ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


1月26日センターレポート

1月26日(火)、ちばわんのいぬ親さんであるH.さんご夫妻と共にセンターに行って来ました。
H.さんはこのたび預かりボランティアを始めて下さることになり、わんこをお迎えがてらの見学です。


まずは、子犬舎へ
f0078320_6195111.jpg

赤いのは、ヒーター入りの敷物です。
ヒーターのないほうの子犬舎は、エアコンで温度管理されています。
f0078320_620590.jpg

f0078320_6202079.jpg
みんな元気そうでした!




抑留棟


1日目の部屋

f0078320_6204091.jpg

f0078320_6221991.jpg
今日の捕獲車はまだ戻って来ていない時間だったので、ここにいるのは譲渡に回す予定の子たちと思われます。
ビーグルは、一般の譲渡希望者さんがいるそうです。
その他の子たちは検疫していただくようお願いしました。
f0078320_6223538.jpg


見学途中で捕獲車の1台が到着し、今日の捕獲犬が入れられました。
f0078320_1013823.jpg
新たに入れられた犬は、どの子も皆不安そう。
でも、新顔にケンカを売るような子もいませんでした。
f0078320_10332528.jpg

f0078320_10371229.jpg



2日目の部屋

昨日の捕獲犬です。
昨日は、もっとたくさんの捕獲犬がいたそうですが、ほとんどの子がすぐに返還になったとO.先生がおっしゃっていました。

この子たちにも飼い主さんがいるはず。
早く迎えに来てあげて下さい。
収容犬情報によると、どちらもオスです。
f0078320_6261076.jpg
f0078320_6262516.jpg
f0078320_6263438.jpg
f0078320_6264166.jpg

f0078320_10361014.jpg


3日目の部屋


▼一昨日の捕獲犬(収容犬情報によるとオス)
人懐こい子です。
f0078320_632032.jpg

f0078320_10345218.jpg


▼この黒い大きめの子は、他団体さんから声がかかっているそうです。
f0078320_6332445.jpg

f0078320_642145.jpg

f0078320_6422640.jpg

f0078320_10351690.jpg



4日目の部屋

子犬以外は全て声がかかっている子たちです。
f0078320_6435360.jpg

f0078320_6453032.jpg
f0078320_6453963.jpg

▼左側の子は、ちばわんで引き受けています。
すでにいぬ親希望者さまからお声をかけていただいています。
f0078320_6474934.jpg

▼ちばわんで引き受けました。
f0078320_6483435.jpg



最終の部屋

空っぽでした!
「さっき、全部向こう(1日目の部屋)に移しておいたんだよ!」と、おじさんが嬉しそうにおっしゃっていました。

ただし、夕方になると移送の犬たちを乗せたトラックが来ますので、この部屋が空っぽのままとなるかどうかはわかりません。
それに・・・持ち込みの大きな土佐犬が、すでに処分されていました。
例え短時間でも他の犬と同室に入れることが危険な犬種は、持ち込まれたら即日処分となります。


検疫室

小型犬たちは、行き先が決まっているそうです。
f0078320_701563.jpg
f0078320_702671.jpg

f0078320_704234.jpg


それ以外は、子犬のオン・パレード!
来週、10頭以上が子犬舎に移動する予定だそうです。
f0078320_7461.jpg
f0078320_741598.jpg
f0078320_743660.jpg

f0078320_751595.jpg
f0078320_752312.jpg
f0078320_753278.jpg

▼ちょっと大きめの子犬たち。全員メスでした。
f0078320_755659.jpg

ちょうどこの子が他の子に攻撃されていたので
f0078320_10292055.jpg

O先生が姉妹から隔離しました
f0078320_10295095.jpg

f0078320_10313021.jpg

f0078320_76555.jpg

f0078320_10185873.jpg

▼この子たちには、それぞれ首輪と名札らしき物がついていました。
飼い主または拾った人が、新たに飼ってくれる人を探すつもりだったのかも知れません。
せっかくやりかけたのに、すぐにあきらめてしまったのでしょうか。
皮膚の状態が、少し悪いようです。
f0078320_10191283.jpg


▼この白い子犬は病気に打ち勝ったようです。
f0078320_1013687.jpg
とても元気にしていました。
生後4ヵ月ぐらい、きょうだいと思われる3頭で捕獲されましたが、他の2頭はおそらくパルボと思われる症状で逝ってしまいました。
ちばわんで引き受けたいと思います。


f0078320_774132.jpg
そして今日お迎えしたのはこの子です。
H.さんがすでに可愛い名前を用意して下さっていました。

首輪とハーネス・リードを着けてもらい、外に連れ出したらとても元気にダッシュしていました。
久々のお外だから、嬉しいよね。
それでも、クレートにもすんなり入って、帰りの車中ではおとなしくおりこうにしていました。

これから医療処置などを済ませ、間もなくちばわんでいぬ親さま募集を開始します。


当レポートをご覧になってのお問い合わせは、ちばわんまでお願いします。



「センターの環境が酷過ぎるのでは!?
職員さんたちには助ける気があるのですか!?」
というお問い合わせをいただきました。
こちらの職員さんたちは、1頭でも多く助けたいとの方針で膨大な量のお仕事をこなしておられることを、古い施設のまま環境改善にも努力しながら、たったの数年でここまで開けたセンターに変える仕事をして来られたことを、毎週訪れている私たちは知っています。

そのことが伝わらなかったのは、当レポートの表現に問題があったかも知れないと思います。

ぜひ一度、センターを訪れ、ご自身の目で現状をご覧になっていただきたいと思います。
そして、環境改善のためには何をすべきなのか、ご自分には何ができるのかをどうか一緒に考えて下さい。

お掃除ボランティアにも、よろしかったらぜひどうぞ。

また、お問い合わせ下さる場合には、ご記名をお願いしたいと思います。
by centre_report | 2010-01-27 07:17 | 愛護センターレポート
<< 2月3日センターレポート 1月21日(木)訪問レポート >>