ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月10日(木)訪問レポート その2

小粒ままさんのレポートです。


6月10日、子犬を引き出すためにセンターを訪れました。
自身二度目の訪問です。
見学希望の友人二名と一緒に向かいました。

f0078320_21264110.jpg

田舎にあるからかセンターの周辺は緑が多く、のどかな空気に包まれています。
キレイな建物に手入れの行き届いた植木や芝生。
まるでどこかの公民館か保養所に来たよう…。
ただ一つ違うのは、奥の方から犬の激しい鳴き声が聞こえてくることでした。


まず子犬舎を見学して、引き出し作業を終えた後で抑留棟へ。
センターレポートを何度となく拝見し、センター内のことを分かったつもりでいても、実際に現地を訪れると独特の雰囲気に心が痛くなります。

におい、鳴き声、犬たちの視線。大きな犬、小ぶりなコ、子犬、老犬、負傷犬。。。
f0078320_2129226.jpg
f0078320_21291172.jpg
f0078320_21291829.jpg
f0078320_21293177.jpg
f0078320_21294923.jpg

優しい瞳で笑いかけてくれたコ。
f0078320_21274158.jpg

飼い主はこの笑顔を一生守ってあげようと思わなかったのでしょうか。
この犬たちがここに居る理由は何なのか、誰か納得のいく理由を教えて下さい。

そういえば、近所にも『手を噛んだから』という理由で愛犬を捨てたいと嘆いていた人がいたっけ…。
そんなことを思い出し暗い気持ちになりましたが、そんな中でも職員さんが懸命に犬たちのお世話をされている姿に逆に励まされる思いでした。


犬たちが抑留されている場所の奥には、言うまでもなく、殺処分機、焼却施設があり、そして今は骨だけになってしまった罪のない犬たちがいます…。
その入口に立つだけで、ここで行われていること一つ一つが生々しく目に浮かびました。
これら施設の全てが必要でなくなる日がいつか来ることを、切に願います。


帰り際、軽トラックで猫を持ち込んだオジサンに捨てる場所がどこか聞かれました。
どこにでも居そうな普通のオジサンだったことが残念でなりません。
オジサンの明るい声から少しの罪悪感も感じ取れなかったことが悔しくてなりませんでした。


この日は7頭の犬を引き出しました。
f0078320_21134721.jpg

f0078320_21205942.jpg

f0078320_21211537.jpg

f0078320_21212532.jpg

f0078320_21213795.jpg

f0078320_21384774.jpg

どのコにも、飛びっきりの幸せが見つかりますように。
そして今まだセンターに居るコたちにも、1頭でも多くのコに幸せな未来が与えられますように。

私も、自分なりに出来ることを頑張ろうと思います。
by centre_report | 2010-06-14 22:02 | 愛護センターレポート
<< 6月17日(木)訪問レポート 6月10日センターレポート その1 >>