。
今回は掃除する前に、検疫室の中のサークルを別の部屋に移動し、検疫室を空けて新たなゲージを入れる作業を指示により行いました。
検疫室に入れられる頭数を増やします!と先生が言われていました。
掃除の仕方も変わるそうです。


とても寒い一日で、水を使う作業なので、清掃が終了するとみんな震えました。
でも、収容され寒い夜をここで過ごす犬猫たちを思えば、大したことはないですね。
ここに来るとみなそう思います。

それ以上に精神的に打ちのめされます。
病がまた見つかり、慎重に清掃をしました。
ワクチンをしない子たちの哀しい病・・・またです・・・なんとか検疫という道に進めた命も、この病のせいで消えてしまいます。
どうかどうか、乗り切ってくれますように・・・これ以上拡がりませんように!と祈りながら、必死で清掃しました。

それでもセンターの状況は、職員さんたちの努力と日々通う多くのボランティアのお陰で、随分改善されてきました。
震災の影響で、今はまだこれまでのような活動が出来ていない部分もあるかも知れませんが、来週あたりからまた少しずつ動き出します。


検疫室にいた子たちです。
a0164292_1635743.jpg
ブラックタンのダックス。やややせ気味でした。
a0164292_16353027.jpg
まだ若い大きめなペキニーズ(MIX?)。とても甘えん坊で、ずっとおしゃべりしてました。抱っこするのに重くて元気でやや大変でした。
△譲渡先が決まっているそうです。
a0164292_16354753.jpg
大きめなポメラニアン。下に見える細いハーネスはこのポメに付いていたものです。美味しいものをいっぱい食べさせてもらっていたのか体がふくよかで、おっとりで、きっと可愛がられていた子ではないかと思えました。
△譲渡先が決まっているそうです。

▽子犬たちは、無事検疫を終えたら子犬舎に移され、センターの譲渡会に出ることになっています。

a0164292_1636321.jpg
大きめな仔犬。おとなしく抱っこされるいい子でした。
a0164292_16362477.jpg
小さい5きょうだい。
a0164292_16363869.jpg
元気でやんちゃな3黒きょうだい。中にはテリア風なお顔の子もいました。


猫預かりとして、猫も見てきました。
千葉県内(政令指定都市等を除く)にお住まいの方は、譲渡を申し込むことができます。
a0164292_1533236.jpg
若いアメショー風のサバトラ猫さん。とても人懐こくて、ゴロゴロすりすりな甘えん坊ちゃん。たぶん女の子です。一生懸命もみもみする姿は母乳を揉むしぐさです・・・哀しいしぐさです。負傷猫と出ていましたが、とても元気でした。
a0164292_15333448.jpg
仔猫5匹は離乳してすぐくらいのチビたちでした。昨日のレポートにはいないので、今日持ち込まれたのかもしれません・・・とても可愛い子たちです。



この部屋には、愛護センターレポートに1ヶ月以上掲載されている母子犬もいました。仔犬がすっかり大きくなっていました、母犬の状態もよさそうで、ちょっと安堵しました。でも暗い部屋の隅です・・・早く明るい日の元に出して日向ぼっこさせてあげたいです!




清掃した検疫室の向かいに並ぶ収容棟です。
1日目の部屋
検疫中の子と、本日の捕獲収容犬たちです。  3月31日収容期限です。
a0164292_15335472.jpg
哀しいかな、交尾をしている子がいました!必死で窓を叩くと離れましたが・・・どうか受胎しませんようにと祈るばかりです。哀しい辛い現実が待っています。


2日目の部屋
検疫中の子と、前日23日の捕獲収容犬たちです。3月31日収容期限です。
a0164292_1534452.jpg
a0164292_15341458.jpg
 △左端;in110323-01四街道市内黒田で捕獲された茶柴メスピンク色の布製首輪。
やや体高の低い柴らしい体型、7-8歳ぐらいかと思われるおとなしい子です。
お顔も毛並みもとてもきれいでした。
譲渡希望または預かりのできる方がいらっしゃいましたら、ちばわんまで連絡お願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)


3日目の部屋
3月31日収容期限です。 
a0164292_15343790.jpg
△in110322-02八街市文違で捕獲された茶白のウェルシュ・コーギーオス青色の革製首輪

4日目の部屋
検疫中の子と、18日捕獲収容犬たちです。
3月31日収容期限です。
a0164292_1534476.jpg
a0164292_15345738.jpg
 △左端;kt110318-01香取市津宮で捕獲された黒茶大きめ中型メス青色の革製首輪
右端:ks110318-02銚子市川口で捕獲された白茶大きめ中型オスピンク色の首輪。
前日にはあんなに元気そうにアピールして来ていた子たちです・・・

ひどい下痢がありました。。心配です。

最終部屋
3月24日収容期限です。
a0164292_1535794.jpg
a0164292_153518100.jpg
a0164292_15352767.jpg
ものすごい頭数の最終部屋です・・・喧嘩する声、悲鳴、耳をふさぎたいほどでした。
この日夕方に3台の移送車が来て、沢山の犬たちが連れて来られました。
その中で下のダックスと仔犬2匹はなんとか検疫室に入れてもらえましたが、その他の大きな子たちは最終部屋へと入れられました。。哀しいけど、これが現実なんです。

せめて1頭でも救いたい!とのことで、この中から白い負傷犬が検疫に回ることとなりました。
でも、この多くの目に見つめられる中、選択は苦しいものでした。
そして選んだ子を出そうとすると他の子まで我先に出ようとしました。
扉を細くあけて他の子を抑えながら、選ばれた子の首に縄をかけ引き出しました。
他の子には「ごめんねごめんね」と謝りながら、手で必死に押し込みました。

翌日の朝、この子たちは苦しい最期を迎えたはずです。
せめて、この子たちがいたという現実を残したくて写真を載せます。
地震で甚大な被害を受けた千葉沿岸から放れた子もいたかも知れません。
中には仔犬もいましたが、野犬なので人に馴れないとのことでした・・・
諦めて丸く寝込んでいる子もいました。。ごめんね。ごめんね。。
ただただ冥福を祈り、次に生まれる時は、一生を全うできますように・・・と謝るだけです。。
a0164292_15354328.jpg
ガリガリに痩せたダックス。恐怖で震えていました。
a0164292_15355296.jpg
この子たちも動くことも出来ず、固まっていました。
死んでいった子達の分も、どうかここから出る日が来ますように・・・そう願います。

清掃の最中に、母子(まだ幼稚園か小学校低学年の女の子)が2匹の仔犬を持ちこみました。青い首輪が真新しい、でもひどく悪臭を放つ子達だったそうです。すぐ段ボールに移され、運んできたキャリーはそのまま母子が持ち帰り、窓の外から検疫室を覗き、私たちが気がつくと逃げるように行ってしまいました。
後ろめたそうでした。
どうして、どうして?仔犬たちは震えて、箱の中で縮こまり、声をあげることもありません。
哀しくなりました。

今回の清掃にはボランティアの小学6年生の息子くんも春休みで参加して、一生懸命頑張りました。
窓の外で、仔犬たちを案じる素振りをかいま見せた女の子。
違うのは母親の意識の違い・・・どうかどうか子どもたちの未来が輝くように、大人は頑張らねばなりません。
棄てるという選択ではなく、自分たちで飼い主を探す努力をどうかしてほしかったです。
そして
飼い犬にはきちんと不妊・去勢手術を必ずすること。
頑張る姿を見せることが親の努めです。

もっともっとこの現実を知ってほしいです。



ちばわんでは、中型犬以上の預かりボランティアさんを募集しています。

【一時預かりボランティアとは】

殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します・・・。


                   *    *    *


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。
新規の預かりをご希望下さる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。

 『犬の預かりアンケートフォーム』
『猫の預かりアンケートフォーム』  


  


お申し込みは、ご家族でよくご相談の上、お願いします。
当然ながら、簡単な審査はさせていただきます。


なお、譲渡希望・預かり希望は、関東限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。 
by centre_report | 2011-03-26 22:42 | 愛護センターレポート
<< 3月30日(水曜日)センターレポート 3月23日(水)愛護センターレポート >>