ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月24日センターレポート

アトムミルクママさんのレポートです。

真夏を思わせるような梅雨晴れの本日、検疫の明けた犬たちを引き出すため、総勢4名で訪問しました。
午前中からお掃除ボランティアで参加していたKさんたちとも合流。
しかしここで、到着途端にハプニングが・・・・・これについてはのちほどまた。

今日はケーブルテレビの取材も入っていました。
センターの子たち、引き出し作業など、かなり詳しく撮ってくださっていたと思います。
みなさま、ありがとうございました。


まずは子犬舎に行きました。
全部で16頭くらいの子がいたと思います。
びびりの子何頭かはボランティア譲渡で引き出されているようでした。
まだびびりちゃんたちは残っています。


f0078320_231435.jpg

f0078320_2315829.jpg

↓びびりの子たちです。預かれる方はいませんでしょうか。
f0078320_2322092.jpg

↓この子もびびりちゃんです。他のキョウダイはボランティアさんに引き出されたと思います。
f0078320_1625416.jpg

↓この子たちもびびりちゃんですが、だいぶ良くなってきているようです。
f0078320_2324615.jpg


今日は子犬舎からの引き出しはありません。


収容棟です。

一日目の部屋だと思います。
一頭ポツンといました。
f0078320_235746.jpg


2日目の部屋です。
ちばわんで検疫をかけている4姉妹はこの部屋にいました。
どの子もとっても可愛いです。
あどけなく、4頭で遊んでいました。
なんだかそんな光景も違和感がありました。
f0078320_2382452.jpg

f0078320_2384216.jpg

f0078320_239212.jpg

f0078320_2310719.jpg

4日目の部屋です。
f0078320_23132156.jpg

テリアmixでしょうか。可愛い中型の男の子でした。元気いっぱいアピールしていました。
f0078320_23145597.jpg

この子もきれいな子でした
f0078320_23152470.jpg


最終部屋は2頭でした。夕方はもっと増えるはずです。
明日、処分予定の子たちです。

持ち込みでおそらく、親子だと思われます。
母親が子犬を守っていました。
f0078320_23174795.jpg

f0078320_2319012.jpg

迷って迷って、子犬だけ、検疫にかけてもらいました。
母犬は子犬が部屋から出た後、ずっと鳴いていました。
とても辛い選択だったと思います。
母犬は人馴れしていないようでしたし、預かり先の予定が立たない今、
検疫にかけることが出来ませんでした。
むなしい気持ちになりました。

この子犬の預かり先を募集します。
f0078320_23245284.jpg

f0078320_23253041.jpg

4カ月過ぎくらいの女の子です。おとなしい子でした。


検疫室の子です
f0078320_23265533.jpg

f0078320_23272211.jpg

f0078320_23283449.jpg

f0078320_2331749.jpg

f0078320_23313097.jpg


こちらは純血種と子犬たちです。
一頭亡くなっている子がいました。
あと少しでというところ、悔しいですが、これが現実です。
子犬たちは体力もないし、免疫力もありません。
2週間の検疫をくぐりぬけることはほんとに大変なことです。

不幸な犬、猫たちを少しでも減らすために、
是非、避妊、去勢手術をお願いします。


ちばわんで引き受けた子たちです。
来週引き出し予定です
f0078320_23395986.jpg

f0078320_2341396.jpg

この子も来週引き出し予定です。
f0078320_23441594.jpg


預かり先を募集しています。
女の子で歯が生え変わったくらいです。とっても美人さんです。

本日引き出した子たち
f0078320_23465879.jpg

f0078320_23472318.jpg

f0078320_23474870.jpg

f0078320_23483529.jpg

収容棟より、成犬1頭、子犬4頭引き出しました。
体調が整い次第、募集開始したいと思います。
応援よろしくお願いします。






そして、この子たちもちばわんで引き取りました。
持ち込みに遭遇し、急遽引き取りを決めました。
いったんここの抑留棟に入ったら、病気に感染する可能性が出てきてしまう・・・誰もがわかっていたからです。



シーズー男の子 8歳 
f0078320_23504786.jpg

プードル男の子 9歳
f0078320_23511895.jpg


どちらも去勢済み、トリミングもされていて、とてもきれいでした。
人懐こく従順で、1頭ずつキャリーに入れても全く鳴くこともなく、おとなしい子たちです。
この子たちを長年可愛がっていた元飼い主さんは、亡くなってしまったのだそうです。

とりあえず緊急で、今日のところはお掃除ボラのKさん宅にお願いできました。

※持ち込みに遭遇したときでも、ボランティアが引き取ることができるのはとても稀なことです。
通常は、持ち込まれた犬猫は翌日処分となるか、運良く譲渡用に選ばれても感染症で命をおとす危険に晒されながら、2週間の検疫期間を孤独に過ごすのです。

この子たちの譲渡先・預かり先も、緊急で募集しております。

問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
新規の方は、必ずアンケートにてお申し込みをお願いします。
※取り急ぎ、新規の募集は終了とさせていただきます。
関東圏内限定です。



当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-06-24 23:55 | 愛護センターレポート
<< 6月29日(火)センターレポート 6/21(月)訪問レポート >>