ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


センターレポート(2009年7月16日)

るる母さんのレポートです


ちばわんスタッフのYさん、たーぼーさん、運搬のKさんに同行させていただきました。

実際の訪問時より、こうやって写真を選ぶときの方が悲しくてどうしようもなく涙が出てきます。

マイクロチップの読み取り機です。
f0078320_531791.jpg


1日目の部屋です  3頭いました
みんないわゆるブランド犬ですよね
高いお金を出して買ったのでしょうに、ポイですか
この2頭は引き出し希望があるとか・・・

f0078320_5314293.jpg


この子(シーズー?)だけ引き出し希望がまだないそうです。
【※7/20追記;引き取り希望の問い合わせがセンターのほうに来ているそうです】
とても人懐こく可愛い子です
f0078320_5315649.jpg


2日目の部屋です
まだきれいな柴犬が2頭いました

f0078320_5321520.jpg



3日目の部屋です
私たちがのぞくとみんな一斉にこちらを見て、盛んに吠える子もいます。
「僕はここにいるよ~ 気がついて!」

f0078320_536593.jpg


しかし、具合の悪そうな子は吠える力もないようです
この るるによく似た子は、私が来た時から、帰る時までずっと同じところにいました。
動く元気もないのでしょうか。
出してあげられなくてほんとうにごめんなさい。
f0078320_5372078.jpg


f0078320_5374976.jpg


4日目の部屋です
ここには大きな子が多かったように思います。

f0078320_5395048.jpg


突然茶ラブと白い犬とが壮絶なバトルを始めました。
イライラが募ってきているのでしょうね


f0078320_5402953.jpg


この茶ラブくん足も痛めているみたいだし、弱っちいのだそうです。
穏やかな日々を過ごさせてあげたいです。

f0078320_5443434.jpg



争いが過ぎればみんなでなぐさめあっているようです。

f0078320_5445451.jpg


最終日の部屋です

もう諦めてしまっているかのような子たち
f0078320_5451374.jpg


お父さんが来てくれたかな?
f0078320_5453180.jpg


僕はまだ死にたくないよー
f0078320_5461811.jpg


なんで迎えに来てくれないの?
f0078320_5465663.jpg


犬たちの叫びが聞こえてくるようです。
この子たちは引き出しが決まっていない子がほとんどです。

そして明日には処分されてしまいます。

収容棟にいる子には 時間が残されていません。
預かりができる方、いぬ親希望の方、ぜひちばわんに連絡をしてください


収容棟の向かい側に検疫にかけられている子たちの部屋があります。

検疫中の子たちです
(小犬の数が多かったのでほとんど子犬の写真になってしまいましたが、成犬ももちろんいます)

f0078320_5514182.jpg


f0078320_5515768.jpg


f0078320_552147.jpg


f0078320_5524026.jpg


f0078320_5525714.jpg


f0078320_553144.jpg


f0078320_5534733.jpg


f0078320_554477.jpg


f0078320_5542665.jpg


f0078320_5544656.jpg


みんな みんな かわいい天使です。
必ず生き延びてここから出ようね。頑張るんだよ

預かりができる方、いぬ親さんになれる方、ちばわんまでご連絡ください。



子ネコちゃんたちもいました

f0078320_602634.jpg


f0078320_63253.jpg


f0078320_63386.jpg


今日ちばわんか引き出したワンコたちです。

夏の強烈な日差しがまぶしいね。
f0078320_641671.jpg


f0078320_644749.jpg




このほかにもう1頭 全部で成犬3頭
みんな これからきれいに変身します。  期待していてくださいね。

小犬舎からは、全部で3頭引き出しました

f0078320_613376.jpg



助ける「手」に対して、助けを求めている犬の数が多すぎます。
怪我をしている子、病気らしい子ももちろん、まだ若く元気な子もたくさんいました。
一時は一緒に楽しく暮らした子、どうして簡単に捨てられるのでしょうか?
命のある子たちです。
どうして殺すことができるのでしょうか?

逃げ出してしまった子なら、手を尽くして探してください。
犬たちは、命を絶たれる最後まで、家族が迎えにきてくれるのを待っていることでしょう。
犬たちに対しては「ごめんなさい」としか言えません。



そして

キミはるるチャン家で赤い糸を見つけようね。

f0078320_693539.jpg

by centre_report | 2009-07-17 06:15 | 愛護センターレポート
<< 奇跡と虹と・・・ センターレポート(2009年7... >>