ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


3月4日 センターレポート

tomotenkuriのレポートです。

今日は初めて参加してくださった一般のボランティアさん、
Kさん(男性)、Nさん、Kさん(女性)と私の4名で清掃ボランティアをしてきました。

少し早めにセンターに着いたら、既にKさん(男性)がもう、来ていらっしゃいました。
二人でまずは仔犬舎横の慰霊塔に手を合わせて【合掌】
一日も早く、このセンターで殺処分される動物がいなくなることを祈りました。

慰霊塔近くに2棟ある仔犬舎の向かって左側には合計7頭
f0078320_22294117.jpg
f0078320_22295582.jpg
f0078320_2230209.jpg


右側には合計4頭の仔犬達がいました。
この子達は譲渡会で一般の方にもらわれる仔犬達です。
f0078320_22305784.jpg
f0078320_22311167.jpg


今日は清掃ボランティアとして大きなステンレスケージが設置してある検疫室一室の清掃しました。
鳴き声もすごいし、ケージ内は糞尿でかなり汚れているのですが、皆さんとても手際よく、今日は早かったような気がしたんですが・・。
それでもやはり4人で2時間はかかりました。

これを清潔に保つのは本当に難しいと思います。
毎日毎日、これだけの犬のお世話とお掃除をなさっているO先生を始めセンターの職員さん達の苦労ははかり知れません。
まずは収容される犬(特に仔犬)の頭数が減らないと・・・と思いました。

以下、収容棟の写真はお掃除が終わってから撮らせてもらいましたが、担当の方が不在のためそれぞれの犬の詳しい事は解りません。

収容一日目の部屋には2頭
f0078320_22325340.jpg
f0078320_22331254.jpg
多分2匹とも引き出し予定ありだと思います。

2日目には5頭
f0078320_22371697.jpg

写真が大変暗くて解らないと思いますが、部屋の奥に茶色い半立ち耳の犬がじっと座ったままこちらを見ていました。
おそらく3月3日に香取市貝塚で収容されたオス犬だと思われます。
f0078320_223822.jpg
↑愛護センター収容情報の写真です

相変わらずセッターも多くてこの部屋に2頭いました。
f0078320_22385932.jpg

f0078320_2239285.jpg
↑この犬はちばわんで引き出し予定です。

3日目は3頭
f0078320_22402133.jpg

以下の白い半立ち耳犬と茶色い立ち耳犬は前回のレポートで譲渡先または預かり先を募集した2頭です。
f0078320_22403896.jpg
f0078320_22404614.jpg

f0078320_2241675.jpg
f0078320_22411791.jpg
二匹とも15~20kgくらいのオスですが、フセとオスワリのまま、黙ってこちらをみていました。
とても落ち着いて利口そうな顔立ちですし、性格も職員さんのお墨付きです。
引き続き譲渡または預かり先を募集しています。
f0078320_22415082.jpg
上の2頭と同じ部屋にいたまだ仔犬のような表情のコ。この子も性格は良さそうでした。

4日目は収容犬はいませんでした。

5日目最終日には6頭
皆、おとなしい犬ばかりでした。
f0078320_22424279.jpg
f0078320_22425615.jpg
f0078320_22431648.jpg
3枚目の写真中央の老犬は前回のレポートで他の抑留所から期限切れで移送された犬だと思われます。
2日間でかなり弱ってしまっていて、 立っているのがやっとの様子で写真をとった後、とうとう倒れ込んでしまいました。
後ろ足の間に腫瘍のようなカタマリがありそうですし、背中も毛がなく、遠目に見てもかなり老齢であることが解ります。
飼い主さんはこんな老齢で弱っている犬がいなくなっても捜していないのでしょうか?
今日は施設の中もかなり冷え込んで、コンクリート打ちっ放しで湿った床は本当に寒いと思います。
仔犬や老齢の犬にとってはセンターに収容されているだけで体力を奪われ、体調が悪化してしまいます。
この年まで家族として暮らしながら、最後をこんな場所で「処分」という形で迎えなくてはいけないなんて・・・
せめて、暖かく気持ちの良い場所で最後を過ごさせてあげることもできなくて本当にごめんなさい。

以下は鑑定室にいた3頭
ボーダーコリーMIXは希望者さんから声がかかって隔離されていたのですが、キャンセルになり行き先がなくなったそうです。20キロぐらいでおとなしそうな子です。
f0078320_2246168.jpg
譲渡希望・預かりできる方がいらっしゃいましたら、ちばわんまでお願いします。

収容犬情報に掲載されていた、3月1日に佐倉市井野で収容された犬。
かなり状態が悪そうで、起き上がる事もできずかすかにお腹が動いているのでまだ息はしているようでしたが・・・
f0078320_22474293.jpg

3日前の収容時の写真ではちゃんと立っています。
f0078320_2249928.jpg
洋服を着たまま捕獲され、こんな風になっているとは・・・・
飼い主さんは捜していないのでしょうか?

検疫を受けている犬達
シェルティーMIXは行き先が決まっています。
もう少し頑張ればここからでられるからね!!
f0078320_22512439.jpg


検疫室の入り口に繋がれていた20kgくらいありそうな綺麗でなつっこい子。譲渡先が決まっています
f0078320_2253030.jpg
一生懸命尻尾を振っていましたが、全く鳴き声は上げません。おとなしい子です。

同じ部屋にいた仔犬2頭は今のところ体調も良さそうでした。
f0078320_22541041.jpg
検疫あけまで元気で乗り切って欲しいです。

2つ目の検疫室
入り口に繋がれていた白い犬はまだ子ども???みたいに見えました。こちらも譲渡先が決まっています。 
f0078320_2255740.jpg
おとなしめでしたが、なつっこく尻尾を振ってくれています。

元気の良いビーグルと小柄なコーギー。
f0078320_22555732.jpg
f0078320_22562526.jpg
おそらく行き先が決まっていると思います。コーギーのほうは譲渡先が決まっています。

部屋の一番奥でぽつんと座っていたシーズ。
f0078320_22574165.jpg


前回のレポートで紹介したミックスの4〜5ヶ月仔犬メス。
少しシャイな感じですが、後ろを向いて写真をとっていたら尻尾をふりながらそっと近づいて来ました。
f0078320_2384771.jpg
少し長毛な感じも個性的で可愛いです。
引き続き譲渡または預かり先を募集しています。


次の検疫室
おそらく兄弟と思われる小型犬種の仔犬5匹
f0078320_2393816.jpg
毛布を敷いてもらっているのその上で団子になって暖をとっています。

飼い主の持ち込みでしょうか?ロングコートチワワ 譲渡先が決まっています。
f0078320_23101289.jpg

前回も紹介した生後4〜5ヶ月のオスの仔犬。
f0078320_23112894.jpg
f0078320_23114290.jpg
体重は8kgくらいと思われます。
模様が甲斐犬風でごつく見えますがシャイな感じでおとなしく、こちらを見て尻尾だけ静かにふっていました。
譲渡先・預かり先を募集中です。お待ちしています。

最後の部屋は今日お掃除をした仔犬達がいる部屋です。
ステンレスケージは15室に別れていますが14室に犬が入っていました。
しかも仔犬はほとんど複数で収容されています。
f0078320_23123710.jpg
f0078320_23125781.jpg
f0078320_23132579.jpg
f0078320_23134628.jpg
f0078320_2314266.jpg
f0078320_23143762.jpg
f0078320_23145890.jpg
f0078320_23152914.jpg
f0078320_23155183.jpg
f0078320_2316038.jpg
f0078320_23161430.jpg


仔犬達と同じケージにいたミニチュアダックスの成犬
f0078320_23174820.jpg
必ずと言って良いほど、収容されている犬種です。

引き出し予定ありのセッター
f0078320_23182067.jpg
狭いケージの中にいることがかなりのストレスらしく、ケージの中で落ち着き無く壁を引っ掻いていました。

引き出し予定ありの成犬オス
f0078320_23195251.jpg
お掃除の間中、おとなしく私たちがやることをみていて全く吠えることはありませんでした。
なぜ、こんな良い犬がこんな場所にいなくてはいけないんでしょうか?

おそらく感染症を発症してしまった仔犬
f0078320_23223291.jpg
O先生の指示でこのケージには触らずにおきましたが、かなり状態が悪いようです。
せっかくこの世に生を受けたのに、こんなに小さい時に苦しい病気で命を落とすなんて・・・
すべて無責任な飼い主の責任です。
責任が持てない命なら最初から避妊去勢を行って生まれないようにしてください。

生けとし生きるのも命の重さは皆同じだと私は思います。
いらない命なんてありません。
人間も動物も命の重さは同じ、この世に生を受けながらこんな形で命を落とす仔犬や子猫が一日も早くいなくなるように
一人一人の力は微力ですが、自分が出来ることを少しづつでもやっていかなくては・・・
その思いがまとまればきっと殺処分が日本からなくなる日が訪れると信じています。

帰り際、玄関ホールにあった迷子ポスターを見ていたら職員さんに声をかけられました。
今年に入ってからだけでも、迷子犬猫の届け出は730件あったそうです。
f0078320_23255048.jpg
迷子にしてしまったら、愛護センターだけでなく最寄りの警察、保健所、動物病院、そして万が一事故にあっていた場合の事を考えて市役所にも連絡をしてくださいと言うことでした。

また、保護した犬や猫を届けを出さずそのまま飼育してしまう方もいらっしゃるそうです。
飼い主さんが捜している場合がありますので、犬や猫を保護したときにも上記の施設に届けを出して欲しいと仰っていました。

どんなに注意をしても迷子になってしまう事もあるでしょうが、犬は迷子札やマイクロチックの装着で万が一迷子になっても捜し出せる可能性が随分高まります。
また、ネコちゃんの場合は完全室内飼育で迷子にさせる可能性がほとんど無くなります。

当レポートをご覧になってのお問い合わせは、ちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com
★を@に変えて下さい。

恐れ入りますが、譲渡希望・預かり希望は、関東圏内のみとさせていただきます。
何卒ご了承下さい。
by centre_report | 2010-03-04 22:33 | 愛護センターレポート
<< 3月9日 センターレポート 3月2日 センターレポート >>