ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月17日(木)訪問レポート

6月17日(木)真夏のような日差しが照りつける日、検疫の明けた犬たちを引き出すために4名で訪問しました。

写真は、運搬ボランティアのMさん撮影のものです。

まず、子犬舎を訪問、全部で17頭の子犬たちがいました。
半数以上がオスでしたが、すくすく育って大きくなった子が目立つ半面、痩せて毛艶の良くない子や、人間の姿を見るや一目散に隅に縮こまってしまう幼な子たちもいました。

f0078320_16565483.jpg
f0078320_16571582.jpg
f0078320_16572747.jpg
f0078320_16573822.jpg
f0078320_16575144.jpg
f0078320_1658124.jpg
f0078320_16581388.jpg
f0078320_16582798.jpg
f0078320_16583640.jpg



抑留棟へ入る前に、ある部屋を覗いたところ、ボランティア・トリマーさんたちが作業の真っ最中でした。
f0078320_1715626.jpg
f0078320_1721422.jpg
 △中型犬MIXの子も、きれいにトリミングしてもらっていました。
センターのデモ犬だそうです。


抑留棟へ

1日目の部屋は、空っぽでした。
でも、私が帰る少し前には捕獲車が戻って来て、生後3ヵ月ほどのきょうだいと思われる茶色い子犬が4頭、マイクロチップのリーダーを通して収容されました。
全員メス、つまり4姉妹だとのことでした。


2日目の部屋
昨日は捕獲犬がなかったらしく、検疫中の子4頭だけがこの部屋にいました。
f0078320_17124812.jpg
 △こちらの2頭は行き先が決まっているそうですが
f0078320_1713797.jpg
 △こちらの2頭は性格が良いからと検疫にまわされたものの、行き先が決まっていないとのこと。
白茶の子をちばわんで引き受けることにし、引き出しました。


3日目の部屋
収容犬情報に載っている、kt100615-01の子だけがぽつんと収容されていました。
f0078320_17192691.jpg
 △歯を確認してみたところオトナの歯に生え変わったばかりだったので、生後6~7ヵ月程度だと思われます。
期限が満了したところで検疫をお願いすることにしました。


4日目の部屋
3頭いました。
f0078320_17205937.jpg
 △収容犬情報in100614-01の子です。比較的小ぶりでとっても可愛らしい子でしたが、人を恐れて逃げる様子を見る限りでは、結構なビビリちゃんのようでした。
f0078320_1721946.jpg
 △きょうだいらしい小さい子犬、大きいほうが男の子、小さいほうが女の子でした。


最終部屋
私が帰る時点では3頭。
いつもと比べれば少ない頭数でしたが、ゼロではありませんでした。
f0078320_693963.jpg

f0078320_17271720.jpg
 
収容犬情報にまだ掲載されていた9日収容の子たちは、検疫にまわされた2頭を除いて、残念なことにもうどの子もいませんでした。


鑑定室
f0078320_17341949.jpg
f0078320_17343316.jpg
 △この子は行き先が決まっているそうです。
f0078320_17344359.jpg
 
f0078320_1735042.jpg
 △この2頭は、他の抑留所から移送されて来て譲渡予定だったのがキャンセルになってしまったとのことで、ちばわんで引き受けることにしました。


検疫室
f0078320_17385518.jpg
f0078320_1739751.jpg
 先週、大部屋から検疫にかけていただいた子犬は、全員元気でした。
来週引き出すことになります。

f0078320_17405442.jpg
f0078320_1741834.jpg
f0078320_17411649.jpg
 ステンレス・ケージの子犬は、1頭ずつに分けられていました。
先々週来、感染症の嵐が子犬たちを襲いました。
その結果、不本意にも空いたケージが多く出て、普段は同じケージに入れられるきょうだいたちも、体調の悪い子と元気な子とを分けられました。

収容頭数の多いこのセンターでは、とにかく感染症拡大を防ぐための対策が最重要課題となります。
譲渡担当のT先生は、毎日とても時間をかけて念入りに掃除と消毒を行われていますが、毎日毎日これでもか!というぐらい数多く収容される子犬をできるだけ多く助けようとすればするほど、どうしてもリスクは上がってしまうのです。

先週、お掃除ボラに入ったひなのんさんも、急遽予定追加で今週月曜日にも掃除ボラに入ってくれました。
同行を申し出てくれたGさん、いつもありがとうございます!
来週も、21日(月)と23日(水)にお掃除ボラを行う予定です。


感染症が施設に入る機会を減らすには、収容頭数を減らすしかありません。
子犬の収容頭数を減らすためにできること、それは、

不妊・去勢手術の徹底

をこの国でも当たり前のこととして浸透させること、本当に、それしかありません。



本日、成犬4頭を引き出しました。
f0078320_17532531.jpg
 

f0078320_17542194.jpg
 久しぶりのお外だよ。気持ちがいいね。

f0078320_1755249.jpg
f0078320_17551320.jpg
f0078320_17552639.jpg
 △行き先のなかった短足くんも、引き出しました。


それぞれ預かりさんの元でケアと医療処置を済ませたのち、募集開始いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。



◆◆◆ 子犬の預かりボランティアを引き続き募集しています! ◆◆◆




当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-06-18 17:57 | 愛護センターレポート
<< 6/21(月)訪問レポート 6月10日(木)訪問レポート その2 >>