ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


6月3日訪問レポート

mikiさんのレポートです。


本日検疫明けの成犬のうち2頭の引き出し・運搬等担当するために、センターを訪問しました。

収容棟へ入る前にまずは仔犬舎へ行きました。

人が来たのが嬉しくて寄ってくる仔犬たち。
f0078320_9445772.jpg

f0078320_945830.jpg

f0078320_9455521.jpg

f0078320_9503994.jpg
 △この2匹は、とても怖がりのようです。2匹ともオスです。

f0078320_22251634.jpg

f0078320_9522532.jpg

△仔犬舎にいた7ヵ月齢程度の3姉妹、昨日の1頭に続いて残りの2頭も引き出しました。


【鑑定室】

f0078320_9545061.jpg

f0078320_9571373.jpg

入ってすぐのお部屋に、やせて皮膚病の老犬がいました。
今までセンター・レポートは何度も何度もみてきました。
必ずと言っていいほど、病気になったから、歳をとったからという
理由で持ち込まれた子たちが写っていました。
実際に、彼らをこの目でみて本当に現実なんだと、命をゴミのように捨てる
人間がいるのだと・・・心底恐ろしくなりました。
f0078320_100194.jpg

f0078320_1001157.jpg

同じ部屋には仔猫がたくさんいました。
ペットショップのガラスケースの中にいる子たちと何が違うのでしょうか・・・。

【検疫室】

検疫中の子たちです。
どうかもう一度太陽の下に出れますように。
f0078320_1075229.jpg

f0078320_1081082.jpg

f0078320_1082353.jpg

f0078320_1083358.jpg

【収容棟】

<1日目>

収容されている仔はいませんでした。

<2日目> 1頭のみ
f0078320_21461666.jpg

f0078320_1010562.jpg


<3日目>
f0078320_10193166.jpg

f0078320_21492976.jpg

f0078320_21495283.jpg

f0078320_21501460.jpg
△この子は今日検疫明け=引き出しです。

<4日目>
f0078320_1013170.jpg

f0078320_21595312.jpg


<最終部屋>
f0078320_10141392.jpg
 △6/3のレポートにも載っていた子です。

f0078320_10291738.jpg

※複数お問い合わせいただきましたので、
とりあえず最終部屋からは出してもらい隔離していただきました。


他の子たちは声がかかっていない子です。
f0078320_2214644.jpg

f0078320_222572.jpg

f0078320_2224678.jpg

f0078320_223569.jpg


f0078320_10242416.jpg
 △少し警戒しているところがありますが小ぶりで可愛い子です。
f0078320_10254245.jpg
 △とても人懐こい子です。検疫をお願いしました。
f0078320_10264248.jpg

f0078320_1028023.jpg
 △穏やかな優しい顔をしています。

何の罪もないのに死と隣り合わせにいる子たちにカメラを向けるのはとても辛かったです。
実際に、この子たちの目をみて声を聞いて匂いを感じて・・・色んな思いで心がぐちゃぐちゃな時に、1匹の老犬が職員さんに連れられやってきました。
f0078320_10341842.jpg

精一杯抵抗し、精一杯助けを求めて・・・
f0078320_1034571.jpg

そして最終部屋に入れられました。
飼い主の持ち込みです・・・。
そして最終部屋に入れられたその子を、涙を流してみていました。
泣きたいのはあたなじゃないでしょう。
訳も分からずここに連れて来られたこの子でしょう。
f0078320_10381542.jpg


f0078320_2295399.jpg
飼い主が立ち去った後も、この子は遠目にもわかるほど足をガタガタと震わせながら、ただ立ち尽くしていました。

f0078320_10461199.jpg
 △この子も飼い主の持ち込み(アフガン 7歳)だそうです。
歩けなくなったからだそうです。

どんな理由も、この子たちにとったらそんなのは人間の勝手ないい訳でしかない。

どうして、どうして、どうして・・・・・。
何をどう考えても理解できない。



大部屋から、検疫明けのGRの女の子とGRmixの男の子を引き出しました。
f0078320_10514316.jpg

f0078320_10521647.jpg

生きてセンターを出れなかった子たちの分まで幸せをつかもうね。

こちらの2頭も、無事検疫が明けて大部屋から引き出しました。
f0078320_2140417.jpg


f0078320_2141792.jpg

抑留棟から成犬5頭と子犬2頭、そして子犬舎からは7ヵ月齢姉妹2頭、合計9頭の引き出しでした。

準備が整いましたら募集を開始致します。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなく、
ちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com(★を@にかえて下さい)
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、
何卒ご了承下さい。


譲渡先・預かり先は、関東圏内限定とさせていただきます。
どうぞご理解下さい。

by centre_report | 2010-06-04 10:57 | 愛護センターレポート
<< 6月10日センターレポート その1 6月2日訪問レポート >>