ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


12月9日センターレポート

小粒ままさんのレポートです。
※青字で加筆しています。



12月9日(木)、センターの清掃ボランティアに初めて参加させてもらいました。

お声をかけて下さったのはお掃除ボラの大先輩、猫の手さん。
事前に細かなご指示をいただき、以下の物を準備して8時ごろ横浜を出発しました。

f0078320_21181492.jpg
(全て現地で焼却処分するので100均ショップで揃えました)


現地で初参加の方2名と合流し、計4名で検疫室のお掃除に入りました。

f0078320_2120728.jpg


f0078320_21203711.jpg


ステンレスケージは満室でしたが、具合が悪い子犬がいるとのことで一部を除いてのお掃除でした。

4名という人数は一部屋掃除するにはじゅうぶんだったように思います。
ただ、空いたケージがないため犬を一時的に置いておく場所がなく、作業は思ったほど捗りませんでした。
全体の6割程度のケージを掃除しましたが、それでも2時間近くかかったように思います。

この日の日中はとても暖かく、窓を開けて気持ち良く作業出来ました。
真夏や真冬のお掃除は大変なご苦労だと思いますが、キレイになったケージの中ですやすや眠る犬たちを見ると、今後も続けて参加したいと思いました。


掃除終了後、4人でセンター内を見学させてもらいました。

f0078320_22165893.jpg

f0078320_22163064.jpg
(具合が悪そうです…)

f0078320_22171071.jpg

f0078320_22173775.jpg

f0078320_22175195.jpg
(必死に子犬を守っていました)

f0078320_2218261.jpg

f0078320_2219243.jpg

f0078320_22192180.jpg

どのコにも幸せな未来を願っています。。。


次に、お掃除に入った検疫室です。
f0078320_2252085.jpg

f0078320_2254596.jpg

f0078320_2255829.jpg

f0078320_2261385.jpg

f0078320_22142282.jpg

f0078320_2271983.jpg

f0078320_2273944.jpg

f0078320_2275718.jpg

何をしていても、何もしていなくても、『可愛い~~!』としか出てこないようなチビちゃんたちが、どうしてこんなにたくさん居るのでしょう?

f0078320_22145624.jpg

とても可愛い首輪をつけたキョウダイ。

f0078320_228815.jpg

f0078320_2281928.jpg

持ち込みだそうですね…。
チリチリ音を立てて遊ぶこのコたちを、元飼い主は愛おしいと思ってくれなかったのでしょうか?


子犬の中に、見るからに具合の悪そうなコがいました。
頑張れ!! 何とか2週間乗り切って!!!
私たちが出来ることはただただ祈り、願うだけです。。。


同じく、検疫室の成犬たち。
f0078320_22354217.jpg

f0078320_2234657.jpg

f0078320_2234182.jpg

f0078320_22344939.jpg

f0078320_22345816.jpg

f0078320_2264987.jpg

こちらはみな元気そうに見えました。

この先、体力のない老犬や具合の悪い子犬たちにはとても厳しい季節が待っています。
元気なコはどうか元気なままで、具合の悪いコは少しでも元気を取り戻しますように…。
そしてどのコも無事に検疫期間を終えられますよう、心から祈っています。。。


次に収容部屋を見学しました。

1日目。
f0078320_22505668.jpg

f0078320_2251774.jpg

全部で5頭いました。
穏やかで人懐こい犬たち。そんなに愛想よく迎えてくれると心が痛むよぉ…。

2日目。
検疫中の子以外は13日(月)収容期限です。

f0078320_22545836.jpg

f0078320_22551949.jpg
 △右手前、ks101208-01旭市中谷里で捕獲、雑茶白オス中型
6頭いたと思いますが、鳴いたり騒いだりするコが一頭もいません。
静かで穏やかな空気が流れていて、ここが収容部屋であることを忘れそうになります。

3日目。
検疫中の子以外は13日(月)収容期限です。

f0078320_2258225.jpg

f0078320_22581433.jpg

7頭の犬。
左奥で横になっていたコはテリアミックスの犬でした。
f0078320_22594831.jpg
△kt101207-01東庄町夏目で捕獲、テリア系雑うす茶中型メス
そして、お行儀良くポーズをとってくれた中央の2頭。
f0078320_2258294.jpg

優しくて穏やかそうなコたち。。。
手前の黒ちゃんはまだ生後半年ぐらいの子犬です。
何枚も写真を撮りましたが、その間ずーっとお座りしたまま微笑んでくれていました。
あなたたちのようなコがどうしてここに居るの…?

4日目。
f0078320_2323314.jpg

4日目の部屋には一頭もいませんでした。
空っぽの部屋を見るとホッとします。。。

5日目、最終部屋。
f0078320_2335531.jpg

f0078320_234583.jpg

f0078320_2341652.jpg

f0078320_2342815.jpg

もうこの世にはいないかもしれない6頭の犬たち。
あのコにも、このコにも首輪がついているのに、どうしてお家に帰れないの?
どうして飼い主さんは迎えに来てくれないの?

ゴメンね。本当に本当にゴメンなさい。。。
何百回、何千回同じことを繰り返せば終わりが来るのでしょうか。


最後に子犬舎を見学しました。
f0078320_2375050.jpg

f0078320_238288.jpg

この2頭だけでした。
元気に遊ぶ姿に少し救われました。
ステキな飼い主さんが迎えに来てくれる日まで、元気で頑張るんだぞーっ!!


この日見学した中で、てんかん発作を起こしている犬を発見しました。
うちの愛犬で何度も見ているはずなのに、心臓がバクバクしました。
不安と恐怖に包まれ、計り知れないストレスを受けている証拠なんですね…。
きっと気が優しくて繊細なコなんだと思います。
怖い思いをさせて本当に本当にゴメンなさい。。。

検疫明けを待っている犬たちが健康を崩すことなく無事にセンターを出られますように。
赤いリボンがついていない犬たちにも、もう一度チャンスが与えられますように。
心より願っています。



センターを訪問するとどうしても気が滅入ります。
【愛護】-可愛がって庇護すること。
本来の意味とは大きくかけ離れた現状の愛護センター。
職員さんが毎日大変な努力や苦労をされても、捨てられたり持ち込まれたりする犬猫が後を絶ちません。

『要らなくなったから』と簡単に捨ててしまう飼い主さん、捨てる前にもう少しだけ努力して下さい。

『産まれてしまったから』と子犬を持ち込む飼い主さん、産ませないよう不妊手術をして下さい。

不幸な目に遭う犬猫がこれ以上増えないよう、私も出来ることから少しずつしていきたいと思っています。
by centre_report | 2010-12-11 23:33 | 愛護センターレポート
<< 12月15日(水) センターレポート 12月8日愛護センターレポート >>