ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


センターレポート(2009年3月12日)

メイマミ&アイママさんのレポートです。



          小春日和だった今日。。。

          センターに向かう車の中は、ポカポカ。

          こんなに気持ちの良いお天気でも、センターに向かうとなると、

          気持ちはどんより…







          以前訪問した時は、気が付きませんでした。↓
          
f0078320_148267.jpg






          まずは収容部屋から。
          
f0078320_1561749.jpg

         
f0078320_157413.jpg

          
f0078320_1583586.jpg

          
f0078320_1592458.jpg


          どの子も、穏やかそうな子達ばかりでした。
          まだ、引き出しの声が無い様です。
          この子達の家族になってくれる方は居ませんか?




     

          隔離部屋

          
f0078320_1135376.jpg

          大きなビーグルの子、穏やかな子でした。
          真新しい首輪をしてました。
          なのに何でここに居るのか、理解に苦しみます。
          譲渡の方向で考えてくださってる様ですが、まだお話が無い様です。



          
f0078320_116149.jpg

          12歳で、飼い主の持ち込みです。
          もうどうしてなのでしょう。。。

          年齢を感じさせない位、若くて可愛い子でした。
          きっと大事にされてたのではって感じましたが、どんな理由であれ、
          最後は持ち込みとは、この子が余りにも不憫でなりません。
          まだ、引き出しの予定がないと言ってました。
          この子が気になるって方はいらっしゃいませんか?




          
          
f0078320_12173047.jpg

          
f0078320_12175943.jpg

          負傷を負ってた猫が収容されてました。
          野良ちゃんなのでしょうか?







          無邪気な子犬達です。

          
f0078320_12211577.jpg

          
f0078320_12213633.jpg

          
f0078320_12234158.jpg

          
f0078320_1224454.jpg

          
f0078320_12243869.jpg

          
f0078320_1225276.jpg

          可愛い子達でした。
          皆、無事に検疫を乗り越えた子達です。

   譲渡の方向で考えてくれてるのですが、全ての子に家族が出来るとは限りません。

          そして譲渡後、飼い主様は避妊・去勢をしてくれてるのでしょうか?
          不安になってしまいました。
          同じ繰り返しはして欲しく無いと願わずには居られません。

   飼い主さんの意識を高めてもらうのは、いったいどうしたら良いのでしょうか。。。




          
f0078320_12334958.jpg

          無事に検疫を乗り越えたのに、体調を崩してしまった様です。

          小春日和とは言っても、まだ母親に抱かれて過ごす月齢の子達には、
          まだまだ厳しい季節です。
          頑張るんだよ!としか言えず、自分の力の無さが情けないです。






          
f0078320_12503856.jpg

          途中、捕獲された子がトラックで運ばれてきました。

          メスのダルメシアン風のミックスの子しか映って居ませんが、
          実は箱の中には、この子が産んだまだ産まれて間もない子犬達と、
          その父犬が一緒に入ってました。

          捕獲に携わった方のお話によると、自分の子供達を守る為に、
          人を追いかけ威嚇してしまった様です。

          子犬が産まれたけどいらないと持ち込む人間が居ると思えば、
          自分の子を必死に守ってる母犬。。。
          何だか、胸が熱くなり切なくなってしまう話でした。


          でも、箱を覗きこみ写真を撮ってる私に、
          全く威嚇などせず、大人しい母犬でした。
          
          その後は、父犬は収容部屋に入れられてしまいました。
          でも、ずっと寄り添って子犬を守って来たのにバラバラになり、
          母犬と子犬は隔離部屋で、落着いて子育てが出来るそうです。          
          皮肉な話ですね。

          必死に子供を守って来た親犬達にも、
          第二の犬生を歩ませてあげたいです。

          







          今回引き出した子達

          
f0078320_13282089.jpg

          すでに、犬親様が決まってるビーグルちゃん他、
          今日ちばわんでは、5頭の子を引き出しました。

          
f0078320_13311150.jpg

          
f0078320_13315128.jpg

          
f0078320_13323251.jpg

          
f0078320_13325724.jpg

          
f0078320_13332525.jpg


     健康診断を済ませ、落着きましたら犬親様募集していく予定です。

     幸せになるんだよ…
by centre_report | 2009-03-13 14:20 | 愛護センターレポート
<< センターレポート(2009年3... センターレポート(2009年3... >>