ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


センターの黒ラブ

Yさんのレポートです。


1月27日、私たちがセンターを訪れた日の前日に、三番瀬代表ボンさん
お腹の大きい黒ラブを引き取られました。


皆さんは、この記事を見て、どう思われるでしょうか。

私がこの黒ラブちゃんの存在に気付いたのが昨年末ぐらい。
ぐらい、と言うのは、このところずっとセンターには黒ラブが(それも複数)
いる状況だったので、どの子がどの子なのかはっきり把握できていませんでした。

他のボラさんが検疫をかけていたはずの黒ラブちゃん、今年になって初めて訪れた
1月7日に見かけたときにもおかしいなとは思いましたが、その翌週15日にはもう
明らかにお腹が大きくなっていました。
f0078320_9402695.jpg


『この子、妊娠してるのでは!?』

センター内で、私たちがしょっちゅう交わしている会話です。
メスを見たら、まず妊娠を疑え!
センターの犬を引き出すなど保護活動をするのなら、
最も気をつけていなければならないことなのです。


検疫期間である2週間が過ぎたら、必ずすぐに引き取ること、そうでないと、
犬の妊娠期間である2ヵ月などすぐに過ぎてしまいます。
検疫をお願いしておきながら、引き取りが遅れたために出産に至ってしまう、
などということは万が一にもあってはいけないことなので、特にメスは何を差し
置いても先に引き取ることにしています。

この黒ラブちゃんは昨年末にはすでに検疫明けを迎えていたのにも関わらず、
年が明けてもまだここにいるのだという事実を聞かされ、その膨らんだお腹を見て、
正直驚きと憤りを隠せませんでした。

大型犬で(ラブにしては小ぶりな子ですが)、この大きなお腹には少なくとも8頭は
入っているだろうと想像でき、しかもここまで来ればもう出産させるしかなく、子犬たちが
育ったとすればその8頭分の里親さんが新たに必要になります。
そうすると、必然的に8頭の子の行き場がなくなり、結果的に殺処分数が増えることになるのです。。。

少しでも殺処分される数を減らしたいと思って活動しているのに、図らずも結果的に
殺処分される数を増やしてしまうなんて、こんなにばかげた話はありません。

しかも、このセンター内で出産させるなど論外。。。
つい数ヵ月前、このセンターの衛生状況が良くないと指摘し、
声をあげようとなさっていたように思うのですが・・・
f0078320_942858.jpg

f0078320_9421946.jpg

お乳も張っていないのに、前週と比べてもはっきりと違いがわかるほどに大きく膨れ
上がったパンパンのお腹!
病気悪化による腹水の疑いも日に日に大きくなってきた先週、ついにボンさんが
黒ラブを引き取りされました。
すぐに病院で診てもらった結果は、フィラリア末期による腹水とのこと。
あと1ヵ月早く診ていたなら・・・・・獣医さんやボランティアさんたちの無念の気持ちが
伝わって来ます。


ボンさんは、妊娠かも知れないし、病気悪化による腹水かも知れない、
そのどちらにしても黒ラブちゃんを受け入れる、と決められました。
しかも、千葉県での猟犬放棄があまりにも多いために保護場所が満杯で、
1頭分でもスペースが惜しいという状況においての決断。。。


その思いは同じでも、実際に行動したのとしなかったのとでは、
雲泥の差があると思っています。
ですから、私もあまり偉そうなことは言えません。

せめて、少しでも役に立てれば・・・と思い、紹介させていただきます。


緊急預かり先募集!!

詳しくはこちらをご覧下さい。

預かり先募集中
by centre_report | 2009-02-04 09:45 | 愛護センターレポート
<< センターレポート(2009年2... センターレポート(2009年1... >>