ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分
のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を
持って 正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクもお願いします
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


1月7日センター・レポート

1月7日、今年最初のセンター訪問です。

9年前、ちばわんを始める前から尊敬していた憧れの方、作家の渡辺眞子さんから、ナントちばわんに取材の申し込みが!
ぜひに!とセンター見学&引き出しに同行していただきました。


眞子さんによるちばわん活動の記事は、毎日新聞26日の朝刊に掲載の予定とのことです。

現実をたくさんの人に知って欲しい、眞子さんが書いて下さることによって、多くの方に読まれることでしょう。





まずは子犬舎から。
f0078320_19435616.jpg

f0078320_19274587.jpg

f0078320_19304396.jpg

f0078320_19323348.jpg

f0078320_19325290.jpg

無事検疫が明けて、子犬舎に移ったばかりの子犬たち。
今月行われるであろうセンターの譲渡会に向けて、ここで体調を整えながら過ごします。

今日は、ここからは引き出しを行いませんでした。



抑留棟へ

1日目の部屋には4頭
全て、行き先の決まっている子たちです。
f0078320_1934558.jpg
生後4ヵ月ほどの子犬2頭は、無事検疫明けを迎えて今日引き出しです。
2週間前には3頭いたのですが、今日の日を迎えることができたのは2頭だけでした。
やはり、ここは非常に過酷な場所なんです。

↓12月28日の画像です。この日はこの子もまだ元気にしていました。
f0078320_7172659.jpg

年内最後の訪問日に検疫をお願いした成犬のうちの3頭も、年末年始にかけて亡くなってしまいました。
f0078320_7211542.jpg

f0078320_7214148.jpg

(↓12月25日の画像です)
f0078320_7254690.jpg






さて、1日目部屋の続きです。
↓この子は、明日一般の譲渡希望者さんが迎えに来るということでした。
f0078320_19353499.jpg

↓この大きめの子はちばわんで検疫をお願いしています。
f0078320_19355923.jpg
来週引き出し予定です。
自身も子犬を産んだことがあったらしく、同部屋収容の子犬たちがいつもこんな風にくっついていたのが、とても印象的でした。


2日目の部屋

昨日捕獲・収容の子たちが入っていました。
f0078320_19415859.jpg

f0078320_19395147.jpg

f0078320_1940297.jpg

f0078320_19402510.jpg

f0078320_19404484.jpg

f0078320_19411562.jpg

f0078320_19413310.jpg
この中から、何頭か検疫をお願いして来ました。

3日目の部屋
f0078320_19434031.jpg

このところ、ビーグルの収容が多いような気がします。
行き先が決まってないそうです。

4日目の部屋
f0078320_19451414.jpg

f0078320_19452637.jpg

2頭収容されていました。
2頭とも、検疫をお願いしました。

そして最終部屋
f0078320_19455095.jpg

f0078320_1946698.jpg

f0078320_19463017.jpg

手前の子たちは2頭とも、人馴れしている様子でした。
静かに、じっとこちらを見ていました。
まるで・・・、助けてくれるのかくれないのかなど関係ないよ・・・とでも言いたげな、無垢な瞳でした。

もう、この瞳には会えません。



そして、おそらく今日収容されたばかりの乳飲み子犬。
f0078320_21281937.jpg

何故か、1頭だけでした。
母きょうだいから離された末に、こんなところで1頭だけでは、もう命の灯が消えるのは時間の問題と思われました。
最期の力を振り絞り、声をあげた子犬・・・眞子さんが、持っていたカイロをそっと子犬の身体の下に差し入れてくれました。





ここから下は、検疫中の子たちです。
行き先が決まっている子も決まっていない子もいますが、処分対象からは外れています。
f0078320_19474630.jpg

f0078320_194889.jpg

f0078320_19482921.jpg

f0078320_19511335.jpg

下の2頭はこの日検疫が明けたので、ちばわんで引きだしました。
f0078320_19484816.jpg

f0078320_1949677.jpg


↓この子の受け入れ先を至急探しています。
12~3キロ程度のメス、検疫室の、いつも仔犬が入れられているスペースに隔離されましたが、もう高齢に見えました。
柴っぽい顔のMIXで、とてもおとなしく、ただ毛布の上で横になっていました。
目は、やや白内障っぽく見えます。
f0078320_7331773.jpg

受け入れのできる方、また、長期の預かりになるかと思いますが預かれる方はぜひ、ちばわんまでお問い合わせ下さい。
同じ子の25日の画像(上)と28日の画像(下)です↓
f0078320_9314522.jpg

f0078320_9315799.jpg

問合せ先:korotarouhs★nifty.com(担当:吉田)
(★を@に変換して下さい)


子犬たちは、無事検疫明けの日を迎えられるよう祈るのみです。
f0078320_19513633.jpg

f0078320_19515076.jpg

f0078320_1952594.jpg

f0078320_19523093.jpg




本日は、1日目の部屋に居た子犬2頭と、検疫の明けた成犬4頭を引き出しました。
すみません、写真がありませんが・・・医療処置を終えてから、間もなくちばわんからいぬ親募集を開始します。
by centre_report | 2010-01-08 19:56 | 愛護センターレポート
<< 1月12日センター・レポート 愛護センターレポート >>