ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


4月26日レポート

tomotenkuriさんのレポートです。

昨日26日に初参加の一般ボランティア、Mさんと二人で検疫室のお掃除をしてきました。

Mさんは「少しでも小さな命を救えるならできる事は何でもやらせて頂きます。」とボランティアの為にお仕事はお休みをとり、都内からわざわざ来てくださいました。

現地で待ち合わせ、まずは慰霊碑に合掌
f0078320_2491992.jpg


そして仔犬舎の見学へ
f0078320_28298.jpg

写真奥の仔犬舎には3頭+6頭、合計9頭の仔犬達
f0078320_29371.jpg
f0078320_295576.jpg
f0078320_2101146.jpg


写真手前の仔犬舎には2頭+2頭、合計4頭の仔犬達がいました。
f0078320_211161.jpg

f0078320_2112078.jpg
f0078320_2113719.jpg
写真では解りにくいのですが、この仔犬は骨の形が解るくらい痩せていて、立ち上がるのもしんどい様子でした。
表情や目の光はまだしっかりしていますが具合が悪い事は間違いなさそうです。
今、引き出して病院に連れて行けば助かるかもしれないけれど、明日になったらだめかも知れない。
そう思うのに、何の力もない私にはこの子を引き出してあげることができません。
どうか、生きてこのセンターを出てくれますように!祈ることしか出来ない自分が情けないです。

仔犬舎にいる仔犬達はすべてワクチン接種後2週間の検疫を終了して、譲渡会に出る仔犬達です。
やっと検疫を終了した仔犬達ですが、愛護センターの環境は彼らにとってかなり過酷です。
検疫中に感染症で命を落としてしまう子もたくさんいます。

人間の都合でセンターに持ち込まれた為に病気で苦しんで死んで行く・・・
小さな小さな命ですが、その重さは人間と変わりがないと思います。

生まれて来た命の責任を持てないのなら避妊・去勢手術を行ってください。


仔犬舎の見学をしてからお掃除をする収容棟にいきました。

愛護センターの敷地には広々とした公園もあり、天気の良い日はこんな風にとても気持ちの良い場所なのですが
f0078320_217266.jpg

建物の中では毎日毎日、多くの犬猫たちが収容され、そして殺処分されています。

お掃除をするのは大きなステンレスケージがおいてあり仔犬達が検疫を受けている部屋です
f0078320_218369.jpg

12室+4室に別れているケージを中のいぬ達を一度外に出し、洗剤で洗った後消毒して、新聞紙と毛布を敷き犬達を中に戻します。
新聞や毛布のご寄付をいただいているお陰で、新聞をふんだんに敷く事ができ、ウンチがケージにこびりつくことがすくなくなりました。
お陰でお掃除がぐっと楽です。
新聞紙や毛布のご寄付をいただいている皆様、本当にありがとうございます。

12室のケージには仔犬が17頭入っていました
f0078320_2184113.jpg
f0078320_21928.jpg
f0078320_2191558.jpg
f0078320_21927100.jpg
f0078320_219402.jpg
f0078320_2195035.jpg
f0078320_220441.jpg
f0078320_2201496.jpg
f0078320_2203668.jpg
f0078320_2204750.jpg


また、反対面にある4室にはダックス、チワワ、プードルの成犬とボーダーコリー風の仔犬が1頭
f0078320_221122.jpg
f0078320_2212880.jpg
f0078320_2213983.jpg
f0078320_2214860.jpg
ダックスは声帯を切除されているようで変な声で鳴いていました。その上、掃除のために別の場所に移したところ後ろ足が病気なのか?引きずるような歩き方で力がはいらないようでした。
家族として暮らしたであろうこの子から声を奪い、後ろ足の病気も治さずあげくセンターに持ち込んだのは人間です。
どうしてそんなことが出来るのか?私には解りません。

この他に検疫室は4室あり、14頭の犬と3頭の猫が収容されていました。
f0078320_223525.jpg
f0078320_224528.jpg
f0078320_2242074.jpg
f0078320_224374.jpg
f0078320_2245083.jpg
f0078320_225982.jpg
f0078320_2252581.jpg
f0078320_225346.jpg
f0078320_2255678.jpg
f0078320_226569.jpg
f0078320_2261465.jpg
f0078320_2262469.jpg
f0078320_2263614.jpg

f0078320_2523343.jpg
f0078320_2524292.jpg
f0078320_2525212.jpg
f0078320_253294.jpg

検疫を受けている子達は行き先が決まっている子がほとんどです。
元気に検疫を乗り切ってセンターを出てくれる事を祈っています。

ただ、この黒っぽいメス犬は引取をキャンセルされてしまい、行き場がなくなりました。
f0078320_2264831.jpg
引き取り方・預かり先を募集しています。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com
★を@にかえて下さい。

以下、収容部屋の犬達はほとんどが行き先がなく、収容後7日経てば殺処分されてしまいます。
一日目の部屋には6頭いました。
f0078320_2323683.jpg
f0078320_2324932.jpg
f0078320_2325721.jpg
f0078320_2331181.jpg
身を乗り出しているシェルティーミックス風の子はちばわんで検疫中です。

二日目は4頭
奥のほうで、仔犬に見える顔が黒い犬をかばうように白い長毛の子が丸まって、二頭でじっとこちらを見ていました。
どちらもおとなしくとても良い子に思えます。
f0078320_2345497.jpg
f0078320_235531.jpg


三日目は7匹
えさ箱で丸まっている3頭はまだ仔犬に見えます。
右側の白い子はちばわんで検疫中です。
f0078320_2373141.jpg

f0078320_2375941.jpg
赤い首輪の子もちばわんで検疫中です。
f0078320_2381490.jpg
白い秋田犬はおそらく生後半年くらいの仔犬ではないでしょうか?
身体の小さな仔犬2頭をかばうように伏せてこちらを見ていました。
落ち着いたおとなしい子に見えました。
f0078320_2404924.jpg
 ※4/27秋田子犬は返還になったそうです


四日目は6頭
白いモコモコの子と痩せた茶色い子はちばわんで検疫中、それ以外の子は行き先が決まっていないようでした。
f0078320_2421636.jpg
f0078320_2422549.jpg
f0078320_2423313.jpg
f0078320_2424476.jpg
f0078320_2425241.jpg
f0078320_243078.jpg

大人の犬に混じり白い長毛の仔犬が一頭収容されていました。すごく可愛い子でした。
f0078320_2511314.jpg


5日目の最終日は夕方5時近くだったこともあり、他の支所から移送されてきた子が入って17頭になっていました。
この記事を書いている頃にはみな虹の橋を渡ってしまっています。
ここから出してと訴える子、あきらめたように座ってじっと耐えている子。
みんな処分されるような事は何もしていないのに・・・
居場所さえあればそこで新しい飼い主さんを捜すことができるのに・・・
ごめんね・・・・何も出来なくてごめんなさい。
f0078320_2501641.jpg
f0078320_250256.jpg
f0078320_2503454.jpg
f0078320_2504492.jpg
f0078320_2505527.jpg
f0078320_251422.jpg


そして・・・
お掃除をしていた部屋に持ち込まれていた目が空いていないような小さな子猫たち
f0078320_2515710.jpg
f0078320_252714.jpg
乳飲み子達はセンターではお世話ができないので即殺処分の対象になります。
母親と離され、既に何時間もミルクを飲んでいない子猫たちはお掃除をしている間にも徐々に弱って言っている様子でした。

お掃除が終わった後、検疫を終えた成犬を1頭引き出しました。
f0078320_254114.jpg
体調が整い次第、いぬ親さんを募集開始します。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、センターではなくちばわんにお願いします。
問合せ先 korotarouhs★nifty.com
★を@にかえて下さい。
お名前のないお問い合わせメールには対応できない場合もありますので、何卒ご了承下さい。

どうぞよろしくお願いします。
by centre_report | 2010-04-26 23:06 | 愛護センターレポート
<< 4月28日 レポート 4月22日レポート >>