ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


12月24日センターレポート

年の瀬で道路は混んでいました。
世間ではクリスマス・イヴの日、今週も引き出しのためセンターへ。
画像撮影はモカママさん、他に運搬&作業のためW.氏、T.氏、それに、預かりのふぉっくすママさんの5名での訪問でした。

まずは、子犬舎を訪れました。
f0078320_1615252.jpg

f0078320_16151731.jpg

f0078320_16153016.jpg

f0078320_16154338.jpg

無事検疫が明けて、今日子犬舎へ移動となった子犬たちを職員さんがシャンプーしていました。
f0078320_1616836.jpg

人が怖かったのか、最初は噛むそぶりをしていた子犬も、抱っこしてしまえばこの通り。

中には具合の悪そうな子犬もいました。
f0078320_16163213.jpg



子犬舎から7頭の引き出し作業を終えて、あと3頭、検疫明けホヤホヤの子犬を引き出そうと抑留棟へ移動したら・・・


f0078320_161761.jpg

続々と新たに収容された子犬たち。
数えたら、全部で11頭いました。

イタチごっこというのでしょうか?
これでは減るはずもありません。
空しさを感じました。

一生にたったの1回、不妊・去勢手術を受けさせればいいだけなのに。

たったそれだけのことをしてくれるだけで、こんなことは終わりにできるのに。



抑留棟


1日目の部屋
f0078320_16172681.jpg

バセットMIXの男の子は、ちばわんで引き受けることにしました。
これから検疫を受けるため、引き出しは年明けになります。

2日目の部屋
f0078320_16173770.jpg

珍しい毛色の子、まだ収容されたばかりなので、飼い主さんがお迎えに来るかも知れません。

3日目の部屋
f0078320_16175016.jpg

子犬たちには、検疫をお願いしました。

4日目の部屋
f0078320_1618488.jpg

何頭かは声がかかったようで、O先生がワクチンを打っていました。
しかし、手前に寄って来た懐こい子は大きめで、声はかかっていないようです。

最終の部屋
f0078320_16183556.jpg

f0078320_16184966.jpg


鑑定室


↓トラバサミで怪我をして収容された子犬は、体調を崩していました。
f0078320_16191452.jpg


かなり前に負傷犬として収容された成犬の女の子。
f0078320_16202213.jpg

ちばわんで引き受けることになっています。
性格は良さそうです。
あともう少し、頑張って!

とても小ぶりの柴犬が新たに収容されていました。
f0078320_1621049.jpg

目が見えない様子ですが、それ以外は足腰もしっかりしてそうで元気そうです。
おそらく体重は5~6キロのおとなしい子です。
見ると、首輪に注射済み票までついていました。
飼い主持ち込みで収容されたようです。

※追記;この日の捕獲犬でした。
収容期限の1月5日までに、飼い主さんが現れてくれればいいのですが。



愛犬が歳を重ねてこんなに長生きしてくれていたら、私だったらとても幸せを感じると思います。
元気に生きててくれることが嬉しくて嬉しくて、一日一日を感謝しながら共に暮らすでしょう。
手放すことなど、絶対に考えられるはずもない。

こんな年齢になった子をセンターに持ち込んだりする人間が存在するということすら信じられないのに、これが全く珍しい事例でなくしょっちゅう起こっているという現実。
心底落胆してしまいます・・・
その人にとって、この子の存在とは、いったい何だったのでしょうか。


検疫室

ボーダーコリー風のMIXの子はすでに検疫に回されていましたが、体調を崩していました。
f0078320_16212221.jpg

立ちあがってお水を飲んだりオシッコしに行ったりはしていたので、まだ体力はありそうです。
頑張れ~!
ちばわんで引き受けるとお返事しました。

子犬たちも、頑張るんだよ!
f0078320_16221929.jpg

f0078320_16223644.jpg



※追記;残念なことに、負傷子犬とボーダーコリー風MIXの子は、今朝亡くなっていたと連絡がありました。



結局この日ちばわんでは、成犬1頭と、生後半年程度の子犬1頭、幼い子犬10頭の合計12頭を引き出しました。

この日引き出した子たちです。
f0078320_1623589.jpg

f0078320_16231867.jpg

f0078320_16233568.jpg

f0078320_16235239.jpg

f0078320_16241894.jpg

f0078320_16243273.jpg

f0078320_1625068.jpg

運搬さんたちの手で、東京神奈川方面の預かりさんたちへも届けられました。

無事預かりさん宅へ移動した子犬たちのうち、生後2ヵ月の子犬1頭が緊急入院となりました。
経口栄養はもはや摂れず、体重1キロの小さな身体で、点滴に繋がれて現在頑張っています。

何とか乗り越えてもらいたいです。
by centre_report | 2009-12-25 16:27 | 愛護センターレポート
<< 12月25日 センターレポート 12月22日 センターレポート >>