ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


7月2日(金)センターレポート

はるる姉さんのレポートです。


30℃を越す蒸し暑さの中、副代表・運搬2名・預かりさん2名で
子犬の引き出しのため、センターを訪れました。

私たちが到着して、ケージを組み立てていると、
老夫婦が車から降りてきて、
「あんたたち、犬持って来たの?もう置いて来たのかい?」
と話しかけてきました。
「いえ、私たちはボランティアで保護しにきました」と副代表が言うと、
「あぁ、そうかい」 という感じで受付に行ってしまいました。

まず写真を撮るため 子犬舎へ行きました。
ドアに鍵がかかっていたため、窓ガラス越しでしたが、
おおむね元気そうに見えました。

そこへ、先ほどの老夫婦がやってきました。
どうやら子犬の譲渡希望で訪れたらしく、
「これかわいいね、黒いの最近はやってんだよね」
などと話していました。
流行?・・・
子犬を迎えたなら、どうか最後まで一緒にいて欲しいと願いつつ、そこをあとにしました。
f0078320_0233532.jpg

f0078320_23403642.jpg
f0078320_2341226.jpg
f0078320_23415633.jpg
f0078320_23424489.jpg

超ビビリの子犬1頭とビビリで固まっていた3頭組子犬は、今週、他のボランティアさんたちが引き出して下さったそうです。


抑留棟

*一日目の部屋*

f0078320_2344618.jpg

子犬4姉妹はとても元気でした!
本日お迎えです。

*二日目の部屋*

f0078320_23444585.jpg
f0078320_23452969.jpg

3頭。
昨日の捕獲犬たちです。
このシーズーはおそらく目が見えないのでしょう、じっと同じ場所に立ちすくんでいましたが、
声をかけると、私のほうへじりじりと体を向けてくれました。

*三日目の部屋*

f0078320_23465588.jpg
f0078320_23471622.jpg
f0078320_23474240.jpg
f0078320_2348886.jpg

9頭。
収容期限内の子の他、譲渡予定検疫中の印・赤い紐のついた子たちも数頭いました。
白茶ぶちの仔は、あまり人馴れしていないそうですが、
私たちが帰り際に部屋を覗いてみると、
白茶ぶちの仔の腰の上に、黒い子犬がお座り状態で乗っかっていたのをみました。
この状況の中で、この仔たちの暖かさを感じた一瞬でした。
f0078320_1203193.jpg


*四日目の部屋*

なし

*最終部屋*

f0078320_0591583.jpg

f0078320_102258.jpg
f0078320_105365.jpg
f0078320_11322.jpg

4頭。
ここにいる意味を悟っているかのような、表情・・・。
その目で、どんな光景を見たの?
その耳で、どんな音を聞いたの?
その鼻で、どんな匂いを感じたの?・・・
この仔たちの首には、検疫のしるしの赤い紐がついていません。
みんな、まっすぐな目で、きちんとお座りをして、こちらを見ていました。
とても、やるせなく、やり場のない怒りがこみ上げます・・・。

私たちが帰るころ、移送されてきたドーベルマンが一頭加わりました。
よだれを流して、叫んでいました。
見たところ、歯はまだきれいな感じで、若い印象がありました。
f0078320_1215590.jpg


*検疫部屋*

ステンレス・ケージは、ほぼ満杯状態になっていました。

f0078320_1113727.jpg
f0078320_111539.jpg

f0078320_11292.jpg
f0078320_112376.jpg

f0078320_1125589.jpg
f0078320_1131080.jpg
f0078320_1134190.jpg

△ 今日入ってきた4頭姉妹
f0078320_1141064.jpg

f0078320_116213.jpg
f0078320_1161878.jpg



抑留棟へ案内して下さったT先生が、「Yさん、先に、こちらを見ていただけますか。全員メスなんですがどうでしょうか?」と、今日入ってきた子犬7姉妹のところへ。
確かに、今から通常の検疫に入れるにはほんの少しだけ月齢がいっていますし、しかも(譲渡会では)人気のないメスばかり・・・。
検疫しても譲渡が難しいとなるかも知れません・・・


▽7姉妹
f0078320_1192135.jpg
f0078320_1193210.jpg
f0078320_1194194.jpg


迷わず、「引き受けますので検疫お願いします」と答えました。
センターに収容された時点でほんの少し成長していたからと言って、そのまま処分にされてしまうのではあまりに不憫です。
すでにケージに入って検疫開始していた上の4姉妹と合わせ、今日だけでもそういう子犬が全部で11頭収容されたことになります。


捨てるなら、要らないなら産ませないで!
生涯にたった1回、不妊・去勢手術をするだけでいいのです。
たったそれだけのことで、不要として殺処分されてしまう子犬子猫の数を減らすことができます。



不妊・去勢手術について


ちばわんの趣旨


引き続き、子犬の預かりボランティアを緊急募集します。

問合せ先:korotarouhs★nifty.com(担当:吉田)
(★を@に変換して下さい)





f0078320_127354.jpg
f0078320_1271925.jpg
f0078320_1273846.jpg
 △パピヨンは譲渡先が決まっているそうです。
f0078320_1275054.jpg
 △本日収容されたそうです。小さく咳をしていました。

f0078320_1285436.jpg
 △ちばわんで検疫中の子犬は、元気でした。来週引き出し予定。あともう少しだよ。

f0078320_1292240.jpg
 △こちらは、昨日新たに検疫をお願いした女の子です。小さくて、子犬かと思われていましたが、歯を見てみたらオトナでした。
固まっていますが、近寄ってみても攻撃性は全くなさそうでした。
この仔の預かり先も募集しています。
  

○○本日引き出した7頭○○ (写真は一部です)

4姉妹と、、
f0078320_1343812.jpg

急遽 子犬舎から引き出しが決まった2頭と、、
f0078320_1345758.jpg

f0078320_135920.jpg

大人の歯に生え変わったばっかりの色白美人さん
f0078320_1353583.jpg


預かりさんのもとで 体調が整い次第、募集をかけていきますので、
よろしくお願いします。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-07-03 00:19 | 愛護センターレポート
<< 7月7日(水)センターレポート 6月29日(火)センターレポート >>