ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


愛護センターレポート(10月29日)

歓ママさんのレポートです。

10月29日、天母さんと一緒に初めてセンターを訪問しました。
一度は自分の目でみなくてはとずっと思っていたセンター訪問です。

この日は午前中から3名の方がお掃除ボラのためにいらしていました。
私たちは午後からの引き出し時に同行させていただきました。

子犬舎では、14匹の元気な子犬が!

f0078320_113558.jpg

f0078320_115564.jpg

f0078320_1172980.jpg

f0078320_1185637.jpg

f0078320_1202774.jpg

どの子もかわいい盛りです。
社会性を養う大事な時期をこの場所で過ごしているのですね。。。

この子犬はとても臆病なようですが、そーっと近づいてきてくれました。
f0078320_1435678.jpg

f0078320_1441962.jpg


近々開かれる譲渡会のため、オスの子犬は脱毛のある2匹と、あまりに長くこの場所にいる2匹の計4匹だけを、5匹のメスの子犬とともに引き出しました。
残された子にも良いご縁が繋がることを願わずにいられません。


子犬舎の横には、慰霊碑があります。
生きることができなかった子たちの分まで幸せになってほしいものです。

f0078320_1235224.jpg



この日持ち込まれた、生まれたばかりの小さな命です。
f0078320_1252470.jpg


目も開いていない子犬や子猫がダンボールに入れられていました。
中にはおっぱいを探してお口をチューチュー鳴らしている子もいました。
こんなに小さい子をどうして捨てることができるのでしょう。
センターでは乳飲み子のお世話ができません。
この小さな命は即日処分となります。
命を粗末にすることは許されることではありません。
どうか去勢・不妊手術をしてくださいそうすれば、悲しい思いをする子たちは確実に減っていくのですから・・・


負傷部屋には猫もいました。
怪我をしているのか、動くことなく丸くなっていました。

f0078320_12937100.jpg


この茶トラの子もどこか元気がないようでした。でもとってもかわいいお顔の子です。

f0078320_131961.jpg



検疫室にも多くの子犬がいました。
どの子も遊んでほしくて私たちのそばへやってきては「遊ぼう~」とアピールしています。
「もう少しだけここで頑張って、そうすればお外の空気をいっぱい吸えるからね!」
みんな無邪気であどけない魅力いっぱいな子犬たちです。

f0078320_1341586.jpg

f0078320_134484.jpg
f0078320_13725.jpg


10月23日のセンターレポートにも写っていた、ちょっと怖がりな子もこちらをみてくれました。
f0078320_140025.jpg


この子はちばわんで引き出し予定です。
f0078320_1414619.jpg


冷たいコンクリートの床でなくあったかいお家でゆっくり眠りたいよね。。。
f0078320_1463760.jpg




ここからは収容棟です。

時間が早かったせいか1日目のお部屋には誰もいませんでした。


2日目のお部屋。。

f0078320_1501341.jpg


みんなの無言の叫びが聞こえてくるようです。
「ここからだして・・・」と・・・

f0078320_1523473.jpg


f0078320_1535614.jpg


f0078320_215023.jpg



3日目のお部屋

f0078320_1564783.jpg


奥にいる子はずっと動かずにいました。


最終日のお部屋

f0078320_159144.jpg


ここには2匹の成犬がいましたが、どちらも引き取り予定があるということでこの後検疫室へ移動になりました。
無事に希望者さまのもとへ行かれるといいね!
f0078320_205358.jpg
↑※残念ながら、この翌日に(おそらく感染症で)亡くなってしまったそうです。


f0078320_213584.jpg



f0078320_255845.jpg

ガス室へと続くお部屋です。
この狭い場所へ押しやられそして、最期のときを迎えるのです。
それはけして安楽死ではなく、もがき苦しんで死んでいく非情な最期となるのです。


どの子にも暖かい家族が必要です。
もしも家族として迎えたいと思われる方、預かりたいと思われたかた、
ちばわんまでご連絡ください。


今日引き出した子は12頭。。
みんな預かりさんのお家へ移動していきました。
健康診断などをして落ち着きましたら、いぬ親様を募集したいと思います。
詳細は後日、ちばわんHPで掲載されます。


引き出した子を代表して・・・

f0078320_211409.jpg


柴犬の男の子、おとなしくて人馴れも大丈夫そうでした。
そばにいた子犬にもやさしくご挨拶できていましたよ。

みんな、幸せになろうね!
by centre_report | 2009-10-30 02:18 | 愛護センターレポート
<< 愛護センターレポート(11月5日) 愛護センターレポート(10月23日) >>