ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


8/28(金)センターレポート

ひなのんさんのレポートです。


28日にセンター内の検疫室の清掃&消毒に

ちばわんスタッフのHさんと共に行ってまいりました。

においと暑さと犬達の大きな吠え声とでクラクラっとめまいがしそうな中のお掃除でしたが

この中にずっといなければならない犬達のストレスは相当なものだと
改めて感じました。


今回は検疫室の一部屋のみのお掃除でしたが
それでも二人がかりで一時間半位はかかったと思います。


普段はセンターのO先生がお一人で掃除されてますので
これは本当に大変だと思いました。






譲渡用の子猫が6頭ほどいました。
譲渡用と言ってもまだ引き取り先が決まっているわけではありません。


私たちの気配を感じるとゲージをよじ登って
近づいて来ようとしていました。下の奥に写ってる白い子は
体調が悪いようでずっとうずくまっていました。

f0078320_19374031.jpg



負傷犬室


交通事故にでもあったのでしょうか?
立てないように見えました。

まだ生後3~4カ月位だと思います。


f0078320_19383252.jpg




撮影の為に少し開けた扉から思わず顔を出した子です。

人懐っこい子のようです。

f0078320_19385729.jpg





シーズー、メス、首輪なし、白内障と情報にありました。
とても小さく、そして老犬です。

こんな老犬が自力で首輪抜けし、飼い主の元から逃げ出せるでしょうか?
センターで老犬を見かける度、やりきれない思いがこみ上げます。

f0078320_19391424.jpg




一日目の部屋



仁王立ちしてますが
明るく性格の良さそうな子でした。

f0078320_19404782.jpg




見るからに性格のよさそうなビーグル。
最近、本当によくビーグルが収容されていると感じます。

f0078320_19412940.jpg




この子はちばわんで引き受けることにしたそうです。

f0078320_19424953.jpg





二日目の部屋


f0078320_1944566.jpg



まだ子犬です。

不安で押しつぶされそうなのか
ジッと動かぬまま、こちらの様子をうかがっています。

子犬らしい無邪気な表情を見る事はできませんでした。

f0078320_19451393.jpg




三日目の部屋です。


元気が良く、人懐っこい黒ラブ?

一生懸命お座りをして見せてくれました。
この子も引き出し予定があるそうです。

f0078320_19462631.jpg




ここにもビーグルです。

この子も元気がとても良かったです。

f0078320_19465737.jpg



f0078320_19472381.jpg


f0078320_20263769.jpg


※とても残念な出来事がありました。
ゴールデン(MIX)老犬の子が、この日亡くなってしまいました。

実は、前回のレポートを見て、この子の受け入れを決めたメンバーがいました。
「早く出して、柔らかい所で寝かしてやりたい」と、お迎えの日程も決まっていたんです。





四日目の部屋には収容犬はいませんでした。


最終部屋

f0078320_19495054.jpg





f0078320_195064.jpg



子供をどこかで産んだ様子がお乳の赤みや張り具合から見てとれます。
体調が悪いのか小刻みにずっと震えていました。

もしかすると張ったお乳が痛いのかも・・乳腺炎でも起こしているのかもしれません。

f0078320_1950224.jpg




元気が良い男の子です。

すごく痩せていました。

f0078320_19594850.jpg




セッターでしょうか?
この子の独特の優しい雰囲気に魅入られたのか
気づけば何枚も写真を撮っていました。

私の思う、この子のとっておきの表情です。

f0078320_2001965.jpg





f0078320_2004049.jpg




この子はきっとこの状況にとても怯えているのだと思います。
ずっと口から涎を垂らしウロウロと歩きまわっていました。

f0078320_203597.jpg





斜頸の子で、ずっと同じところをぐるぐると回っていました。

f0078320_2063367.jpg




検疫室



O先生が優しく頭をなでたら、目を細めました。

3日前の訪問時には、最終部屋の中でとても元気よく愛想よく
尻尾をフリフリしていたそうです。

検疫室に移されたものの、元気がなくなってしまいました。
そして、行き先は決まってないそうです。

前回オスだと聞きましたが、メスだったとのことです。


f0078320_207755.jpg





つぶらな瞳で不思議そうにこちらを眺める子犬。

f0078320_2075263.jpg




f0078320_20101097.jpg



f0078320_20104294.jpg




プードルはまだ引き取り先が決まっていないそうです。
毛玉の塊だったようなこの子を
個人ボランティアの方がきれいにシャンプーとカットをしてくださったそうです。

f0078320_2012076.jpg



純血種はこの日も非常に多かったです。

まるで使わなくなったオモチャを捨てるみたいに
簡単に飼育放棄する人のなんと多いことか。

f0078320_20134713.jpg




成犬になったら想像していたのと違った。

ちっとも言う事を聞かなくなった。

うちにはお金がないのに病気になっちゃった。

飽きちゃった。

思ったより手が掛る。


理由はそんなところでしょうか?


こういう大人達がいったい
どんな教育を子供達にできると言うのでしょうか?


f0078320_2015365.jpg





左上の柴犬風の子はちばわんで引き受ける予定の子です。

右上の元気な子と

左下のお目目クリクリの子はこの日引き出されました。
(この子はお掃除を一緒に担当されたHさんがお預かりをしてくださるそうです)

右下「無事に出られて良かったね」と二匹で話しているように見えました。

f0078320_2016812.jpg



引き出された子達の運搬をしてくださった方
お預かりの方々、ありがとうございます!お疲れさまです。

様々な方の協力があってこそ、多くの犬や猫達を幸せへと導けるのだと思います。



こちらのセンターでは、機会があれば
学校に出向き、子供たちをデモ犬と触れ合わせたり

犬や猫の飼育に飼い主としての責任を持ち
命を粗末に扱わないでほしいと教えています。

犬の鼓動を聞かせて、自分達と同じように生きていると教えている様子です。

f0078320_2017232.jpg



本来なら身近な大人が教える事べき事かもしれません。

f0078320_20174088.jpg


この子たちに恥ずかしくない行いを
大人達はしなければなりません。

f0078320_20175351.jpg



この日はO先生が他の方を案内されていたので
引き取り要請の有無があまり確認できませんでした。

預かれる子や引き取りたいと言う子がいましたら
ちばわんまでお問い合わせをお願いいたします。
by centre_report | 2009-08-29 20:34 | 愛護センターレポート
<< 9月3日(木) センターレポ 8月25日(火)センターレポート >>