ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


センターレポート(2009年4月16日)

tomotenkuriのレポートです

アップするのが遅くなってしまいましたが、4月16日(木)に預かり犬の引き取りに愛護センターに行ってきました。
この日はスタッフ4名と浦安市の市会議員さんが愛護センター視察のため同行されました。

センターの職員Oさんが初めて訪れた市議さんの為に、丁寧に説明をしてくださり、
議員さんも熱心に質問をしながらセンターの実情を聞いていました。

譲渡用仔犬舎の仔犬達
e0135972_13291412.jpg

向かって左側に比較的小さい仔犬達、右側が少し大きい仔犬達がそれぞれ15頭、10頭の仔犬が収容されていました。
少し月齢が小さい、写真左側仔犬舎の仔犬達
e0135972_13305652.jpg
e0135972_1331897.jpg
e0135972_1331294.jpg
e0135972_13315863.jpg
e0135972_1332862.jpg

ここから、写真右側仔犬舎の仔犬達
e0135972_1332317.jpg
e0135972_13324991.jpg
e0135972_1333496.jpg
e0135972_1333214.jpg
e0135972_13333463.jpg

仔犬達は検疫を終えて愛護センターで平日行われる譲渡会に参加しますが、性格がシャイだったり機会を逃して月齢4ヶ月くらいになるとなかなかもらってくれる人が譲渡会では見つからなくなるそうです。

この日はこの仔犬達の中から大きくなってしまった白い子とハスキー風のシャイな子を二頭引き出しました。

収容部屋の成犬達
収容1日目は6頭入っていましたが、ほとんどは行き先が決まっていて検疫部屋が開かないので
とりあえずこの部屋に入っている犬がほとんどと聞きました。
きれいなダルメシアンの仔犬
e0135972_13392113.jpg

シャイな性格だそうですがきれいな毛色と顔の犬
e0135972_13401588.jpg

人なつっこそうな茶色い犬
e0135972_163542.jpg

奥の壁際で動かなかった静かな犬
e0135972_13402916.jpg

収容2日目、6頭が入っていました
e0135972_13413061.jpg

日本犬の気質が強そうな恐がりな子
e0135972_1342395.jpg

壁際で静かに座って動かないビーグル、
このところビーグルがいない日がないくらい収容されている犬種です。
e0135972_13431981.jpg

この子はあきらめたように丸まったままうごきませんでした
e0135972_15243898.jpg


収容3日目、5頭が入っていました
とても人なつっこい子はこちらをみて盛んに尻尾を振っています
e0135972_15252193.jpg

黒くて胸に白い差し毛があるまだ若そうな子
e0135972_1635582.jpg

壁際から動かなかったけれど、表情も仕草もりんとした気品がある子
e0135972_15265652.jpg

まだ、数ヶ月くらいの仔犬はとても不安そうな表情でした
e0135972_15275237.jpg


収容4日目は4頭いました
黒い毛の子はちばわんで引き出しがきまりました
e0135972_15305548.jpg

おとなしく座ったままこちらを見つめています
e0135972_15313298.jpg

おそらく柴犬、絶対に飼われていたはずと思えるおとなしい子でした
飼い主さんは捜していないのでしょうか?
e0135972_1532502.jpg


最終日は白っぽい子が2頭
e0135972_15333720.jpg

e0135972_15335280.jpg

木曜日に撮影したので、きっともう虹の橋を渡ってしまっていると思います。

センターの職員さんに聞いたのですが、最近はセンターの収容犬情報や保護活動をしている団体のブログなどで写真をみて問い合わせをしてくる一般の方も増えているそうです。

収容されている犬達は皆、期限までに飼い主さんが迎えにこないことがほとんどでそのまま殺処分されてしまいます。

気になる犬がいましたらどうぞセンターに問い合わせをしてみてください。

見学をしている間に支所から持ち込まれた子猫達。
まだ目もあいていない5匹です。
e0135972_1663855.jpg

たまたま居合わせたスタッフの目にとまり、その場で預かってくれる人が見つかって
幸いなことに命が繋がったラッキーな子猫たち。

でもこんな事は本当にまれで、離乳前の子猫や子犬は翌日にはすべて処分されてしまいます。
殺されるために生まれてくる子なんて絶対にいないはずです。
自分で飼うことが不可能なら避妊・去勢手術は絶対に怠らないで欲しいと思います。

ここから先は検疫にかけてもらっている犬達です
写真を撮れない部屋もありましたので、全部ではありません。

もう少しでセンターを出られる所だったダルメシアンのお母さんが残した仔犬達
e0135972_164482.jpg
e0135972_165699.jpg
e0135972_1652160.jpg
e0135972_1653217.jpg

健康状態が心配です。

いつ行っても検疫部屋にも仔犬があふれています
e0135972_169836.jpg
e0135972_1692369.jpg


この白い犬は一般の方から問い合わせがあり引き出してもらえることになったそうです
e0135972_1610281.jpg

身体は少し大きめでしたがとても性格の良さそうな子でした。

なつっこく穏やかな柴犬
e0135972_1611849.jpg


先週行ったとき、カバーのかかったケージの中で吠え続けていた咬傷犬扱いのMダックス
e0135972_16122312.jpg

あきらめたのか、隅で固まっておとなしくしていました。
家族や他人も噛んだということで持ち込まれたようですが、そうなるまえに専門家に相談して
訓練をすればおそらく防げた事と思います。

Mダックスは身体は小さくても元々猟犬でかなり気が強い面をもっている犬種です。
純血種を飼うのであれば、性質を理解した上で問題行動が出たらすぐに対処できるように心構えが必要ですね。

噛まれたからとセンターに持ち込んで処分というのは解決の方法ではないと思います。

真っ黒いビビリな子
e0135972_16164699.jpg

飼い主さんらしき人から問い合わせがあったのですが、結局捜していた犬とは違っていたと言うことで
残されているようでした。
体重もおそらく8kgくらい、表情からおそらく♀ではないかと思いました。
少しシャイな様子ですが、大きさも飼いやすそうなワンコです。

この日は以下の5頭を引き出しました

仔犬舎から大きくなりすぎて譲渡先がみつからないだろう・・・仔犬2頭
e0135972_16234431.jpg
e0135972_16235890.jpg


検疫室の入り口で番犬みたいにがガウガウ頑張っていた真っ白なきれいな子は外に出たとたんおとなしくなりました
e0135972_16284130.jpg

柴犬ミックス風、元気な10ヶ月の男の子
e0135972_16291266.jpg

そして、我が家でお預かりすることになった足を怪我して収容されていたチョコラブミックス風の男の子
e0135972_16294967.jpg


それぞれの預かりさんの所で本当のお家を探します。
by centre_report | 2009-04-15 16:47 | 愛護センターレポート
<< センターレポート(2009年4... センターレポート(2009年4... >>