ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


8月14日(金)センターレポート

tomotenkuriさんのレポートです。

イギー君の引き出し以来、4ヶ月ぶり8月14日(金)に愛護センターに行ってきました。

世間はお盆休みですが、この施設は関係ありません。
写真をとらせてもらうのにまず、仔犬舎に回ってみました。
うれしいことに私が今まで見た中で一番少ない頭数の仔犬達がいて、全部で7頭。

仔犬舎は建物が2棟あり、向かって右手には少し大きくなった仔犬達5頭が・・
e0135972_5355883.jpg
e0135972_53683.jpg
e0135972_5361760.jpg
e0135972_5364454.jpg
e0135972_537825.jpg

左側の棟には月齢の小さい良く似た仔犬2棟がいました。
e0135972_5371619.jpg

この仔犬達は、愛護センターで行っている譲渡会に参加する仔犬達です。
過酷な環境の中、生き延びた小さな命、可愛がってくれる飼い主さんが見つかることを祈ります。

仔犬舎近くの動物慰霊塔。
e0135972_5354599.jpg

お花を持参したら、職員の方が取り替えてくださいました。
罪もないのに、毎日たくさんの動物が殺されています。
一日も早くこのセンターでの殺処分がなくなりますように・・・・
虹の橋を渡ったたくさんの動物達が天国で安らかにいられますように・・・・
手を合わせてきました。

現地で他の方達と待ち合わせでしたので収容棟の方へ回ろうとしたら、先に到着して今日引き出したシェルティーを屋外でシャンプーしようとしているみんなに会いました。
ちばわんの愛護センターレポートでも何度も紹介されている飼い主が母子で持ち込んだシェルティーのお母さんです。

全身に絡んでいる糞などの汚れであまりに臭いがひどいので特別にシャンプーさせてもらってから運搬するとのこと。
この子を預かるボランティアさんもきていました。
e0135972_635675.jpg

4人がかりで始めたのですが、いったい何年放置したらこのようになるのか・・
抜けたアンダーコートが毛玉になり、そこにウンチがこびりつき・・・
おそらく蒸れて不潔な状態だったために、全身の皮膚がひどい皮膚炎を起こしてしまっていました。

今日は別のワンコの運搬担当のはなへいママがセンターでお借りしたバリカンできれいにカット。
e0135972_673188.jpg
e0135972_674456.jpg

まるで、ぬいぐるみのようにおとなしかったシェルティーですが、皮膚が見える程度になったらやっと
自分でブルブルしたり、前脚を舐めたりし始めました。

カットして気がついたのですが。左前肢の付け根に大人のこぶし大の大きな腫瘍がありました。
e0135972_675376.jpg


持ち込んだ飼い主によると11歳と言うことでしたが、肉球は仔犬のようにプニョプニョで、身体もぽちゃぽちゃしていますが筋肉がほとんど付いていない感じです。
おそらく狭い所に閉じこめて散歩もほとんど行っていなかったのでしょう。
ただ立っているのも疲れる様子で途中からごろんと寝ころんでしまいました。
e0135972_610480.jpg


4人がかりで2時間格闘。
まだまだきれいにと言う訳にはいきませんが、お陰で皮膚にシャンプーが届くまでになりました。
長時間、おつかれさま!
e0135972_6135815.jpg


全身の皮膚の状態が悪く、腫瘍も見つかったため、預かりさんがすぐに病院に連れて行ってくれるそうです。
2時間のシャンプーの間、一度も鳴くことなくおとなしくて性格の良いワンちゃんです。
一日も早く健康を回復してこれからの犬生を楽しめるようになって欲しいです。

今日は担当の職員Oさんが夏休みで収容されている犬達について、詳しいことが分からないと言うことでした。
1日目の部屋には5頭がいました。
e0135972_21155073.jpg

おそらくこの子達は引き取り先が決まっているのでは?と言うことでした。

2日目の部屋には4頭、3頭分の写真しかありませんが・・・
e0135972_21173792.jpg

e0135972_21261236.jpg
e0135972_21262260.jpg


3日めの部屋には5頭。
e0135972_21163955.jpg

イエローと黒のラブラドールがそれぞれ1頭、ビーグルもいました。

黒いラブはこの日、栃木から見学にきてくれた、ちばわん卒業生のいぬ親さんが預かりを申し出てくれました。

4日目の部屋には犬がいませんでした。

そして最終5日目の部屋には、柴犬ミックス風のきれいなワンコが一頭だけ。
e0135972_2132396.jpg

悲しそうに遠吠えしていました。
収容部屋にいるわりに汚れていなくて、歯も白くまだ若そうなのですが、眼球が飛び出て涙焼けがひどいです。
おそらく目の病気みたいで、フラッシュの光は感じるようですが視力がほとんどないみたいです。
e0135972_2134030.jpg

e0135972_2134131.jpg

週明けの月曜には処分が無いそうなので、それまでに預かりが見つかれば検疫に回せるかも知れません。
体重もおそらく8kg程度のメス、性格も穏やかそうな子でした。

私が何度か愛護センターを訪れた中では収容されている犬が一番少なかったと思います。
ちばわんでは来週引き出し予定で8頭の犬を検疫にかけてもらっていたのですが、そのうち5頭しか見あたりませんでした。
確認してもらったところ、3頭はやはり亡くなっていました。先週、あんなに元気だったのに・・・

愛護センターはこのようにせっかく殺処分を免れても病気で命を落とす事も少なくない過酷な環境です。
収容される犬の頭数が減り、一頭づつ収容できる環境になり、衛生面など職員の方の目が充分に届く環境で新しい飼い主さんを待てる日が千葉県の愛護センターでもいつかきますように・・・。

ここから先は、検疫に回してもらったワンコ達。
ほとんどが引取先が決まっているらしいです。
e0135972_21435534.jpg
e0135972_2144426.jpg
e0135972_21585272.jpg
e0135972_2159224.jpg
e0135972_21591173.jpg
e0135972_21592120.jpg
e0135972_21593462.jpg
e0135972_21594930.jpg
e0135972_2201438.jpg
e0135972_2203397.jpg
e0135972_2204242.jpg
e0135972_2205173.jpg

e0135972_2217936.jpg
e0135972_22172175.jpg

e0135972_22175432.jpg

e0135972_22181971.jpg

ミニチュアダックスはもちろん、アメリカンコッカー、パピヨン、チワワ、シーズ、ペキニーズ?など小型純血種も下手なペットショップよりも揃っています。

いくら小型とはいえ犬は生き物です。オモチャのように物ではありません。
病気をしなければ15年以上生きるのです。
一度飼ったら最後まで必ず面倒をみてください。それができないのなら犬を飼ってはいけないと思います。

仔犬も相変わらず多いです。
写真はほんの一部ですが、無事2週間の検疫を乗り越えれば仔犬舎にうつり、譲渡用に回されます。
どうかみんな無事に生き延びてください。
e0135972_22173250.jpg
e0135972_22174432.jpg
e0135972_2218833.jpg
e0135972_22182792.jpg


7月31日の愛護センターレポートに載っていた、犬種が解らないくらいひどい状態の3頭
(おそらくシーズだとおもいます)
譲渡先が決まったようです。
e0135972_22303678.jpg
e0135972_2230466.jpg

もう若くなさそうな3頭ですがこれから先の犬生は今までの分を取り返すくらいの幸せをつかんで欲しいです。

乳飲み子を抱えたやせこけたお母さん犬の仔犬は一頭だけになっていました。
e0135972_22325195.jpg


猫達は怪我をしていて具合がわるそうでした。
e0135972_22351374.jpg
e0135972_22352579.jpg


健康状態などが良く解らない保護犬を預かるボランティアは生半可な気持ちではなかなか難しい事かも知れません。
でも一頭あずかってくださる方がいれば、罪もないのに殺される大切な命が一つ助かるのです。
気になるワンコがいましたら、ちばわんまでお問い合わせください。

この日は前出のシェルティーの他にもう一頭メスの成犬を引き出しました。
e0135972_2311432.jpg

おとなしくて甘えん坊の女の子です。この子はすでにいぬ親さんが決まっています。
by centre_report | 2009-08-14 22:43 | 愛護センターレポート
<< 8月17日(月)センターレポート 8月6日(木)訪問レポート >>