ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


9月3日(木) センターレポ

杏さんのレポートです。



センターを訪問してきました。

玄関には沢山の迷子犬猫捜索のポスターが・・。
脱走対策はやってやりすぎることも、完璧もありません。
定期的にリードや首輪は痛んでいないか、お家の中で脱走しそうな場所はないか、
ぜひ確認・対応して、大切な愛犬愛猫を守ってあげてください。

f0078320_1447472.jpg




負傷犬・隔離部屋

▼いかにも性格の良さそうな子。
 「ボク、いい子にしているよ。だからお願い。少しだけこっちを見て」
 そう言っているかのように静かにこちらを見ています。その尻尾はユラユラと愛情を示してくれています。
f0078320_14472394.jpg


▼小さな体に折れた足。
 ブルブル震える瞳は怯えで溢れています。ちばわんで引き出しました。
f0078320_14473853.jpg




■1日目の部屋

▼声のかかっている子が入っていました。
 みんな元気に生きてここを出るんだよ。頑張れ。
f0078320_14475447.jpg






■2日目の部屋

▼がっちりした体つきのガンドック。
 今まで人のために頑張ったのに、行き着いたのはここなんですか・・・
f0078320_14483741.jpg



▼奥の横たわった茶色の子のお顔を見ることは出来ませんでした。
 深く浅い呼吸。。具合が悪いようです。。
f0078320_1448556.jpg

※手前の茶色い子はちばわんで引き出し予定です。




■3日目の部屋

▼戸惑って戸惑って、どうしたらいいのか分からずに叫ぶ犬。
 キレイなカラダからは今にもシャンプーのかおりがしそうです。
 この子は声がかかっていません。どなたか助けてあげられる方はいらっしゃいませんか?
f0078320_14492876.jpg


▼あきらめたかのような雰囲気のビーグル。
 とても性格が良さそうです。誰からも声がかかっていません。。
 この子にあきらめないでいいよ。うちへおいで!って言ってくださる方はいらっしゃいませんか?
f0078320_1450183.jpg





■4日目の部屋

▼ガンドックのようです。
 お耳の黒毛が可愛い。。この状況があまりよく分かっていないようです。
f0078320_14502214.jpg



▼とってもキレイな柴犬風の子。
 写真を撮る時はこんな風におすまししてくれました。
 元気いっぱいの子だそうです。
f0078320_14503947.jpg



■最終日


▼あきらめた子。あきらめきれない子。なにも分からず回り続ける子。
固まり続ける子。怯えている子。呆然としている子。・・・・死に行く子たち・・・・

f0078320_14511241.jpg



中央の鼻が黒い子は前回のセンターレポでも載っていました。
カメラを向けるとすっと駆け寄り尻尾を振って見せてくれました。
その優しい気持ちに何も応えてあげられなくて涙が出そうになります。
それでもこの子は優しく尾を振り、まるで「泣かなくていいよ・・・」って言ってくれているようです・・・。

f0078320_14514528.jpg


▲この子はケンカが始まるとカラダを入れて制止していました。
 徘徊している老犬を心配そうに見守り、怯えて丸くなる子の側を離れません。
 堂々としたその姿からは「一緒に死のう。だから怖くないよ。大丈夫だよ」
そんな風に言っているように見えました。


この子達が死んでしまうなんて・・・本当にいいのでしょうか?


f0078320_14524492.jpg


f0078320_14525864.jpg


f0078320_14532325.jpg


f0078320_1454454.jpg


f0078320_14561011.jpg


f0078320_14562092.jpg



この日の午後にもほかの場所から犬猫たちが運ばれてきます。
処分されるために。

最終の部屋は今頃満杯になっていると思います。。
怖がっていた子たちはさらに恐怖を強めて、今頃きっと震えているはず・・・
最期のごはんさえきっと恐怖でまともに食べれずに・・・





■検疫部屋

お声のかかっていない譲渡対象犬をご紹介します。

▼ちょっとお年を召したかなと思われるビーグルちゃん。
 お乳に出産したあとがありました。子はいません。
 何度もリードいっぱいに駆け寄ってくれました。
 優しくて人が大好きなビーグルちゃんです。
 この子と穏やかで甘い日々を送ってくださる方はいませんか?
f0078320_14554814.jpg

f0078320_14555687.jpg



仔犬舎にも沢山の犬たちがいました。
譲渡会もあるそうなので今回はレポには掲載しませんでしたが、
募集をかければお問い合わせが殺到すること間違いなし!の子たちが沢山。

それでも毎週毎週沢山の子犬たちが収容されれば「飼い犬の幸せ」の椅子は確実に減ります。
検疫に入れても体力の無い小さな子たちはひとたび病気にかかれば簡単に命を落とします。


ほんの少しの手間とスペースがあって、
愛情なら沢山あげられるよ!っていう方の名乗りがあれば生きていける命たち。


どの子もみんな、
命を救ってくれた人に、その命をかけて愛情をもらたしてくれます。

・・・・・・・・・・・・・ 生きさせてもらえれば ・・・・・・・・・・・



もうこれ以上、死ぬだけの命を生み出さないでほしい。。。

「幸せの椅子」をどうかこの子達にも残してあげてほしい。。。

犬猫たちの最期のときまで、
飼い主が世界で1番好きな人であり続けてほしいと思います。



お問い合わせはちばわんへお願いします。
尊い命がむやみに奪われることに心を痛めてくださる方からのお申し出を心からお待ちしています。

※11日(金)午前10時頃から、検疫室のお掃除を一緒にできる方がいらっしゃいましたら、こちらもちばわんまでご連絡下さい。
よろしくお願いします。
by centre_report | 2009-09-03 20:14 | 愛護センターレポート
<< 9月10日(木)センター・レポート 8/28(金)センターレポート >>