ちばわんボランティア・メンバーによる動物愛護センターのレポートです。
by centre_report
検索
お知らせ
● 問合せ先 ●

当ブログの内容に関して、 センターではなくちばわん までご連絡お願いいたします。

担当:吉田 korotarouhs★nifty.com (★を@に変換して下さい)


◆ ちばわんの趣旨 ◆

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進 をしています
3、行き場のない犬猫の 家族探しをしています


ちばわんの趣旨

推奨マニフェスト


●一時預かりアンケート●

★犬専用

◇関東のみ
◇小型犬のみの預かり ボランティアは現在受け 付けておりません
◇成犬も基本的に室内保護をお願いしております


★猫専用

◇関東のみ



※当ブログの画像・記事は、 この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。 転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え、 当ブログ記事のリンクもお願いします。



※優しいいぬ・ねこ親さんを待って いる犬・猫がいます。人間の勝手で処分される子がたくさんいる事をどうか知って下さい。


ちばわん イベント情報


「いぬ親会in篠崎」


「いぬ親会in船橋」

「いぬ親会in湘南」

「いぬ親会in八王子」

「その他 いぬ・ねこ親会」

※いぬ親会の様子&情報が見れます。
カテゴリ
全体
お知らせ
愛護センターレポート
多頭飼育現場
その他
バナー
清掃ボラ体験レポート
清掃
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2001年 01月
ファン
ブログジャンル
画像一覧


センターレポート(2008年12月26日)

メイマミ&アイママさんのレポートです

f0078320_1432211.jpg

入ってすぐ、玄関先にある迷子情報の掲示板です。必死に探し
て居る家族もいるんだと、ちょっとホットした気持ちになりました。



f0078320_144188.jpg
 
マイクロチップ読み取り機



f0078320_1445960.jpg

グレートピレニーズですよね。
迷子の掲示板を見てた時、トラックから下ろされて来るのを、
玄関先でちょうど見てしまった。
迷子掲示板にはこの子を探してる家族からの張り紙は有りませんでした。
一日目の部屋に入れられ、困惑した様にウロウロ。
時折、とても穏やかな表情で、こちらをみてました。
恐ろしい程の毛玉が飾りの様に垂れ下がってて、ショックを受けました。



f0078320_1464833.jpg

ダックスです。
歳がいってる様に感じました。
どぉして長年暮らして来た子に、こんな不安な思いをさせるの
でしょー。。。
迷子なら、早く探してあげて下さい。



f0078320_1461777.jpg

二日目の部屋・・・純血種が目立ちました。
シェルティーが目を全くそらさずでとても気になり、何も出来
ないのに何度もこの部屋を覗いてしまいました。
譲渡の方向で考えてると聞いて、「お願い決まって!」と祈る
事しか出来ませんでした。



f0078320_1410258.jpg

1月5日返還と書かれた札が着いてました。
何で、今じゃダメなのでしょー?
早く帰りたいよね。。。



f0078320_14105056.jpg

人懐こいミックス?ちゃん。 
出して… 触って… って言ってる様で、でも何もしてあげられなくて…



f0078320_14111497.jpg

首輪はしてませんでしたが、こんなに優しい目で人を見つめて
るなんて、人と生活をして来た子なのが解りました。
何でここに居るの?
反対に聞きたいよね。



f0078320_14115066.jpg

首輪をしてます。      
隅の方で、こちらをジッとみてました。
もぉ人は信じられませんか?



f0078320_14122620.jpg

最終日の部屋でしたが、この日の午前中に行った殺処分が
今年最後だったそぉです。
今日ここに居た子達は、年を越す事が出来ます。
でも家族のお迎えが無ければ、年明け数日後には殺処分になってしまいます。
まだ生きたいよね。走りたいよね。

これから家族にとお考えの方、センターからとの選択肢も一つ
に入れて下さい。

今迄のレポートを見て、今日は成犬が少なかった様に感じました。
少しは人間側の意識も変わって来ているのかと思った反面、
子犬の多さに、ショックを受けました。
f0078320_14143159.jpg

f0078320_14144739.jpg

f0078320_14151111.jpg
f0078320_14152237.jpg
f0078320_14153235.jpg

f0078320_1417107.jpg
f0078320_14172018.jpg
f0078320_14173327.jpg



大切な家族に、去勢・避妊手術をしてあげて下さい。
この子達は何の為に産まれて来てるのでしょーか?
とても人懐こくて、明らかに家庭犬から産まれた子達なのでは
無いでしょーか?!

簡単な事を怠った人間のせいで、名前も無く、誰にも看取られ
ず静かに葬られて行く命が有ります。
センターの職員様も、どの子にも出来れば第二の犬生を歩ませてあげたいと、
一生懸命お世話をして下さってます。

飼う側の意識を、もっと高めて欲しいと思いました。

この日は、成犬5匹、子犬4匹、計9匹の子を引き出しました。
他の子達の分まで幸せになって貰いたいです。
f0078320_14195344.jpg
f0078320_1420742.jpg
f0078320_1420201.jpg
f0078320_14203120.jpg


************************************
つづいてFさんのレポートです


26日(金)に千葉県冨里市の動物愛護センターに行って来ました。
私の友人が預かりを始めてくれることになり、その搬送と引き出しのお手伝いです。
センターは翌27日~1月4日までお休みということでとてもお忙しそうでしたが
初訪問のスタッフのために獣医師さんが丁寧に案内と説明をしてくださいました。

私達の到着直後、それまで空だった1日目のお部屋に
汚れて毛並がボロボロになったグレートピレニーズが移送されてきました。
放浪しているところを捕獲されたそうです。
f0121712_16161776.jpg

たくさん辛い思いをしてきただろうに本当に穏やかな子で
自分から家を飛び出して迷子になるような子には見えません。
どうしてこんなところに来たの?って心の中で声をかけたら
悲しそうな目で見つめ返してくれました。

2日目のお部屋。
f0121712_16164723.jpg

窓越しの撮影であまり鮮明な写真が取れませんでしたが
黒ラブ、シェルティー、セッター、など純血種が目立ちました。
セッター(お部屋のすみでうずくまって写真が撮れませんでした)は
この日来る予定の他の保護団体に頼んでみるということでした。
そして珍しいオーストラリアンシェパードも・・・飼い主の持ち込みだそうです。
飼い主さん、この子の面倒を一生みるつもりで迎えたんじゃないんですか!?

今回千葉ワンで引き出した成犬も譲渡室が仔犬でいっぱいなので
このお部屋で待機していました。



そして最終のお部屋・・・なんと仔犬もたくさん居ました。
f0121712_16172057.jpg
f0121712_16174239.jpg
f0121712_1618085.jpg

センターでは譲渡室も外の仔犬の譲渡舎も仔犬で既に満杯。
ここにいる仔犬達を収容する場所がないそうです。
諦めた目をした成犬に比べて無邪気に遊ぶ仔犬達。
当日の殺処分は終わったとのことでこの仔達はお正月をここで過ごします。
暖房もなく濡れた冷たいコンクリートの床の上で
無事お正月を越えられる仔が何匹いるのか・・・
お部屋にはすごい下痢をしている仔もいました。
そしてお正月を無事に過ごしたとしても6日には命が期限が切れます。

f0121712_16183652.jpg

この子は何度も何度も開かない窓に飛びついて
私達に「助けて」って叫んでいましたが
最後には諦めた悲しい目で私達を眺めていました。
出してあげられなくて本当にごめんなさい。

どなたかわんこをを家族に迎えたいと思っている方はいらっしゃいませんか?
家に迎えたいと希望すれば検疫にかけてもらえます。
まだ生きる望みは少しだけ残っています!



そして譲渡室と外の仔犬譲渡舎にいる仔犬ちゃん達。
f0121712_1619466.jpg
f0121712_16191865.jpg
f0121712_1619415.jpg
f0121712_16195628.jpg
f0121712_1620697.jpg
f0121712_16201842.jpg

無邪気で本当に可愛いです。
センターの譲渡会ではオス犬が人気で
メスはなかなか貰い手が見つからないそうです。
それって、外につないで番犬にしたいから?
それともメス犬はすぐ妊娠するから??
邪推かも知れませんが、どうしてもそんなことを考えてしまいます。
今回,仔犬は4匹を引き出しましたが
残った仔犬ちゃん達も皆無事に素敵な赤い糸が見つかりますようにと
祈らざるを得ませんでした。


飼い主のみなさん、どうか去勢・避妊手術をお願いします。
そして犬と暮したいと思ったとき、
各地の愛護センターや保護団体のことを思い出してください。
生きたいと願いながらひっそりと葬り去られる数多くの命の存在を忘れないでください。
by centre_report | 2008-12-26 14:19 | 愛護センターレポート
<< センターレポート(2009年1... センターレポート(2008年1... >>