ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


7月7日(水)センターレポート

運搬Fさんのレポートです。



7月7日。仔犬2頭の引き出しのために副代表と2人でセンターを訪れました。


最初に仔犬舎へ。
ここしばらくびびりの仔が仔犬舎にあふれていましたが、多くのボランティアさんたちの協力でほとんどの仔たちが引き出されたようです。
今日現在、ここの仔犬たちはみな元気にしていました。ただ、長く仔犬舎にいて大きめに成長した仔が多いように感じました。
そして先月2日にわたしが訪問したときにはかなりびびりで、その後のレポートにも毎度登場しているこの2頭のうち・・
f0078320_226315.jpg
△黒い仔を本日引き出しました。
ずっと一緒にいたので残された仔は不安になっているかな。。
随分フレンドリーになっていてしっぽを振って寄ってきてくれました。
f0078320_2212733.jpg



f0078320_2213507.jpg
△とてもキュートな瞳をした男の仔たち。
f0078320_2215298.jpg
△今日の仔犬舎では数少ない女の仔。
f0078320_22154850.jpg

f0078320_22161449.jpg

f0078320_22163379.jpg


【収容棟】

[1日目]収容されている仔はいませんでした。

[2日目]初め3頭の仔が収容されていたのですが途中で大きめの仔がいなくなって2頭になっていました。ちょうど他の部屋を見学していて気付かなかったのですが、飼い主さんがお迎えにきてくれたのでしょうか。。
f0078320_22183839.jpg
 
f0078320_22191670.jpg
 △初めは寝ていてなかなかお顔を見せてくれませんでしたが、後からこんなかわいいお顔を出してくれました。
収容犬情報掲載中sa100706-01の子(オス)
穏やかな仔です。
f0078320_2221918.jpg

f0078320_22202878.jpg


[3日目]5頭の仔が収容されていました。
f0078320_18102021.jpg

f0078320_22231659.jpg
 △テリアはin100705-01の子(オス)で、とっても大きい子でした。
f0078320_22234076.jpg
 △モコモコの大きな仔、kt100705-01(オス)。ずっとこのままの体勢でした。
f0078320_222493.jpg
 △sa100705-02の子(メス)

f0078320_18105164.jpg
 △in100705-02の子(オス)とてもきれいな毛並みの、まだ若そうな柴犬でした。
飼い主さんは探していないのでしょうか・・・躾は入ってなさそうで、人に向かっても吠えていました。

f0078320_22245077.jpg
 
f0078320_22251611.jpg
 △成犬だって老犬だって、ここにいるのはおかしいんです。
みんな飼い主がいたはずなんです。
でも、こんなに小さな仔犬が1頭だけ、大きな犬たちに混ざってこの部屋にいるのはあまりにも哀れで・・見かねた副代表が検疫室に移せるようお願いしてくださいました。
現在、抑留棟にて検疫中の仔犬が本当にたくさんいます。

★仔犬の預かりさんを募集しています。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

[4日目]2頭の仔が収容されていました。
f0078320_22301559.jpg
 △ks100702-01の子(オス)
f0078320_22304288.jpg
 △ずっと眠っていました。in100702-01の子(オス)です。
帰りにもう一度のぞくとよろよろ立ち上がって歩いていました。目も白濁しています。
f0078320_22314970.jpg


[5日目]★最終日の部屋・・・・
f0078320_22323431.jpg
 △この仔だけは窓際に寄って来て盛んに吠えていましたが、
f0078320_22325160.jpg
 △kt100630-03の子(オス)
f0078320_22331327.jpg

f0078320_22333561.jpg
 △sa100630-01の子(メス)
そのほかの仔たちの中には、無情にも最期の静かな時が流れているかのようでした。


【鑑定室】
f0078320_22471898.jpg

f0078320_22473646.jpg

f0078320_2247551.jpg
 △この黒い仔は小さめサイズで甘えっ子さん。
ちばわんで検疫依頼しました。
f0078320_22501576.jpg

しばらく猫も多かったようですが今日は4匹のみでした。

【検疫室】
f0078320_22511483.jpg
 △手前の仔犬は控えめにしっぽを振ってくれました。
写真だと大きく見えますが、鎖に繋がれていることに違和感を覚えてしまうほど、まだまだ小さな子犬です。
f0078320_22513354.jpg
 △4姉妹の残り2頭はここに移されていました。こちらの仔たちは、あまり元気がないように見えました。
f0078320_22533060.jpg

f0078320_2254447.jpg
 △あなたは今日お迎えだよ。ママと離れてよく頑張ったね。

f0078320_22553160.jpg

f0078320_22555471.jpg

f0078320_22562290.jpg

f0078320_22564217.jpg

2日のレポートではしっかりした元気な姿を見せていた子犬が、水入れに顔を埋めて息絶えていたと・・・・・、昨日のお掃除ボラ参加者さんから報告がありました。
子犬が命を落とす原因は、感染症だけではありません。
腸内に寄生虫がいて十分な栄養を摂れなかったり、腸内環境が悪いことによる下痢で脱水症状を起こし体力を落とすだけでも、幼い子犬にとっては命取りになるのです。
f0078320_22571087.jpg
 △急遽ケージを移された片割れの子犬はとても激しく鳴いていて、元気だということを示してくれていました
f0078320_22572870.jpg

△前回2日のレポートではダックスが2頭いましたが、1頭は亡くなってしまったそうです。。
f0078320_22593182.jpg

f0078320_22595644.jpg

f0078320_2302394.jpg

f0078320_2304733.jpg

f0078320_231738.jpg

△子犬7姉妹、頑張っていました!
預かりさんを募集しています。


★仔犬の預かりさんを募集しています。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)

わたしがパソコンに向かっている今・・。あなたはコンクリの床の上で
小さくなって眠るのでしょうか。

七夕。
もしも願いが叶うなら・・
小さな命が粗末にされる世の中でなくなりますように。
すべての犬猫が家族としてずっと大好きなひとのそばにいられますように。

どの子にももう一度生きる機会が与えられるよう
 ちばわんでは預かりボランティアさんを募集しています。

 1軒でも多くの預かり家庭があれば
 1頭でも多くの命を助けることが出来ます。



 殺処分”ゼロ”を目指して、皆様のご協力をよろしくお願い致します。


                   *    *    *

本日引き出した仔犬2頭のうちの1頭。
f0078320_2371421.jpg

f0078320_2373935.jpg

新規の預かりさんが心待ちにしてくださっていました。お届け直後にこんなに素敵な笑顔を見せてくれています。しあわせになろうね。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-07-07 23:32 | 愛護センターレポート
<< 7月13日センターレポート 7月2日(金)センターレポート >>