ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


2月14日 センターレポート

たの子さんのレポートです。



センターへ向う途中の道のりで思うのは、
昨日までの「あの子が来る!」という、ほんの少しだけ楽しみに感じる気持ちとは違います。

これから向かう先は

何かのきっかけで生き延びることを許され
何かのきっかけで「死」に追いやってしまう場所です。

人と共存するのになんの問題もなさそうな子が死へ向うのはなぜなんでしょう。


まず子犬舎。5頭(雄雌不明) こちらの子たちはとても元気そうでした。
f0078320_2218639.jpg


f0078320_2219583.jpg


f0078320_22204713.jpg



1日目は収容犬数0

2日目 5頭
赤いリボンのついていない子をメインに撮りました。
f0078320_22324445.jpg
 ※2/16追記;△この子は返還になりました。


f0078320_22334826.jpg
f0078320_22343249.jpg


3日目 4頭
f0078320_2238147.jpg

f0078320_22384934.jpg


4日目 2頭
f0078320_22402446.jpg
f0078320_22405749.jpg
 ※2/16追記;このコッカーは他のボランティアさんから声がかかり、引き出し予定となったそうです。


5日目(最終日) 15頭
f0078320_22421647.jpg

f0078320_22434110.jpg

f0078320_22451958.jpg

f0078320_22462086.jpg

f0078320_22481627.jpg

f0078320_2249175.jpg

f0078320_2250475.jpg

f0078320_22505098.jpg

f0078320_22512638.jpg

△この中から検疫にまわった子も居ます。
それ以外の子は明日処分されます。


検疫室

寒かった週末を越したセンターでは、やはり体調を崩してしまった子が居ました。

入口に一番近い部屋ではちばわんが先週検疫をお願いした子5頭が居るはずでした。
今日は、その部屋に入ることはできませんでした。
部屋の中の犬たちは、赤いリボンをつけたまま、パルボに感染した可能性が出てきたからです。
1頭は残念ながら昨日息を引き取った、と聞きました。

その他の部屋の子たちはそれぞれのゲージの中で元気にしていました。


鑑定室

f0078320_2225388.jpg
f0078320_22274616.jpg

f0078320_23141437.jpg


この日も(この後返還された)パグや、先日のレポートに載っていた小型犬3頭、
それからラブラドルレトリバーなどの純血種などが居ましたが・・

一頭の負傷犬が。
昨日電車にはねられて、持ち込まれたそうです。(誰に持ち込まれたかは不明)

f0078320_2316230.jpgクリックすると前足を切断された画像になりますのでご注意ください


2/16追記
愛護センターの収容犬情報に載っています。
私が見た時は全く動いていなかったのですが、現在も頑張って生きているようです。

ks110213-01 銚子市 オス

立派な首輪をしています。
飼い主さんは知っているのでしょうか?

 
センターはとても冷たく重傷の子にはかなり厳しい場所です。
早くお迎えに行ってあげてほしい。

迷子にさせないこと。
リードは命綱であること。
肝に銘じて行きたいと思います。
by centre_report | 2011-02-15 00:53 | 愛護センターレポート
<< 2月16日センターレポート 2月9日 センターレポート その2 >>